BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

北のクラシック前哨戦、ベルギーの1DAYクラシックに参戦|ユキヤ通信

3月23日、ベルギーを舞台に開催されたワールドツアー1DAYレース「46thMinerva Classic Brugge-De Panne(クラシック・ブルッヘ〜デパンネ)に出場した新城幸也。このレースはこれから北のクラシックに突入する前哨戦のひとつという位置づけでもあり、ベルギー・ウェスト=フラーンデレン州の州都のブルージュから西に進みベルギー最先端、フランスとの国境沿い北海に面したデ・パンネまでの207.9kmを走る長丁場のレースだ。

スタートポディウムに立つバーレーン・ヴィクトリアス  Photo Sprint Cycling

コースは平坦で、各チームのピュアスプリンターのためのレースともいわれているが、名物ともいえる北海からの横風が展開を大きく左右することも考慮しなければならない難しいレースでもある。新城は途中、逃げを捕まえるためにメイン集団の前方で牽引。集団が一つにまとまってからも最終盤まで先頭に出てチームのスプリンターのために位置取りをしながら加速していった。

この日は心配されていた風の影響はなく、集団スプリントに持ち込まれ、バーレーン・ヴィクトリアスはハイノ・ハウスラー(オーストラリア)が10位、新城は103位で無事にフィニッシュしている。

新城幸也のコメント

「いつぶりなのかと思うくらい、久しぶりのベルギークラシックを走り、あぁ~こんな感じだったなぁと思いだしたくらいです。幸いにも風も吹いていなくて、穏やかな1日だった。最後1周までは……。残り1周(45km)からは集団も少しずつ騒がしくなってきて、位置取りが徐々に激しさを増していった。横風が集団を苦しめる事がなかったので、集団内もみんな元気。何度も危ない目にあったが、チームは常にまとまって動く事ができプランに近い動きで最終局面まで行くことが出来た。
ジョナタン・ミラン(イタリア)がリーダーだったが、落車でペースダウンを余儀なくされスプリントに加わる事ができなかったらしい。至る所で落車が相次ぎ、もちろん選手の責任もあるが、道路の作りなども関係していると思う。今日は「危ない」を通り越して「超危険」を感じた。(苦笑)
そんな中、無事に自分の役割を果たす事ができて安心した。今のこのメンバーは固定でこれから本格的にベルギーのクラシックレースに挑むが、自分は1戦だけでも一緒に走れて楽しかった。みんな調子良さそうだし、これからのクラシックレースでも活躍してくれそうだ。ひとまず、復帰の2レースを無事にしっかりと走れた事をうれしく思う。もう一度、トレーニングして、次は上りのレースに備えます」

久しぶりのベルギークラシックに挑んだ新城 Photo Sprint Cycling

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load