BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

千葉房総の青い空と海を見よう サイクリングギャラリー|Station Ride in 南房総

千葉県にある房総フラワーラインをご存じだろうか? 館山市の下町交差点から南房総市和田町までの約46kmのシーサイドラインで、その一部区間は「日本の道100選」にも選ばれている。その名のとおり、季節ごとに菜の花やノースポール、マリーゴールドなどが道脇に咲き、花とともに千葉の海や空を存分に楽しめる。3月5日開催のステーションライドでも、ほとんどのコースで房総フラワーラインを走ることになる!

厳選! 千葉の空と海を感じるサイクリング風景

今回はそんなステーションライド過去大会のなかから、「空」と「海」の写真をピックアップ! サイクリングギャラリーとして紹介していこう。3月5日、同イベントに参加する人が見られるであろう景色を、ちょっとだけお届け。思わず走りたくなる景色の数々をさっそく見ていこう。

スタート地点からコース中盤まで

ステーションライドは房総半島の西側にある館山エリアからスタートする。そのまま内陸に向かって東に向かうコースが、超距離の100kmや120kmコース。出発時から天気がいいと、気持ちも明るくなるし、身体も動かしやすくなる!

100km、120kmコースのスタート地点、北条海岸にイベントのテントが並ぶ
こちらは50、80kmコースのスタート地点、館山駅。駅長が直々に見送ってくれる
道の駅 三芳村 鄙の里を出るサイクリストたち。コース序盤のエイドステーションでもある
100kmコースの序盤は房総半島内陸を走るため、海の景色は少々我慢。しかしトンネルから見る風景もけっこう趣深い?
房総半島の東側、道の駅 和田浦WAO!(ワオ)でコースの2/5ほど走ったことになる(100kmコース)。まだまだ皆さん元気

コース中盤からゴールまで

道の駅 和田浦WAO!(ワオ)以降は本格的に房総フラワーラインへと入り、より一層海に近づける。太平洋の潮風に吹かれ、道脇に咲く花も揺れる。そんな道をサイクリストとして一度は走ってみたいのでは?

これくらい海に近づける道路もある。海が穏やかだと心も落ち着く
川と海の合流地点にある橋から。房総半島東側はアップダウンも少なく快適に走れる
春には菜の花が咲き乱れる区間も! これが房総フラワーラインの由来だ
秋のステーションライドでも花は咲いていた。房総の温暖な気候のおかげだろうか?
こちらは半島の西側。ゴールまであとわずかの地点。あともうひと踏ん張りだ!
ゴール地点のファミリーオ館山。空は夕暮れの気配を見せつつも、ほぼ全員が無事ゴールした!

 

海を近くに、ステーションライドを走り終えた自転車たち。お疲れ様でした

いかがだったろうか? 実際のライドではもっとたくさんの空と海の絶景が拝めるはず。千葉房総の風景に癒されたい人はぜひエントリーを。

イベント申し込みはこちらから(スポーツエントリー)

Station Ride in 南房総 22 spring

▼「ステーションライド in 南房総 22スプリング」の情報はこちらから

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load