BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

新城幸也、第19ステージはチームメイトカルーゾが2位を守り抜く|TEAM ユキヤ通信

現在イタリアで開催中のジロ・デ・イタリアに参戦中の新城幸也。

第19ステージは当初予定されていたコースの1級山岳、モッタローネで23日にマッジョーレ湖の湖畔とモッタローネを結ぶロープウエイで痛ましいゴンドラ落下事故が起きてしまったために、コースが変更となり、中盤から4級、3級、そしてフィニッシュは1級山岳の山頂という166kmのレースとなった。

前半はかなりのハイペースでレースが進み、チームは一丸となって総合2位のダミアーノ・カルーゾ(イタリア)を守りながらのレース運びとなる。最後の1級山岳の各チームのエースたちの力勝負に持ち込まれ、カルーゾはしっかりとステージ4位でフィニッシュし総合2位を守りきった。

新城幸也は67位でフィニッシュし、残す山場は第20ステージを残すのみとなった。

新城幸也のコメント

『今日もアタック合戦は速かった。

最初1時間のアベレージスピードが53km/hだつたとか…‥
50km以上渡り、逃げが決まったが直ぐにバイクエクスチェンジのコントロール始まった。

その後、4級山岳の下りでクイックステップがペースアップし、集団が分裂したが、チームはまとまっていたので、回避できた。

今日は暑さも昨日よりは暑くて、ボトル運びもやった。

チームは最後の上り前までに7ヶ所のエクストラの補給所を配置していたが、それだけでは足りないくらいだった。今日のメインの役目だった最後の上り向けて位置取りし、後はゆっくりと自分のペースでゴールを目指した。

ダミアーノは今日も好調で総合2位をキープ。頼もしい限りだ!山場は残り1ステージ。可能な限り集団に留まり、少しでもダミアーノの力になれればと思う』

フィニッシュ後、チームバスまで下る選手たちに安全のためホイッスルが渡される photo Miwa IIJIMA

☆レース公式ページ↓
レースのアプリもダウンロードできます。

www.giroditalia.it

放送予定(ライブ配信)

・Jスポーツ サイクル
ジロ・デ・イタリア | サイクルロードレース | J SPORTS【公式】

・GCN+
GCN+ Live racing, Highlights & Analysis + Documentaries, Shows & Adventure Films (globalcyclingnetwork.com)

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load