BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

世界規模のアマチュアレース、GFNYニューヨークチャンピオンシップが3年ぶりに開催!

5月15日にアメリカ・ニューヨークでGFNYニューヨークチャンピオンシップが開催された。この大会はニュージャージー州境界にあるジョージワシントンブリッジを完全封鎖してのスタートとなる、世界最大規模のアマチュアレースだ。新型コロナウイルスの影響で2020年、2021年の開催延期を経て3年ぶりの第10回目の開催となり、今回は史上最大規模6000人の参加者が全世界90カ国から集まった。

ここではレースに参加した、メキシコを拠点にGFNYジャパン開催に向けて活動を続けるヨウ・ヤマダさんのレポートをお届けする。

90か国から集まる、オールスターイベント

このレース最大の魅力は全世界で開催されるGFNYレース各国から選手が集まる、まさにオールスターイベントであるところだ。Be a pro for a dayのポリシーの下、集まった参加者の半数以上が国外からのこのイベントのために来米した参加者となる。

メキシコを拠点にGFNYジャパン開催に向けて活動を続ける私、ヨウ・ヤマダも初参加となるニューヨークでの本レース。コースはジョージワシントンブリッジをスタートし、ニュージャージー州山間部を行く160㎞、獲得標高2600mを上る。コース中最難関のベア・マウンテンを中間地点にするが、全体的に平坦道は少なく、アップダウンに富んだ設定だ。このほか50マイルのコースも設定される。

主催リディア、ウリ・フルーム夫妻(以下フルーム氏)も3年ぶりの開催に緊張の表情を見せていたが、キレキレのMCを見せる京都在住のウィットさんと一緒に壇上に上がり感情の高まりを見せた。

レース直前、ウィットさんの計らいでGFNYジャパンのヨウ・ヤマダの名前がアナウンスされる場面もあった。

かつては東京オリンピック金メダリスト、キーゼンフォーハーも出場

メキシコチームは元リオ五輪選手ルイス・レムスは終始会場でインタビュー撮影などで忙しくしている中、第一集団でゴール

GFNYメキシコメンバーも健闘を見せるが、勝ったのはイタリア選手で、男女表彰台にイタリア国旗が上がった。

今回、男女個人での優勝はいづれも初参加のイタリア人。ルーカ・ベルガリーノはチームメイトとスプリントで決するドラマチックな展開となった。女子のサマンサ・アルナウドは独走でフィニッシュ、実力を見せつけた。

東京五輪を制し、話題となった数学者サイクリスト・アナ・キーゼンフォーハー選手もじつは2014年GFNYチャンピオンシップを制しているなど、トップレベルの選手から市民ライダーまで走れてしまうのがGFNYのすごいところだ。

今回、メキシコチームは元リオ五輪選手ルイス・レムスに加え、ルイスのいとこで昨年の東京五輪選抜3位の実力者フラビオ・デ・ルナも出場し10位のフィニッシュした。GFNYのレベルの高さを伺い知ることができる。

イベントWEBサイト:GFNYワールドレースシリーズ
https://gfny.com/

GFNY日本親善大使ヨウ・ヤマダ、日本開催へ向けて

世界最大のアマチュアイベントの日本開催に向けて、メキシコ在住のヨウ・ヤマダが務める日本親善大使のミッションはGFNYジャパンの開催。

開催に向けての最大の課題である道路封鎖のハードルの高さがあるが、ニューヨークがまさに同じ境遇だったのだ。ヒルクライム、クリテリウム、ファンライドなど小規模、短距離のレースイベントしかないニューヨークの状況を一変したのがフルーム氏の情熱だった。2010年の初開催から数えて10回目、コロナの重圧にも負けず過去最大の規模を成し遂げた今回のレースに胸を打たれない関係者はいなかった。

今や1年中世界のサイクリストがライドをしに来るという、大きな地域社会的価値作りに成功している事例を日本が受け入れていくかどうか。これはサイクリング業界というくくりではなく、日本全体の命運をかけた戦いであると認識される。

一気に海外から価値のある国になれるかどうかのカギを握るプロジェクトがすでに動き出しており、昨年12月には伊豆でのライドイベントを成功させたヨウ・ヤマダとGFNYの動向に注目である。

GNFY日本親善大使 ヨウ・ヤマダ

グラベルチームHuekapipoリーダー、世界最大アマチュアレースシリーズGNFY日本親善大使、メキシコグアナフアトで初のグラベルレースGlobal Gravel Guanajuato主催。Entrepreneurial Cyclistとして活動中だが本業はサラリーマンものづくり屋さん。

ヨウ・ヤマダさんとのコラボジャージも発売中!

国境を越えてグラベル愛を伝える、メキシコ製グラベルジャージを限定発売

国境を越えてグラベル愛を伝える、メキシコ製グラベルジャージを限定発売

2022年03月15日

 

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load