BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

水郡線サイクルトレインプロモーションイベント「篠さんと走る! 奥久慈里山ヒルクライム2022」レポート【前編】

2月20日、茨城県のJR水郡線沿線で、奥久慈里山ヒルクライムルートの一部を体験できる水郡線サイクルトレインプロモーションイベント「水郡線サイクルトレイン最前線2022 ヒルクライマー篠さんと走る!  奥久慈里山ヒルクライム2022」が行われた。篠さんと走った約50km、獲得標高約700mのイベントの様子をレポートするが、まずは前編から!

JR水郡線の一部区間をサイクルトレインが走る!

JR水戸駅へサイクリストたちが入っていく(同駅への自転車持ち込み入場はこの日のみ可)

自転車をそのまま列車に載せてOKなサービス

このイベントは、水戸駅から団体臨時列車「水郡線サイクルトレイン最前線2022号※以降『サイクルトレイン』」を利用しつつ、ヒルクライマーの篠さんと一緒に冬の地産食材を使ったグルメ&ヒルクライムライドを堪能しようというもの。新たに生まれた茨城県サイクルトレインの「こけら落とし」といったところだ。

まずは今回の「サイクルトレイン」についてお伝えしておこう。この水郡線サイクルトレインは、水郡線の一部区間において、自転車を専用の袋に収納せずにそのまま列車に持ち込める、土日休日限定のサービスだ。これまで期間限定で実施していたが、2022年4月以降は通年のサービスとなる予定だ。専用ウェブでの事前登録により利用が可能で、追加料金はなし。乗降可能な駅や登録方法など詳しくはこちら!→https://www.jreast.co.jp/mito/suiguncycletrain/

今回のツアーでは団体臨時列車として水戸駅からの運航だった

いよいよ篠さんと走る!  奥久慈里山ヒルクライム2022がスタート

水戸駅係員からお見送りを受けつつ、サイクルトレインが発車!

水戸駅のホームに集まった参加メンバーは篠さんを含め25人ほどで、それを4~5人の小グループに分けてスタート。県外からの参加者も多く、はじめて「サイクルトレイン」というサービスを利用する人も多かったようだ。

参加者を迎えるために専用の看板を用意してくれた。「厳冬期のヒルクライムに挑戦!」の文字が躍る

ホームで記念撮影をしているうちに列車が到着。水戸駅係員に見送られながら、車内に自転車を持ち込んでいく参加者たち。2両編成のローカル線がいつもよりちょっぴり特別になって走りだす。

ひょいっとマイバイクを持ちながら車両に入っていく。いざサイクルトレインへ!
「いってらっしゃーい」とたくさんの駅係員さんたちが、暖かく見送ってくれた

ローカル&シンプルスタイルのサイクルトレインが今後のトレンド?

サイクルトレイン内部には自転車専用スタンドがあるわけではなく、簡易的なバンドが貸し出されて自転車を壁際に立てかけつつ、各々固定していく方式。電車の揺れはあまりないため、きちんと固定さえすれば自転車が倒れてしまうというのは稀だろう。なにしろ作業が非常にラク(笑)! この手軽さは全国のローカル線の新たなトレンドになるかも?

電車内はこんな様子。自転車は簡易的な設置&固定だが、特に問題はなさそう
ヒルクライマーであり、インスタグラマーであり、ユーチューバーの篠さん。バイシクルクラブにも何度も出演してくれている

常陸太田駅から奥久慈里山ヒルクラムルートへ

ほどなくして常陸太田駅に到着。自転車を下ろしたらいよいよライドのスタートだ! 水郡線沿線の奥久慈里山ヒルクライムルートへと走り出す。じつは現地の天気予報は前日まで雪と表示されていたのだが、実際の当日の天気は曇り。一同胸をなでおろしながら快調にペダルを回していく。

常陸太田駅を出ていく。天気は曇りだが、雨や雪を避けられたのはうれしい!
道中にはサイクリストのためのコースガイド用の看板が立てられていた

健脚ライダーたちよ、竜神大吊橋へと上れ!

50㎞ルートの中盤にたどり着くのが、今コースの最大の難所、竜神大吊橋へ至るヒルクライムだ。そのクライム距離自体は短く、10分以内に上り切れる坂だが、平均勾配は10%近くとかなり厳しい! しかしヒルクライマーである篠さんや、それについて行こうとする健脚ライダーにとってはそれほどではないらしく(⁉)、みんなグイグイ上っていく!

竜神大吊橋へヒルクライム! 10%近くの勾配だが、みんなハイペースで上っていく。このイベント、じつは健脚だらけ!
上った直後に記念撮影! 篠さん、まるで息を切らせていない……

上り切った参加者を待っていたのは「橋から見る大絶景!」……ではなかったが(曇りだったので)、エイドステーションのあったかいおそばとおまんじゅう。おいしい地元食材の味で体力を回復したら、記念撮影をしてから下りへ。

エイドステーションで、具だくさんのそばを「いただきます」!
竜神大吊橋の主柱に描かれた大きな絵の前で記念撮影!

そして各グループは、次のチェックポイントとなる大子町「袋田の滝」へ向かうのだった。そちらは様子は後半のレポートにて!

問:JR水郡線
https://www.jreast.co.jp/mito/suiguncycletrain/

SHARE

PROFILE

ハマダ

Bicycle Club / 編集部員

ハマダ

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

No more pages to load