BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

世界最軽量フレーム採用、新型クロスカントリーMTB「ラックス ワールドカップ」が登場|CANYON

「CANYON(キャニオン)」から新製品が登場。世界最軽量のフルサスペンションマウンテンバイクフレーム(Canyon調べ)、新型「ラックス ワールドカップ」がラインアップに加わった。以下、プレスリリースより。

ワールドカップMTBクロスカントリー優勝の実績を持つ
妥協なきクロスカントリーレースマシン

世界最軽量のフルサスペンションフレーム ※Canyon調べ

とてもシンプルな事実があります。移動に必要な重量が少なければ少ないほど、速く走れるのです。この点で、ラックスワールドカップはライダーを有利にします。1,535g(DIN規格による測定)のラックスワールドカップCFRフレームは、フルサスペンションマウンテンバイクフレームの中で最も軽く、すでに極めて軽量だった先代モデルより、127グラムも軽いのです。また軽量化と同様に重要なのは、耐久性を犠牲にしていない点です。キャニオンのトレイルバイク、ニューロンなどと同じカテゴリー3のテスト基準に適合していることを考えると、これは驚くべきことなのです。

ハイエンドのCFRクラスのフレーム重量はわずか1,535gですが、CFクラスのフレームも依然として多くの最軽量フルサスペンションフレームを凌駕する1,925gを達成しています。耐久性とフレームの中核となる機能は、両クラスのフレームで共通します。CFクラスとCFRクラスのフレームの重量差は、純粋にカーボン素材とレイアップの違いに起因しています。

圧倒的な登坂効率と卓越した下りの走破性能を両立

Loana Lecomte

新型ラックス ワールドカップは、前モデルがワールドカップで優勝し、クライミングをむさぼるレーシングマシンとなった、コアキネマティクスとアンチスクワットの価値をさらに向上させました。フレームの超軽量化に加え、ショックポジションやロッカーリンク、アンチスクワット、一般的な運動性能に若干の調整を加えた結果、キャニオン史上最も効率的で高速なクライミング用マウンテンバイクが誕生したのです。簡単に言えば、このバイクは飛ぶように走ります。

しかし、レースで上った後には必ず下りがあります。ラックスワールドカップは、ライダーを最初に頂上に導くだけでなく、誰よりも早く麓に到着させることができます。上り性能の追求は伝統的にクロスカントリー競技において重視されてきましたが、下りは最近になってより重視されるようになっています。近年、レースコースがより荒れ、より険しい(そしてより楽しい)傾向にあるため、上りの効率を犠牲にすることなく下りで能力を発揮するXCバイクが必要とされるようになったのです。では、相反する2つの特性を、一方を犠牲にすることなく両立させるにはどうすればいいのか。そこでキャニオンは、Canyon CLLCTV、Alpecin Fenix、Canyon MTB Racingのアスリートたちと密接に協力し、キャニオンのエンジニアは、解決不可能なパズルを解いたと確信しています。

新型ラックス ワールドカップのリーチは全サイズで15mm伸び、68.5°のヘッド角は前モデルより1.5°寝かせています。短いステムとの組み合わせにより、長いリーチと寝かせたヘッド角は、ライダーがバイクの中心を感じ、自信を持てるようサポートします。さらに、ラックスのトレードマークである俊敏性と効率性を維持し、バランスを高め、長さを抑えるために、キャニオンはチェーンステーを全サイズで5mm短縮しました。リーチの拡大とそれに伴うシートポジションの変化を考慮し、シート角を0.5°立たせ、同カテゴリーで最も効率の良いクライマーであるラックスの血統を維持しました。

最後に、シートチューブを10mm短くすることで、ライダーの体重移動が大きくなったり、またより長いドロッパーポストを使用したりする際に、これまでより大きな余裕を持たせています。

CeramicSpeedベアリング

すべてのCFRフレームに、高い信頼性を誇るCeramic Speed SLTベアリングを、すべてのピボットポイントとヘッドセットに採用し、ベアリングの性能もさらに向上させました。オイル封入済み固体プラスチックポリマーとステンレススチール素材を特徴とするCeramic Speed SLTベアリングは、自己潤滑性、耐腐食性、メンテナンスフリーであり、ライダーが直面する条件や環境に関わらず、ラックス ワールドカップが常にパフォーマンスを発揮できるよう配慮されているのです。

長時間の水分補給を可能にするボトル搭載スペース

ビッグライドやロングレースでは大量の水が必要です。しかし、多くのXCバイクは、メインフレームに2つのウォーターボトルを入れるスペースすらありません。ラックス ワールドカップは、すべてのフレームサイズ(XSサイズを含む!)において、ライダーが必要なすべてのスペースを確保し、すべてのライドに2つの大きなウォーターボトルを持ち込むことを可能にします。これは特にマラソン・レーサーに喜ばれることでしょう。

ジオメトリーの変更に加え、非常に軽量なフレーム、高い信頼性、レースに特化したコンポーネント仕様により、新型ラックス ワールドカップはワールドカップを席巻する、上りをむさぼる、ロケット発射のXCレースバイクに仕上がっているのです。

身長156cmから対応する、XSサイズを新設定

従来はSサイズからのサイズ展開でしたが、より多様なライダーが最新鋭の性能を体感できるようにXSサイズを設定しました。しかも、XSサイズを含むすべてのフレームサイズで、ロングボトル2本を搭載できるフレーム設計です。また完成車にはドロッパーポストは搭載されませんが、シートチューブを10mm短縮しこれまでより長いドロッパーポストが装着可能になっています。

ダウンカントリーバイク「ラックストレイル」との差別化

これらのモデルの外観は似ていますが、バイクに乗るとすぐにその違いを感じることができます。ラックス ワールドカップは、効率、性能、スピードを何よりも重視したレースマシンです。一方、ラックストレイルは、レースで勝利を収めたラックス ワールドカップのDNAを受け継ぎながら、アグレッシブさを抑え、よりリラックスして快適に走れるパッケージになっています。

そのためラックストレイルはよりカジュアルなクロスカントリーライダー向けで、ラックス ワールドカップはレースへの野心を持ち、何よりもパフォーマンスを重視するライダー向けとなっています。

新型ラックス ワールドカップのラインアップ

ラックスワールドカップ CFR LTD

SRAM XX Eagle AXS | 9.80kg | 929,000円

ラックスワールドカップ CFR TEAM

Shimano XTR | 10.00kg | 809,000円

ラックスワールドカップ CF 7

Shimano XT | 11.60kg | 499,000円

ラックスワールドカップ CF 6

Shimano SLX | 12.10kg | 409,000円

CANYON公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load