BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

グラベルライド用最軽量チェーン切り「トピーク・スーパーチェーンツール」

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回はグラベルライドなどでチェーン切りが必要なときに役立つ軽量ツール「トピーク・スーパーチェーンツール」を編集長のイワタがテスト!

トピーク
スーパーチェーンツール

価格:2200円
素材:強化スチール/クロモリ
サイズ:L76×W40×H19mm
重量:68g(編集部実測)
付属:アーレンキー5&6mm、チェーンフック、コネクトピンホルダー

チェーンが切れた経験はないが、持ってると安心

チェーンなんてめったに切れない。だから走るときには持たなかった。万が一切れたら、自走をあきらめて電車かタクシーで帰ればいい。でもグラベルロードで山のなかに入ることが多くなると、万が一のトラブルもすべて自分で解決しなければ帰れなくなってしまうので、チェーン切りを持っておきたくなる。で、いちばん軽いのはどれなんだ、と。いろいろ調べて行きついたのがコレ。アーレンキー、チェーンフックまでついて68gなんだが、アーレンキーは携帯工具で代用できる。それらを外すと47g。愛用の軽量携帯工具とあわせて111g。そもそもチェーン切り付きの携帯工具を用意すればいいのでは?とも思うが、これをしのぐ軽さのものは見つからなかった。現時点ではこれが俺的ベストだ。

愛用の携帯工具と合わせて、こんなふうに使う

 

こちらが本来の付属アーレンキーを用いた使い方
ちなみに補修パーツの「チェーンツールヘッド」(1540円)と、「エクステンドバー」(825円)を組み合わせて使うのも手。だが重量はこのセットで56g。ヘッドだけでもガンバれば使えなくはないと思うんだけど

 

イワタのひとこと

走って切れたことはないが、輪行でチェーンがからまって困ったことはある。まあ街中ならなんとかなるさ、とチェーン切りのことなど考えていなかった。今後は軽量ニップル回しなども持つべきなんだろうな、グラベルで山に入るなら。

岩田のその他の記事は
こちらから

問:マルイ
https://topeak.jp

出典

SHARE

PROFILE

岩田

Bicycle Club / 編集長

岩田

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

バイシクルクラブ 編集長。自転車雑誌の編集長を14年以上務める。自転車雑誌の編集は通算20年近い。人生100年として、もう5分の1を自転車雑誌で過ごしている。物欲おじさんライダーの代表。

No more pages to load