BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

エアロと軽さを兼ね備えたハイパフォーマンスホイール「ルン・ハイパー50mmディスク」

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! 今回は空力性能の高いロードバイクを展開するウインスペースが設立した日本発祥のホイール「ルン・ハイパー50mmディスク」をベテランライダーの管 洋介がテスト!

TEST ME一覧はこちらから

カーボンリム&スポークとセラミックベアリング採用ホイール

ルンホイールズは日本発祥で現在は中国を拠点とする、空力性能に優れたロードバイクを展開するウインスペースによって2020年に設立されたブランドだ。そしてこのハイパーはフラッグシップとして空力性能と軽さを両立するため、持てる技術を惜しみなく投入したモデルだ。
デザインのアクセントともなっている表層のカーボンの織り方はスポーク穴部分を補強し、リム全体にかかる力を均一化するためのもの。さらに横風を受けても安定した走行が可能なリム形状を採用。スポークについても軽量で引っ張り強度の高いカーボン製を用いている。

50mmハイトのほか38mmと65mmも設定。そのすべてでリムブレーキモデルもそろえるなど多彩なラインナップも特徴だ。

内幅19mmのカーボンリムはチューブレスレディ対応で、23~45mmのタイヤが取り付け可能だ
軽さと高剛性、優れた空力性能のためにカーボン製スポークを採用。パワー伝達の効率化も図られている
カーボンスポークに最適化したフランジ形状。フリーボディはシマノのほか、カンパニョーロとスラムXDRも選択できる
フロントはディスクローター側のみクロス組みとなる。前後ともに回転抵抗の少ないセラミックベアリングを採用

ルン
ハイパー50mmディスク

価格:17万3800円(前後セット)
リム:プリプレグ巻きカーボン
スポーク:カーボン
リムハイト:50mm
リム幅:26㎜(外)、19mm(内)
重量:1394g(前後)

独特のバネ感によって加速や振動吸収を演出

管 洋介がインプレッション

高剛性なリムに対して、踏みやすい駆動剛性でトルクキャッチはマイルドだ。ペダルを踏み込んだ際に感じる一瞬の溜めが瞬時に推進力に変わり、エアロ性能と合わせて加速する、そんなバネ感のある独特のテイストが特徴。これが振動吸収のよさにも表れていて、非常に軽やかなライディングが楽しめる。
横Gを強く感じるハイスピードコーナーでは、タイヤのグリップを最大限に生かす安定した走りが可能だ。リム表面のバタフライエフェクトのカーボンパターンは非常に鮮やかで、バイクのアクセントにもなるだろう。コストパフォーマンスが高いのもうれしいホイールだ。

管 洋介

現役ロード選手でありながらチーム監督やフォトグラファーとしての顔ももつ。ホイールのインプレッション経験も豊富で、ローハイトの軽量モデルから、高ハイトのエアロモデルまで、使用条件を考慮しながら評価する。

TEST ME一覧はこちらから
管 洋介のその他の記事は
こちらから

問:ウインスペース
www.winspacejp.cc

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load