BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブリヂストンサイクル「ANCHOR」がグッドデザイン賞! 全日本U23で活躍のロードバイクも対象

ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「ANCHOR(アンカー)」の競技者向けのプロダクトライン「レーシングライン」が公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2021年度グッドデザイン賞」を受賞した。受賞したのは、東京2020オリンピック日本代表自転車競技(トラック)に供給され使用されたトラックバイクの2022年モデルとなる短距離用フレーム「TS9」と中長距離用フレーム「TE9」、そして全日本選手権ロードレースでU23でワン・ツーフィニッシュを飾ったロードバイク「ANCHOR RP9」だ。以下、ブリヂストン株式会社WEBサイトより。

五輪で活躍のトラックモデルと全日本選手権で活躍のロードモデルが受賞

2021年度グッドデザイン賞

ブリヂストングループは、「2050年 サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」をビジョンとして掲げ、中期事業計画(2021-2023)※2を実行しています。このビジョンの実現に向けて、今後も技術、ビジネスモデル、そしてデザインにおけるイノベーションを通じて、新たな社会価値・顧客価値の創造に取り組んでいきます。

トラックバイク 「ANCHOR TS9/TE9」

「ANCHOR TS9」(アンカー ティーエスナイン)および「ANCHOR TE9」(アンカー ティーイーナイン)は、東京2020オリンピック自転車競技トラック日本代表に供給し使用されたトラックバイクの2022年モデルのフレームセットです。開発には、ブリヂストン独自の推進力最大化解析技術「PROFORMAT」(プロフォーマット)を使用。ペダルを踏んだ力を無駄なく前へ進む力に変えるために、空力、重量、剛性といった走りに関係するさまざまな要素をシミュレーション、計測、解析することで、短距離用フレーム「ANCHOR TS9」と中長距離用フレーム「ANCHOR TE9」それぞれの競技特性に適した性能を追求しました。また、今回のグッドデザイン賞を受賞したスペシャルカラーの「レーシングカラー」では、自転車競技という「戦」に挑戦する日本代表選手を「侍」と捉え、「夜明けの侍」というコンセプトでデザインを施し、「夜明けの太陽」を表現した赤と黒のグラデーションと、「刀」を表現した白銀色を採用しています。

TS9

TE9

 

グッドデザイン賞事務局のコメント

オリンピック・パラリンピックで勝つことを目標に開発されたカーボン製フレームの競技用自転車。流体解析や構造解析を究め、実際の走行に限りなく近い検証モデルをシミュレーションシステム上に構築することによって、短距離用・中距離用それぞれに最適なフレーム形状を導き出す唯一無二の技術を確立したことを高く評価した。結果として生み出されたフレームは、競技用車両としての究極の美しさを持ち、見る者の心をとらえる魅力を備えるに至っている。

ロードバイク 「ANCHOR RP9」

「ANCHOR RP9」(アンカー アールピーナイン)は、自転車競技トラック日本代表に供給したトラックバイク開発で磨きをかけた推進力最大化解析技術「PROFORMAT」を用いて開発されたブリヂストンの新型ロードバイクです。空力、重量、剛性といった走りに関係するさまざまな要素を高次元でバランスさせ、平地巡航、登坂、アタックなど、あらゆる環境の入り乱れるステージレースをこの1台で勝てることを目指したバイクです。トラックバイクの「ANCHOR TS9/TE9」同様、「ANCHOR RP9」も「夜明けの侍」をコンセプトとした「レーシングカラー」がグッドデザイン賞を受賞しました。

RP9

グッドデザイン賞事務局のコメント

カーボン製フレームの競技用自転車。通常であれば背反する、空力性能、剛性、軽さを、精緻なシミュレーション技術を用いて高い次元でバランスさせ、美しい造形としてまとめあげたことを高く評価した。仮想的な翼断面を生み出すカムテール形状のフレームや、中にワイアを通すことができる専用のステムは、空力性能に寄与しているだけでなく、洗練されたグラフィックとも相まって、競技用車両としてのオーラのある外観を生みだすことにも貢献している。

 

アンカー公式メディア
Blog https://www.bscycle.co.jp/anchor/blog
instagram https://www.instagram.com/anchor_bridgestone
Facebook https://www.facebook.com/Team.Bridgestone.Cycling

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load