BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

オルベアからオルカエアロ登場、空気抵抗を15W削減|ORBEA・ORCA Aero

スペイン・バスク地方にあるブランド「ORBEA(オルベア)」のハイエンドロードバイクとして知られるOrca(オルカ)シリーズのオルカエアロが、2022年モデルとしてラインナップする。2018年に登場した前作オルカエアロに対し、時速40kmで15W、さらに時速50kmで28Wもの空気抵抗の削減に成功した驚異的なエアロ性能を示す注目モデルだ。以下、プレスリリースより。

時速40kmで15W、時速50kmなら28Wの空気抵抗削減

歴史的に見ると、設計要素として空力、剛性、重量のみを考慮しても、劇的に改善されることはほとんどありませんでした。この3つの分野のうち、どれか1つを大きく改善すると、トレードオフの関係にあり必ず他の分野にも影響が出ます。最高のエアロバイクを作るには、これらの目的の最適な妥協点を見つけ、ライダーが効率を高めることができる他の性能要素を見極めることが重要です。

膨大な数の計算を経て、Orca Aeroは私たちがこれまでに設計したロードバイクの中で最速を狙えるエアロダイナミクスを実現しました。時速40km/hで15Wの改善を計測しましたが、時速50km/hで走れるようになれば、最大28Wの改善を達成しています。

パーフェクトバランス1 :エアロダイナミクス

新型オルカのエアロダイナミクスは、空力に関する豊富な知識とすべての部品に施された細やかな配慮によって生み出されています。コンピュータシミュレーションと風洞実験は、もちろん開発プロセスの重要な部分を占めており、抵抗と空気の乱れを減らすための新しいソリューションを試すことができました。

さらにモダンでスマートなストレージを装備。フロントホイールの後ろに組み込まれたツールボックスのおかげで、必要な工具やスペアのインナーチューブ、身分証明書をどこに持っていくかという永遠の疑問が解決されました。ボトルケージと同様に、ツールボックスは便利なだけでなく、空力的にもメリットがあります。満杯になっても、空になっても、オルカのエアロに貢献する要素がひとつ増えました。

ロングライブエアロ

オルカエアロは、オルドゥとのプロセスで学んだすべてのことから生まれました。そのためには、何千時間ものテストや風洞実験を行い、オルカのエアロにぴったりの場所を見つけるまで、各部品を丹念に研究する必要があります。空力性能を向上させた重要な部分がいくつかあります。

  • 水平に配置されたチューブとブレースが空気の流れをよくします。
  • ダウンチューブとシートチューブの形状を、25~28mm幅のタイヤに最適化しました。
  • ヘッドチューブとダウンチューブ、シートチューブとシートステーの接続部分に工夫を凝らし、空気の乱れを軽減しています。
  • シートチューブの上部を空気の流れに沿わせることで、後輪周りの抵抗を減らしました。新しいエアロダイナミックなフォークデザインは、ハイプロファイルホイールに最適化されています。
  • 新しいハンドルバー、ステム、シートポストは空気抵抗を2%低減します。

パーフェクトバランス2:剛性と重量の比率

重くすることなく、また登坂力を損なわずに、純粋なエアロダイナミクスのバイクをデザインすることは難しいことでした。ペダルからの力を車輪に伝えてバイクを前進させる「パワートランスミッション」に必要な剛性を失わずに軽量化することを常に目指しています。

空力性能の向上効果は高速走行時に顕著に現れますが、難易度の高い上り坂では、重量、剛性、パワートランスミッションの影響が大きくなります。これらのテストでは、オルカエアロの性能は厳しい上り坂でも衰えないことがわかり、私たちはとても誇りに思っています。最適化されたエアロダイナミクスにより、Orca Aeroは高速走行時に15Wの空気抵抗削減を達成し、市場で最も優れたエアロバイクの一つとなっています。

ダイナミックな構造

OMXカーボンの導入により、より軽量で反応性の高いレースフレームを実現

剛性対重量比を最適化するためには、ダイナミックフレームコンセプトが不可欠です。フレームの下半分は、ねじりや横方向の荷重の大部分を受けとめます。ヘッドチューブ、トップチューブ、シートステーがねじれを受け止め、パワーを後輪に伝達します。 フレーム下半身のねじれに対する抵抗が、後輪へのパワー伝達量の増加に直結し、即効性のあるパワー伝達を実現していることは間違いありません。

