BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

中根英登ら元プロ選手が学連のセーフティライド研修会に参加、安全なレースのためのスキルを指導

4月29日(土)、長野県飯山市で日本学生自転車競技連盟主催のロードバイク セーフティライド研修会が行われた。研修会にはレース経験豊富な元プロ選手、中根英登さんと小松定俊さん、岸 崇仁さんが講師として参加。スラローム走行やボトルキャッチなどの基礎練習のほか、集団走行の実技指導を行った。

レースでの落車事故を減らし、安全に競技に取り組めるように

今年から日本学生自転車競技連盟では大会参加にあたり、落車事故等を減らし安全に競技に参加してもらいたいとの思いから研修会への参加を選手に義務付けている。
新年度となり、4月入学の新入生部員が多く参加した研修会は170名以上の大所帯で行われた。

左から岸 崇仁さん、中根英登さん、小松定俊さん

午前の部は駐車場内で基本的なスラローム走行、ボトルキャッチ練習、3本ローラーを至近距離に設置して擬似集団走行練習の3つのゾーンに分けて基本的なバイクコントロール練習を実施。

各パートに中根、小松、岸が指導に入り、各大学の選手らも大学の垣根を越えてコミュニケーションを取りながら取り組んだ。

学生シリーズ戦のタイムトライアルレースを挟み、午後の部は交通規制がされているレースコースを使って3人以上の並列走を組み込んだ集団走行の実技指導を実施。

集団走行における注意点等の意識付けを中根、小松、岸が学生と一緒に走りながら指導・再確認を行った。

中根英登コメント

「まず初めに今回の研修会を実施するにあたり力を貸して頂いた愛三工業レーシングチーム小松監督、岸氏、学連競技役員の皆さまにお礼申し上げます。西日本で実施した研修会とは打って変わり170名以上の選手の参加となりましたが、皆様のお力添えにより実行できました。
すでにレースを走っている選手にとっては安全講習・基本的なバイクコントロール練習は「できて当然」かもしれませんが、落車事故を未然に防ぐためにも「できて当然」の事を改めて意識して取り組むことは重要です。
また公道では並列走行ができないため、レース以外で前後左右に選手がいる状況で走る練習ができる良い機会となったのではないでしょうか。
また『公道』ならではの路面状況の変化がある中で、ただ走るだけでなく目的意識を持って集団走行練習ができた事で今後のレースに生かして頂きたいですし、学生以外でも自転車ロードレースに参加する方にはこのような研修に参加できるしくみが必要かもしれません。落車や落車を誘発するような走りを極力減らす事で全体的な競技力向上につながればと思います」

小松監督コメント

「今回は午前の講習に加えて午後からは実際にレースで使用するコースを閉鎖した状況で集団走行をすることができました。こういった集団走行のテクニックは普段から身につけていかなければならないことでしたが、レースではなく講習という多少余裕のある状況でそのトレーニングをできたという事は学連選手のテクニック向上につながると思います。またより多くこの様な活動が行えれば、落車も減り日本の競技力の向上にもつながると思いました」

留学希望者には中根英登特別留学奨学金制度も

また今回も西日本学連で行われた研修会と同様に、イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンからセーフティライド研修会に参加した学生及びスタッフ・マネージャーを対象に、留学希望者には中根英登特別留学奨学金制度が活用できる事になっている。

※ワールドチームであるEFエデュケーション・イージーポストと今回の制度は無関係となります

現役生活の半分以上を海外籍のチームでプロ選手活動をしてきた中根が実際に苦労してきた思いと、イー・エフ ジャパン内で最もロードレースが好きな畑山氏が協力して立ち上げた制度。

「競技力向上に伴い、海外挑戦する事が出てくるかと思います。私はプロ選手活動をする上での海外生活で、滞在許可証の取得や現地の役所でのやりとりで苦労した経験があります。学生である今のうちに語学力向上もさせておく事で、選手生活を送るにしても選手以外の方向に進むにしても、また学生スタッフさんやマネージャーさんにとっても語学習得は人生の幅が広がるのぜひ活用していただけたらと思います。(中根)」

畑山氏コメント

「イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンから今回の研修会のサポートに入らせていただきました。私もアマチュアレースやライドイベントに出たりと自転車とさまざまな関わり方をしてきた中で、ロードレースというのは非常に人間味のあるスポーツだと感じたことが多々あります。自分の得意な分野で誰かをサポートしたり、逆に苦手分野で誰かにサポートされたり、思いを託し託され、チームの戦略を緻密に計算したり、時には勇気を出して一人でアタックしたりなど、これほどまでに『気持ち』とか『思い』が交錯し、それを伝える言語・語学力が必要になってくるスポーツは稀だと思います。

選手の皆さまが世界で走るチャンスをもらった際に、言葉の壁をも超えて100%以上の結果を出せるよう、私たちEFはいつでも皆さまのサポートをいたします。

EFという会社は主に、留学を販売している会社です。世界20カ国、50都市に直営校があり、英語をはじめとしたさまざまな言語を学ぶことができます。さらにこのたび、中根英登特別留学奨学金制度という、研修会に参加した方を対象とした奨学金制度もご用意させていただきました!

ぜひこのチャンスを逃さずに、語学を学んで、世界に羽ばたいて伝説を創り上げてきてください。もし目標を成し遂げた暁には、サドルの上でいろいろお話できればうれしいです!」

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load