BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

サイクルトレインB.B.BASEを使って千葉房総をサイクリング。ステーションライドin南房総レポート

3月5日、千葉県房総半島で「~RIDE and FUN~STATION RIDE in 南房総 2022 spring(ライド&ファン ステーションライド イン 南房総2022スプリング)」が開催された。サイクルトレインB.B.BASEを活用し、千葉房総の自然や歴史も感じられたライドイベントをレポートする。

B.B.BASEで両国~本千葉~館山をつなぎ、ステーションライドが始まる

朝、両国駅に到着したB.B.BASE。まさにサイクリストのためにある特別車両だ
朝焼けが差し込む車内。専用スタンドに自転車を設置し、あとは本千葉駅を経由しつつ館山駅へ

B.B.BASEの特別感に包まれながら館山へ向かう

3月5日、東京両国駅に集まったサイクリストが続々とサイクルトレインB.B.BASEに乗り込んでいく。車両に自転車をそのまま持ち込んで専用スタンドにセットしたら、あとはゆったりと千葉県館山駅へ到着を待つのみ。途中の車内では、ゲストライダーの管 洋介さんとバイシクルクラブ編集長山口とのトークショーも行われた。久々のロングライドイベントという参加者も多く、マスク越しでもライドに向けてのワクワクした表情が伝わってくる。

B.B.BASE内では自転車を輪行袋に入れることなく、そのまま専用サイクルスタンドにセットできる。これなら子どもでも簡単にできる!
B.B.BASE内でゲストライダーの管 洋介さん(左)とバイシクルクラブ編集長山口(右)によるトークショーが行われた
ボックスシートも特別設計。やっぱり仲間とともに参加するのは楽しい。朝でもテンション高めに!

今回のステーションライドは50、80、100、120㎞のコースのほか、今年から追加されたアドベンチャーコース(40㎞)が加わり、全5コースに。両国駅からB.B.BASEに乗ってきた人と現地集合した人それぞれが、スタート地点から各コースへと走り出していった。

JR館山駅の職員のみなさまがお出迎え。毎年ありがとうございます!
スタート地点となる北条海岸に集まった参加者のみなさん。さぁ出発だ!
春らしい菜の花畑を横目にサイクリング。ロングライドに彩りを加えてくれる

それぞれのコースに分かれ、景色やグルメを楽しむ

当日は晴れて天気がよかったものの、風はやや強め。コース序盤の内陸部はその風に注意しつつも順調に走行していく。アドベンチャー以外の50~120㎞のコースでは、各所のエイドステーションを経由しながら、地元のグルメを食していく。ロングライドとしての大切な補給であるとともに、サイクリング自体の楽しみのひとつだ。

「道の駅 富楽里とみやま」ではつみれ汁をゲット。魚のうまみを感じる素朴な味わいだ
120㎞コースのヘグリハブでもらえたのはシュークリーム。サクサク生地とほどよい甘さのクリームが特徴
道の駅「鴨川オーシャンパーク」エイドにあるところてん。食感とのど越しを楽しむ乙な逸品

それぞれのコースを走り、千葉房総を堪能する参加者のみなさん。アップダウンの多い内陸部を走っていく途中でも笑顔があふれる。それは複数人で走る楽しさを感じるとともに、房総の持つ自然の景色がサイクリストの目に優しいからかもしれない。ただ東側の海岸線に近づくにつれ、ますます風が強くなっていく……!

内陸のアップダウンの途中に、ほぼ満開の桜が現れた。これには思わず笑顔
千葉県東側の海岸線を走る。空と海の青が非常に映える
桜がきれいな「道の駅和田浦WAO」でひと休み。風のせいでちょっと疲れ気味?

強風によるコース短縮も、笑顔を絶やさずゴール!

イベント後半になると風はかなりのものになり、残念ながら一部コースを短縮することに。内陸部のコース変更により、海岸線の驚くほどの風をなんとかやり過ごしながらもゴール地点のファミリーオ館山へとたどり着く。自転車を停めて完走の手続きをし、手渡されたコーヒーとお菓子を口にする。するとあちこちで口々に「いやーすごい風だったね!」と話しながらもう笑顔になっているのだから、やっぱりサイクリストはタフだ!

ゴール後にコーヒーを飲みながら仲間と団らん。コース短縮はあったものの十分に楽しんでくれた
おそろいのジャージを着てゴールしたグループ。やっぱりこの「チーム感」がいい

ステーションライドの新しい試み。アドベンチャーライドや100㎞試乗会

今回のステーションライドでは新たに追加されたアドベンチャーコース。こちらでは千葉房総にまつわる歴史的な土地を自転車で複数巡り、専門家から話を聞けるなど貴重な体験が味わえる、いわば「歴史探訪ツアー」だ。

館山市を代表する戦争遺跡のひとつ、赤山地下壕。ヘルメットをかぶったまま見学
西暦紀元前660年に創建されたという「安房神社」で、宮司さんからその歴史を教えてもらう
廃校となっていた校舎を2016年にリノベーションし、新たに商業施設となった「シラハマ校舎」で昼食タイム

サイクリングを楽しむとともに安房の国誕生の歴史や、江戸時代から戦前にかけての隆盛を誇った海洋文化を学べる。各所で専門家による解説が聞けるなど、より深みのあるイベントになった。

さらにもうひとつの特別が、アンカー・RP9の100㎞試乗会だ。2022バイシクル・オブ・ザ・イヤー受賞ロードバイクとなったモデルに乗れるという貴重な機会。こちらは編集長山口がアテンド役を務めた。

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2022を獲得したアンカー・RP9に試乗。右が編集長山口
試乗距離はなんと100㎞。ほかの試乗会より圧倒的に長く、じっくり試せたはずだ

ただ走って楽しむだけでなく、あらゆる点で進化していくステーションライド。次回の開催はいつだろうか? イベントの今後の展開が楽しみだ。

ステーションライドのWEBサイトはこちら
http://www.stationride.com/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load