BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

WILIER TRIESTINA・FILANTE SLR【ニューモデルインプレッション】

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回はチェントディエチプロから不要な硬さを取り去りつつ、トッププロの要求に応える剛性を維持したレーシングバイク、WILIER TRIESTINA・FILANTE SLRに鈴木祐一が乗ってみた。

振動吸収性と軽さを兼ね備えた旗艦エアロロード

イタリアの老舗ウィリエール・トリエスティーナが2021モデルで満を持してラインナップに加えたのがエアロロードのフラッグシップモデル、フィランテSLR。
2020年までフラッグシップであったチェントディエチプロから不要な硬さを取り去りつつ、トッププロの要求に応える剛性を維持したレーシングバイクだ。
さらにフレーム重量も870gとチェントディエチプロよりも100g以上軽量化するなど、あらゆる面から戦闘力を高めた。
これらを可能としたのが軽量ロードのフラッグシップであるゼロSLRと同様のフレーム素材の採用だ。日本企業3社のカーボンを適材適所にブレンドしたハスモッドカーボンを採用し、緻密な結晶構造と高弾性をもつリキッドクリスタルポリマー(液晶ポリマー)も用いることで剛性と振動吸収性、さらに軽さを高いレベルで兼ね備えているのだ。
またケーブルを完全内装化するステアリングコラムはゼロSLRの台形から剛性確保のために丸形に変更。ベアリング内径を広げてケーブルのスペースを確保した。
2020年よりアスタナプロチームにバイクの供給を行うウィリエール。今期、ジロやブエルタへの投入こそ諸事情により見送られたが、アレクセイ・ルツェンコやヤコブ・フルサンといったエース格のライダーがテストして好感触を得ているという。平地を主体としたオールラウンドバイクとしてフィランテSLRの活躍が見られるのはまもなくだ。

ケーブルは完全内装化されステム一体式ゼロバーが標準で装備される。ディスクブレーキおよび電動コンポーネント専用となる。

BB規格は標準的かつフレーム設計の自由度が高いプレスフィットを採用。

横風にさらに強い第3世代のカムテール形状に成型されたダウンチューブにより空力性能を確保。ホイールマウントはマヴィックのスピードリリース規格を採用し、ホイール交換もスムーズに行える。

30Cまで対応するクリアランスを確保し、タイヤ選択の自由度も広がっている。

ウィリエール トリエスティーナ
フィランテSLR

価格:84万円(アルテグラDI2完成車/税抜)、59万円(一体型ハンドルバー付フレームセット/税抜)
フレーム:HUSモッドカーボン+L.C.P
フォーク:カーボン
コンポーネント:シマノ・アルテグラDI2
ホイール:シマノWH-RS770-TL
ハンドル/ステム:ウィリエール・ゼロバー
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:レッド、マットブラック×レッド(受注発注)
完成車重量:7.4㎏(M/ペダルレス)

IMPRESSION

スピードの変化に合わせ、
ライダーに調子を合わせてくれるバランスのいい剛性

まず感じたのが、剛性バランスのよさだ。フレームのたわみ具合が最適化されている。もちろん空気抵抗については、風洞実験を経てこの形状にしているが、剛性について、このバイクはある特定の数値から導き出されたバイクではなく、ライダーがテストして、それぞれの速度域に合わせたフレームの剛性をもたせていることが感じられた。
具体的には自分の場合、40km/hでの巡行、パワーメーター200~270W、ケイデンス90-100rpmくらいで走ると、フレームのたわみ具合が、いい感じに反発を感じる絶妙なバランスを保ってくれる。柔らかくて腰砕けたり、硬すぎて踏み抜けることもない。いっぽう、ヒルクライムみたいにケイデンスが下がり、トルクが必要なところでもペダリングの変な反発がなく、リズムを無理に合わせなくても心地よく走れる。
ライダーを主役にバイクが合わせてくれる、ストライクゾーンの広い味付けだ。

IMPRESSION RIDER/鈴木祐一

元MTB&シクロクロスのトップライダーでロードバイクのインプレッション経験も豊富。神奈川県相模原市のバイクショップ、ライズライドを拠点に自転車の魅力を伝えている。身長180cm。

 

問:服部産業
www.wilier.jp

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load