BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

プロチーム愛用の輪行バッグ「エアロコンフォート」の取り扱いがスタート|SCICON

イタリアのサイクルアクセサリーメーカー「SCICON SPORTS(シーコン スポーツ)」の輪行バッグ、エアロコンフォートの取り扱いがMany’S(メニーズ)でスタート。エアロコンフォートは世界各国のプロレースを転戦するプロチームはもちろん、ツール・ド・おきなわをはじめとするホビーレースに出場するアマチュアライダーからも支持される人気の輪行バッグだ。以下、プレスリリースより。

世界最高峰のバイクトラベルバッグを展開するSCICON

SCICON は、サイクリストが輪行する際の問題を解決するために、イタリアのバッサーノデルグラッパ近くのガレージで1980年に設立されました。サドルバッグや輪行バッグ等、ライダーにとってなくてはならないアクセサリー類を次々とリリースし、プロチームはもちろん、多くのライダーから支持を集めました。
今回取扱を開始する『エアロコンフォート』は、すでに世界最高のバイクトラベルバッグとしての評価を得ている逸品です。
現在では SCICON SPORTS は、Team UAE Emirates ダディ・ポガチャル選手にアイウエアを供給し、ツール・ド・フランス個人総合2連覇を支えたブランド、として認知されていますが、そのはるか以前から、ライダーの移動を手軽かつ安全にする輪行バッグという分野で、多くのライダーの活躍を陰で支えてきたのです。
創業当時からトップカテゴリーで製品の改良を行ってきた SCICON SPORTS。プロレーサーはもちろん、輪行を多用するライダーにとっては必需品となっています。

保護力の高いソフトシェルバッグ採用の「エアロコンフォート」

Scicon Sportsエアロコンフォートシリーズは、世界で一番アスリートたちに選ばれているバイクトラベルバッグであり、多くのUCIワールドツアーチームに好まれるサイクリングトラベルバッグです。
自転車全体とホイールセットがそのまま収納できるように設計されたこのトラベルバッグは、自転車を細かく分解する必要がありません。つまり、ライダーは現地でハンドルやシートポストなどのセッティングをする必要がなくなります。
保護力の高いソフトシェルバッグは、バイクが目的地に安全に到着することをサポートし、そのデザインの独自性により、非常に快適なパッキングと機動性が可能になります。
世界最高のプロチームによって数えきれないほどの輪行が実際に行われたScicon Sportsエアロコンフォートシリーズは、ロード、トライアスロンのナンバーワンの選択肢です。

ダイヤル式のTSAロックが付属します
ハンドル、トップチューブ、サドルを覆う保護パッドも付属(写真はAEROCOMFORT 3.0 ROADの付属品)

AEROCOMFORT 3.0 ROAD

110,000円(税込)

SPEC

・ドロップハンドル用
・工具不要で梱包可能
・12mmスルーアクスル、クイックレバー両方の固定方式に対応
・長距離移動に耐える高強度キャスター
・ダイヤル式のTSAロックが付属
・ハンドル、トップチューブ、サドルを覆う保護パッド付属
・グラベルバイク対応(タイヤ幅40mm以内)

 

AEROCOMFORT 3.0 TRI

110,000円(税込)

SPEC

・DHハンドル用
・工具不要で梱包可能
・12mmスルーアクスル、クイックレバー両方の固定方式に対応
・長距離移動に耐える高強度キャスター
・ダイヤル式のTSAロックが付属
・ハンドル、トップチューブ、サドルを覆う保護パッド付属
・外-外460mm以内であれば、ドロップハンドルでも収納可能

 

 

ラインアップの詳細はこちらをチェックしよう。
Bike Travel Bags(メニーズHP)

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load