BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

女子ロードチャンプ植竹海貴がチャンピオンジャージのお披露目レースで勝利

3月26日から27日にかけて、兵庫県加東市にある兵庫県立播磨中央公園で第2回JBCF播磨中公園ロードレースが開催された。

3月26日には女子の全日本ロードチャンピオンである植竹海貴(Y’s Road)も参戦したJフェミニンツアーの第1戦も開催され、植竹が全日本チャンピオンジャージで公式戦初優勝を飾った。Jエリートツアーのレポートと合わせてお伝えする。

JFTは最終周回で抜け出した植竹海貴(Y’s Road)が全日本チャンピオンジャージで優勝を飾る

JPTの開幕戦に先立って、3月26日にはJフェミニンツアー(以下、JFT)、Jエリートツアー(以下、JET)、Jユースツアー(JYT)の開幕戦が開催。

JFTの開幕戦は7kmのコースを12周する合計84kmで開催。
昨年の全日本ロードを制した植竹海貴(Y’s Road)や、東京パラリンピックで2冠を達成した杉浦佳子(TEAM EMMA Cycling)ら14名の選手がスタートラインに並ぶ。

東京パラリンピックで2冠を達成した杉浦佳子は新チームTEAM EMMA Cyclingのジャージで走った

序盤から植竹やオフロードで実績のある小林あか里(弱虫ペダル サイクリングチーム)らが抜け出し、6名の先頭集団を形成。

途中、植竹や小林、伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER)の3名が抜け出すシーンも見られたが、後半までは6名の状態でレースは進行。

終盤には植竹のアタックで先頭は植竹、小林、伊藤の3名となり、3名のままラストラップへ。

残り4km地点でも3名のまま進行するが、フィニッシュ前の上り区間で植竹がアタックし、植竹が独走で優勝。
全日本チャンピオンジャージ獲得後公式戦では初優勝となった植竹が、昨シーズン同様に開幕戦から力を発揮する形となった。

E1はスプリントを制した小林 亮(soleil de lest)が優勝

JFT同様、3月26日にJETも開幕。
JETのトップカテゴリーであるE1の開幕戦は7kmのコースを17周する合計119kmで開催。

スタートラインには昨シーズンJETで個人総合優勝を果たした池川辰哉(VC VELOCE)ら83名の選手が並ぶ。序盤から集団が縦一列に伸びるような展開の中、9名の選手が先行。

メイン集団からは時折ブリッジを仕掛けるような動きを見せる選手も出るが、集団自体のペースは上がらず、徐々にタイム差が開いていく。

タイム差が4分以上開き、先頭集団の逃げ切りが濃厚となると、今度は先頭集団内からさらなる抜け出しを図ろうとアタックが掛かり始める。
しかし、どのアタックも決定打にはならず、集団のまま最終周回へ。

フィニッシュ前の上り区間でアタックがかかると、soleil de lestの小林 亮と深澤陽介、石井祥平(アーティファクトレーシングチーム)の3名が抜け出し、3名でのゴールスプリントに。

小林が3名でのゴールスプリントを制し、JETのリーダージャージを獲得した。

リザルト

・JFT(7km×12Laps)

1位:植竹海貴(Y’s Road) 2時間36分56秒
2位:小林あか里(弱虫ペダル サイクリングチーム) +5秒
3位:伊藤優以(Team ZERO UNO FRONTIER) +25秒
4位:江崎結衣(VC福岡エリート) +1分17秒
5位:森本保乃花(VC VELOCE) +1分19秒
6位:滝川陽希(Live GARDEN BICI STELLE) +2分46秒

E1(7km×17Laps)

1位:小林 亮(soleil de lest) 3時間21分43秒
2位:石井祥平(アーティファクトレーシングチーム) 同
3位:深澤陽介(soleil de lest) 同
4位:大原 陸(VC VELOCE) +5秒
5位:布田直也(MiNERVA-asahi) +12秒
6位:田中亮祐(VC福岡エリート) +21秒

E2(7km×10Laps)

1位:野々山大我(イナーメ信濃山形-EFT) 2時間1分12秒
2位:中司大輔(イナーメ信濃山形-EFT) 同
3位:渡辺悠太(川口市自転車競技連盟) 同
4位:満上 亘(Team Sciroco) 同
5位:藤本元貴(Promotion x Athletes CYCLING) +1秒
6位:辻野壱哉(VC福岡エリート) +6秒

E3(3月26日)(7km×6Laps)

1位:加藤辰之介(イナーメ信濃山形-EFT) 1時間9分40秒
2位:石井雄悟(VC VELOCE) 同
3位:水本賢太(Team Kermis Cross) +2秒
4位:大山航平(イナーメ信濃山形-EFT) 同
5位:中村充一(soleil de lest) +3秒
6位:島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM ) +7秒

E3(3月27日)(7km×5Laps)

1位:加藤辰之介(イナーメ信濃山形-EFT) 55分56秒
2位:島野翔汰(YURIFitCyclingTEAM ) +22秒
3位:大山航平(イナーメ信濃山形-EFT) +1分28秒
4位:北川魁之介(LEOMO Bellmare Elite Team) 同
5位:清水稜太郎(NEST nagasaki) +1分33秒
6位:山岡由幸(AXIS Cycling Team) 同

マスターズ(7km×6Laps)

1位:波片鉄平(CR3W) 1時間16分55秒
2位:三船雅彦(masahikomifune.com CyclingTeam) +29秒
3位:曾根謙一(エコサイクル) +30秒
4位:秦 智香(Infinity Style) +1分3秒
5位:中村やすし(VC福岡エリート) 同
6位:原 直人(山口県自転車競技連盟・我逢人) +1分5秒

Y1(7km×9Laps)

1位:望月 蓮(Avenir Yamanashi Yamanakako) 1時間51分31秒
2位:吉中美空(VC福岡エリート) +1分6秒
3位:濱田望月(JIN CYCLING TEAM) +1分7秒
4位:三浦一真(Team BFY Racing ) 同
5位:風間大和(淑徳巣鴨高等学校) +8分29秒
6位:村田 駿(Leap Hamamatsu Cycling Team) +13分57秒

Y2(7km×5Laps)

1位:武西憲進(E’quipe u Racing) 1時間5分5秒
2位:井上悠喜(VC福岡ユース) +2分7秒
3位:飯干智章(VC福岡ユース) +3分52秒
4位:野村慧晴(AVENTURA VICTORIA RACING) +3分58秒
5位:伊藤幹将(E’quipe u Racing) +9分12秒
6位:永留 優(YURIFitCyclingTEAM) +12分11秒

リーダージャージ

フェミニンリーダー
植竹海貴(Y’s Road)

エリートリーダー(左)
小林 亮(soleil de lest)
U19リーダー(右)
川田翔太(AVENTURA VICTORIA RACING)

Y2リーダー
武西憲進(E’quipe u Racing)

ユースリーダー
望月 蓮(Avenir Yamanashi Yamanakako)

マスターズリーダー
波片鉄平(CR3W)

 

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load