BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

パワーメーター導入でよりリアルに! 出力に対するスピード感を実感しよう|自転車インドアスタイル

スポーツ自転車にはインドアサイクリングというスタイルがある。自宅にいながら手軽に運動不足の解消や気分転換ができ、天候にも左右されないので梅雨の季節にもおすすめだ。今回は数あるインドアサイクリングのスタイルから「クラシックトレーナー(通信機能なし)+スピードセンサー(速度)」のメリットを紹介する。

▼あなたにぴったりのインドアスタイル診断はこちらの記事から。

買ったあとで後悔しない! 初めてのインドアサイクリングQ&A|自転車インドアスタイル

買ったあとで後悔しない! 初めてのインドアサイクリングQ&A|自転車インドアスタイル

2022年06月26日

クラシックトレーナー(通信機能なし)+パワーメーター

パワーメーターを購入予定であったり、すでに所有しているという場合は、クラシックトレーナーさえあれば出力を基準にズイフトを始められる。そして、出力と速度にさほど不自然さは感じない。ただし、自動負荷変化はなく常にトルク感が一定のため、ズイフトで走ってもリアリティは感じにくい。とはいえ、予算を抑えたパワーメーターひとつでバーチャルライドを楽しめる価値は大きい。

セッティングが容易なファスト・フィキシングレバーを採用した負荷ユニット

手軽にスマートトレーナーにアップグレード

エリート社の通信機能を持たないエントリー向けクラシックトレーナーのなかには、データ送信センサー「ミズロ・B+」を装着するとバーチャルライドで自動負荷を実現できるスマートトレーナーにアップグレードができるものも。対応モデルには「MISURO B+」と表示。

エリート ミズロ・B+

おすすめアイテム

低予算でも入手可能な「パワーメーター」

BluetoothまたはANT+通信に対応するパワーメーターであれば、基本的にどのモデルでもバーチャルライドに対応する。インドアサイクリングシーン以外での使用用途と予算を考慮して選びたい。

ペダル型パワーメーター「SPEEDPLAY POWRLINK ZERO(シングルサイド)」

予算を抑えて3本ローラーで自動負荷を実現するスタイルも!

「エリート クイックモーション」は折りたたみが可能で収納時のスペースも最小限。携帯性にもすぐれる

3本ローラーで実走感を得ながらズイフトを自動負荷で楽しみたい。これを低予算で実現できるのが、エリートのクイック・モーションにオプションで「ミズロB+」を装着するスタイルだ。独自のフローティングシステムによってダンシングもしやすい。

 

※この記事はBiCYCLE CLUB[2019年2月号 No.403]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

SHARE

PROFILE

ハシケン

Bicycle Club / スポーツジャーナリスト

ハシケン

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

ロードバイクに造詣が深いスポーツジャーナリスト。国内外のレースやロングライドイベントを数多く経験。Mt.富士ヒルクライムの一般クラス優勝、ツールド宮古島優勝。UCIグランフォンド世界大会への出場経験あり。

ハシケンの記事一覧

No more pages to load