各セクションのデザイン、OMXカーボンファイバー、各フレームサイズに合わせたレイアウトにより、このエアロダイナミックなフレームとシートポストアセンブリは、市場で最も優れた剛性ー重量比を実現しています。

オルベアロードレーシングジオメトリー

オルカエアロのRoad Racingジオメトリーは、約100年の歴史をもつレーシングロードバイクのデザインを踏襲し、反応性と安定性の完璧なバランスを実現しています。ボディの空力特性と効率性を最大限に高めるため、積極的なポジションを採用しています。正確で直感的な操作が可能。ペダルを踏むたびに路面の力強さが増すように、様々なサイズの中から角度と寸法を選びました。

  • ホイールベースを短くすることで、より高い応答性を実現
  • チェーンスティを短くすることで加速性が向上
  • サイズごとのフォークオフセット使用することで、サイズを問わずコントロール性が向上
  • 低いスタックと長いリーチが空力を最適化
  • レーシングエルゴノミクス=より多くのワット数

バーサティリティー

700-30cまでのホイールクリアランスをもつオルカエアロは、高速走行時の快適性にも余裕があることを明確に示しています。幅広のタイヤを低圧で装着すれば転がり抵抗が減り、空気量が増えれば安定性とトラクションが格段に向上します。

パーフェクトバランス2:人間工学に基づいたOCコックピットとシートまわり

人間工学もオルカエアロ・パーフェクトバランスの重要な要素です。エルゴノミクスの改善は、ライダーの快適性、空力特性、コントロール性の向上を意味し、それはすなわちスピードの向上を意味します。

新生OCのコックピットは、人間工学に基づいて設計されています。完全に統合されたコックピットではなく、ポジションを犠牲にすることなく、人間工学的に大きな利点を得られます。ハンドルバーの位置と幅を調整し、ステムの長さを変えることで完璧なポジションを実現し、エアロダイナミクスを向上させて疲労を軽減します。

OC2 ICR ROAD STEM

最もパワフルなスプリンターのために設計されたロードステムは、70mmから130mmまでの7種類の長さがあり、完璧なフィット感と統合されたケーブルルーティングを保証しています。また、フロントエンドとサイクルコンピュータマウントのデザインを一新し、ライダーの好みに合わせてマウントの位置を調整できるチルト調整機能を追加しました。この組み合わせは、エルゴノミクスだけでなくエアロダイナミクスを向上させる新しいエアロハンドルバーとエアロシートポストに最適です。

OC3 AERO ROAD HANDLEBAR

5°の開口部をもつ当社のエアロステム&ハンドルバーアッセンブリは、15°の回転に加え、幅とリーチを選択することができます。当社のICRステムと合わせて検討すると、空気抵抗が大幅に削減され、最もアグレッシブなライダーのための優れた剛性が得られます。

ORCA AERO OMX SEATPOST

新しいエアロダイナミック・シートポストでは、セットバックを最大25mm、傾斜を±10°調整することができます。最大50mm挿入が可能で、軽量かつコンパクトなシートポストです。新しいエアロバイクには、見た目の美しさだけでなく、より速く走るためのソリューションが必要です。

AERO BOTTLE

ダウンチューブ周辺の空気の流れは、ボトルとボトルケージが占める空間をスムーズに流れ、フレームの外観を損なうことはありません。洗練されたボトルとスリムなボトルケージは、エアロダイナミクスを妨げることなく水分補給を可能にします。実際、オルカエアロはボトルを装着したほうが速い。より多くの容量を必要とする場合でも、標準的なボトルケージをダウンチューブとシートチューブに取り付けることができます。

 

 

オルカエアロ

価格:567,600円〜1361,800円(税込)
素材:カーボンOMX
重量 1150g(55)
サイズ 計7サイズ 47-60cm
カスタマイズ Myoによる100万通りの組合せ

*MyOはオルベアのカスタムの総称、カラー、OP部品などをWEB上から選択できる。

詳細はこちらまで
https://www.orbea.com/jp-ja/#featured/1

問:サイクルクリエーション www.cyclecreation.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load