BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

クロスバイクをレストア! 眠っていたスポーツバイクを編集部員がきれいにして復活

昔手に入れたスポーツバイクやロードバイクデビュー前に乗っていたクロスバイクなど、使われていない自転車はないだろうか? くたびれた一台を前にして、どこから手をつけたものかと悩むが、手順を追っていけば、再生への道は開けるはず! お家時間が増えたいま、眠っている自転車を直して乗ってみよう!

サビとり&消耗パーツ交換で“乗れる自転車”に

いまはロードバイクがメインだけど、そういえば最初はクロスバイクだったなという人は多い。
自転車通勤が注目されているからと、高いカーボンフレームのロードバイクではなく、手軽に乗れる一台にとクロスバイクに目を向ける。と、駐輪場やベランダ、もしくは軒下を見るものの、そのひどい傷みっぷりにガーンとなっている姿が目に浮かぶ。
見放され、とくに外で放置された自転車は激しくダメージを受ける。乗るにはバイクをフル調整し、消耗品の全交換をしたいところだ。しかしクロスバイクくらいだと、もとより本体価格がさほど高くないので、買ったほうが安いことも少なくない。
最近は家にいることも多いし、時間だけはあるというなら、自分でやるっていう手もある。なかなか面倒だが、ハマると楽しくもあり、また達成感も味わえる。
乗りたいボロバイクと根気があるなら、自転車再生にチャレンジしてみてはいかがだろうか?

サビたチェーンに油汚れでギトギトのチェーンリング。こんな状態でも手を加えればまた乗れるようになる

パーツはすべて外すほうがいい!?

自転車の傷みの程度にもよるが、放置される前は長期間乗っていたものも多く、汚れは全体に広がっているはず。フレームやパーツをクリーニングしたり、サビや油を落とさなくてはならない。パーツを装着したままこれを行うのは、けっこう大変なくせに不完全になりがちで、逆に時間がかかることもある。
そこで、自転車についているパーツはすべて外す。外しながらパーツをチェックして、再利用するものと廃棄して新品に交換するものに分ける。チェーンやケーブルなど、消耗品は基本的に交換だ。

Info

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x