BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

LAPIERRE・AIRCODE DRS 7.0【ハシケンのロードバイクエクスプローラー】

気になる最新モデルを徹底的に掘り下げる! 自転車ジャーナリスト、ハシケンによる
100kmインプレッション連載。今月は、ラピエールの新生エアロロードとなるエアコードDRSを
ピックアップ。実力派フレンチブランドが送る、快進撃を続ける注目モデルを紹介する!

プロ御用達のスプリント性能! 第3世代の新生エアコード誕生

母国の期待を一身に背負って戦うチームがある。フランス籍チームでメンバーの多くがフランス出身選手で構成されるグルパマ・FDJ(エフデジ)だ。

エーススプリンターのアルノー・デマールやティボー・ピノなど実力者をそろえ、グランツールでの活躍はおなじみだ。

フランス国民から愛されるチームに2002年から長年バイクをサポートするラピエール。その歴史は、1946年にフランス中東部ディジョンでガストン・ラピエールが小さな自転車事業を始めたことにさかのぼる。

その後、1980年代のMTBブームともに世界的なブランドに成長をとげると、2000年代からはFDJとしてロードシーンでも存在感を高めてきた。

そのFDJの主戦機として2 014年に新たに誕生したモデルが、エアロロードのエアコードだ。その年のフランス選手権でデマールがエアコードで優勝すると、以降彼の愛機としてジロやツールで数々の区間優勝をつかんできた。

エアコードはFDJのプロライダーたちの意見を取り込みながら進化。そのなかで、2021モデルとしてデビューした最新型がエアコードDRSだ。専用エアロコクピットなどトータルインテグレーションを推し進めた今注目のフレンチロードを紹介する。
 

出典

SHARE

PROFILE

ハシケン

BiCYCLE CLUB / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load