BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

シマノ新105Di2電動変速搭載で40万円台、ウィリエール・GTRチームディスクを限定発売

イタリアのバイクブランド「Wilier TRIESTINA(ウィリエール トリエスティーナ)」が、新しく登場したばかりのシマノ・新105Di2搭載モデル「GTR(グランツーリズモアール)チームディスク」を期間限定で100台に限り46万7500円(税込み)のところを、40万4800円(税込み)となる限定車を発売する。

輸入元の服部産業によると、ウィリエール・トリエスティナを取り扱いをはじめた15年の中で、コロナ禍そしてウクライナ情勢による変動や影響は過去経験したことがない事態だという。世界的な問題から“原材料の高騰、石油価格の上昇、輸送コストの増大、さらに急激な為替の変動”が起こり、国内の物価の高騰が起きている。

そこで、服部産業は「物価の高騰で購入の意欲が減退している一般ユーザーさまが、限定車がきっかけで自転車店へ足を運んでほしい! ウィリエールと新型105Di2の魅力を知ってもらいたい!」という思いから2022年8月31日までの受注期間で、100台限定の105Di2新型コンポーネントを使った特別限定車を発表した。

期間限定8月31日まで100台限定

満を持して発表されたシマノのR7100シリーズ105。これまで上位グレードの2機種、デュラエースとアルテグラのみに設定されていたリア12速のDi2ワイヤレス電動変速システムがスタンダードコンポーネントの105に搭載されたのが最大のトピックといえるだろう。

この特別限定車では従来から4万円弱に上昇幅を抑えたものとなっている。12速、Di2が使用できるメリットは大きく、非常にコストパフォーマンスに優れたモデルといえる。

新型コンポーネントの採用により、各メーカーの完成車も大幅なスペック向上を果たしている。ウィリエールのグランツーリズモRチームディスクもいち早く新型105を搭載した注目のモデルだ。

上位モデルから継承した形状のデュアルコントロールレバーを採用。リーチアジャストにより手の小さなライダーにもフィットする

軽いタッチで確実な変速が可能なDi2は上級者のみならず、初級者にとっても操作のストレスを軽減し、よりロードバイクの楽しさを味わえるシステムといえる。リアの変速操作のみでフロントを自動で変速するシンクロナイズドシフトも搭載されるが、こちらについては上級者よりも初級者にとってのメリットが大きい。上級者ではシチュエーションに応じてフロント変速のタイミングを自ら決定するが、初級者にとってはそもそもフロント変速のタイミングがわからないことがほとんどだからだ。機械式モデルよりも大幅な価格の上昇はあるものの、Di2が使用できるメリットは非常に大きいといえる。

新型105はディスクブレーキ専用となるが、こちらのシステムについてもキャリパーのパッドクリアランスを広げ、ノイズを抑制したことで使いやすく改良されている。条件を問わずに安定した制動力を発揮するディスクブレーキは、あらゆるレベルのライダーにとって安心感を与えるものだ。

エントリー~ミドルの新定番モデルとしてグランツーリズモRチームは確かな実力をもったバイクといえる。

新型105の採用とともに12速化を果たした。最大34Tのカセットスプロケットはヒルクライムで大きな効果を発揮する
パッドクリアランスを拡大し、ノイズを低減した新型のブレーキキャリパーを採用。リムブレーキのような細やかな速度調整も可能だ
標準でアリスンの28Cタイヤをアッセンブル。ホイールはMaddux RX1.0-Dは購入後のグレードアップも考慮してベースグレードのホイールを採用している。言い換えるとホイールのアップグレードでさらに走行性能を高めることが可能だ
シートポストのフレックス性を高めるためシートステーは下部にオフセットして配置される。細身のチュービングにより路面からの振動も吸収する。サドルはプロロゴ・スクラッチ RS
フレーム設計の自由度を高めるため、幅広のプレスフィットBBを採用する
デュアルコントロールレバーとディレイラーが無線接続となるため露出するのは2本のブレーキホースのみとなる

46Tと30Tのカーボンを効率的に組み合わせたグランツーリズモRチームは、軽快な走りとロングライドでの疲労感を軽減する快適性ももち併せたミドルクラスのオールラウンドロードだ。これまでアルテグラDi2と機械式の105の2車種で展開されていたが、新たに105のDi2が加わった。より手軽にDi2の魅力を体感できる仕様が追加されたことはユーザーにとって大きな恩恵といえるだろう。

GTR-Team Disc (特別限定車)

価格:40万4800円(完成車、税込)
フレーム:46T/30Tカーボン
フォーク:カーボン
ハンドル:リッチー・コンプ カーブ
ステム:リッチー・コンプ 4AXIS
コンポーネント:シマノ 105 DISC-Di2
ホイール:マダックス‐RX1.0 Disc
期間:2022年8月1日~8月31日まで(限定数に達した場合終了となります。)

 

問:服部産業スポーツ事業部
http://www.hattori-sports.com/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load