BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

山梨・市川三郷町でMTB山守人がトレイルを整備、 スペシャライズドSoil Searching開催

4月8日(土)、4月9日(日)の2日間で「Specialized(スペシャライズド)」のグローバルイベント『Soil Searching in Yamanashi』が山梨MTBベースオートキャンプ場で開催、2日間で約200人が参加。その中で、山梨県市川三郷町とYAMANASHI MTB 山守人(一般社団法人南アルプス山守人)は山林空間の活用を目的とした『地域活性化包括連携協定』を締結した。

市川三郷町とYAMANASHI MTB 山守人が『地域活性化包括連携協定』を締結

山梨県市川三郷町とYAMANASHI MTB 山守人は相互協力のもと、地域活性化や地方創生を推進することとして、この協定を締結した。

市川三郷町内の桜峠ルート(距離:2,583m、高低差306m)の山道を、YAMANASHI MTB 山守人の会員メンバーが利用することにより、マウンテンバイクを楽しむだけでなく、荒廃した山道整備や山林内巡視による不法投棄の抑制、獣害の被害低減等が期待できるという。また、市川三郷町の魅力を発信することにより、観光客誘致、移住定住、関係人口増加などにつなげていきたいとしており、マウンテンバイクを活用した、交通安全教室やスポーツ機会の創出も行っていく。

市川三郷町役場ホームページhttps://www.town.ichikawamisato.yamanashi.jp/40administration/12kikaku/2022-1209-0931-27.html

世界的な有名ライダーを招いての『Soil Searching in Yamanashi』開催

初日にDIG DAY(トレイル整備)、2日目にRIDE DAY(走行を楽しむ)が行われ、開会式では会員メンバーから参加者に対し、活動の趣旨やイベントの目的が山梨MTBベースオートキャンプ場で伝えられた

今回、世界的にも著名なマウンテンバイクライダーのMatt Hunter(マットハンター)やMatty Miles(マッティマイルス)、スペシャライズド社のSoil Searching総責任者のFanie Kok(ファニークック)が来日し、トレイルランナーの石川弘樹さんを招いてのイベント『Soil Searching in Yamanashi』が開催された。

『Soil Searching』とは

『Soil Searching』とはスペシャライズド社が全世界で行っている取り組みで、マウンテンバイクにとって必要不可欠なトレイル(山道)の走行環境を整備、維持管理する人たち(トレイルビルダー)に焦点をあてて応援するプログラムのこと。「Soil Searching」とは本来、自分たちの「Soil」土壌を「Searching」探し求めていくという意味ですが、その中には、「Soul」魂を探求するという意味も込められており、そこには人々を心でつなでいく信念が「Soil Searching」にはあるという。

YAMANASHI MTB 山守人は、日本にマウンテンバイク環境を築く過程でこの「Soul」を心に受け止め活動を続けており、スペシャライズド社からこのビジョン実現に対し長年支援を受け、YAMANASHI MTB 山守人の代表理事 弭間 亮(はずまりょう)さん代表はアジア唯一のスペシャライズドグローバルトレイルアンバサダーにも認定されている。

Soil Searching ホームページ:
https://www.specialized.com/jp/ja/stories/soil-searching

イベントではトレイル整備とライドを楽しんだ

YAMANASHI MTB 山守人の会員メンバーが先導し、参加者がeMTBで桜峠ルートへ出発

今回イベントではライドのほかトレイル整備を行った。トレイル整備に詳しい山守人の会員から説明があり、雨で削られていきそうなルートへの対策が行われた。水が流れる谷に石を敷き詰めて浸食を防ぐほか、水の流れるように水切りを作るなどトレイル整備の基礎を習いながらの整備体験となった。このほか、倒木を防ぐためにチェーンソーによる伐採などもおこなった。

スペシャライズド・リーボSLシリーズ、eMTB(電動アシスト付マウンテンバイク)をレンタルして、トレイルまでの移動やライドを楽しんだ
今回、山守人の会員メンバーやイベント参加者が協力してトレイル整備を行った。また、地元市川三郷町の遠藤浩町長はじめ町の職員も参加した
その石を土壌侵食が進む箇所に丁寧に敷き詰め、その上に土をかけてコースを整備していった
メンバーには本職の林業関係者もおり、枯れて倒木となる可能性の樹木を伐採した
トレランの第一人者でもある石川弘樹さんもトレイル整備に参加した。MTBライドの経験もある

夜にはトークショーも開催、2日目はライドを満喫

初日の夜、山での作業が終えてからは山梨MTBベースオートキャンプ場でのイベントを楽しんだ。飲食店ブースが設営され、地ビールや地元食材の料理を楽しめるほか、弭間さんのMTBや石川弘樹さんトレイルに関する映像の上映会や海外ライダーによるトークショーを楽しんだ。

著名なライダーが来日し、MTBやトレイルについての未来を話し合った
2日目のライドデイは、前日に自分たちで整備したトレイルにMTBで向かった。初心者や子どももライドに参加し、会員メンバーの手厚いサポート体制により、参加者も安心してライドを楽しむことができた
イベントのベース会場となった市川三郷町の歌舞伎文化公園では市民に向けたMTB体験も行われ、親子でMTBを楽しむことができ、地元に自転車の楽しさを知ってもらう機会となった
新たな持続可能なアクティビティの取り組みとして、山梨県よりお借りしたTOYOTA MIRAI(水素燃料電池車)からeMTBに充電し、再生可能なエネルギーを使ってMTBを楽しんだ

今回のイベントとYAMANASHI MTB 山守人の取り組み

YAMANASHI MTB 山守人代表理事 弭間 亮さん

YAMANASHI MTB 山守人の考えるトレインに関する考え方を紹介する。

「日本のトレイル(山道)は、多くの人々が昔から生活で使用してきました。しかし、それらは今はほとんど使われなくなりました。そのトレイルたちを私たちは丁寧に復活させて、マウンテンバイクで走行し、新たな魅力として広めていくために取り組んでいます。

山林空間を利用してしっかりとした法律のもとでみんなが安心して楽しめるマウンテンバイクフィールドをこれからも作っていくためには、今の目標はマウンテンバイクの制度化です。しっかりと社会にマウンテンバイクを受け入れて頂き、マウンテンバイクを永続的に楽しむ形として制度化が必要不可欠と考えています。

その実現への過程で、多くの人々がマウンテンバイクを楽しみ、そのマウンテンバイクという道具で豊かな心を育む人々をつないでいきたいと思っています。

今回のイベントには多くの方々が集まり、1本の山道を一緒に整備しMTBで走り、また次につながることを語り合う、そのような温かな心の人々のつながりができたイベントでした。

この私たちの取り組みは、多くの方々からのご理解とご支援によって成り立っています。

そして何より、YAMANASHI MTB 山守人(一般社団法人南アルプス山守人)のメンバーひとりひとりの努力の積み重ねによって、これまでの10年間の活動が支えられ、今回のイベント開催、そして協定締結が実現しました。これからも私たちは、メンバー一丸となってビジョンの実現に向けて取り組んで参ります」

YAMANASHI MTB 山守人では会員を募集しており、活動に参加することでトレイルライドを安全に楽しめる仕組みになっている。

桜峠ルートには入り口と柵が設置され、MTB利用者に対しての注意書きも設置されている

問い合わせ:YAMANASHI MTB 山守人(一般社団法人南アルプス山守人)
https://www.minamialpsmtb.com/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load