BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

OITAサイクルフェス!!!が大分駅前で開幕。クリテリウムで岡本 隼が勝利、黒枝咲哉が2位

9月30日と10月1日の2日間、大分県大分市で「J:COM presents OITAサイクルフェス!!! 2023」が開催。
初日となる9月30日はおおいたいこいの道クリテリムが開催され、集団スプリントを制した愛三工業レーシングチームの岡本 隼が今シーズン3勝目を挙げ、2位には地元スパークルおおいたレーシングチームの黒枝咲哉が入る結果となった。

白いウェアで登場したホストチームスパークルおおいた

9月30日と10月1日の2日間、大分県大分市で「J:COM presents OITAサイクルフェス!!! 2023」が開催。
今年で開催10周年となったOITAサイクルフェスだが、今年も例年どおり初日は大分駅前の公道周回コースを使用してのクリテリウムを、2日目は大分県のスポーツ中心地であり2019年に開催されたラグビーW杯でも使用されたレゾナックドーム大分を中心とした公道周回コースを使用してロードレースを開催。
初日のクリテリウムは大分県の中心地大分駅までのレースということもあり、多くの観客が観戦に訪れていた。

クリテリウムは1周1kmのコースを40周する合計40kmのレースとして開催。
レース開始にあたり14時前にスタートセレモニーが行われ、セレモニー中には先日開催されたツール・ド・北海道におけるレース中の事故で亡くなられた五十嵐洸太選手への黙とうが行われた。

EFエデュケーションの織田、留目が積極的に展開

レースは14時ちょうどに地元スパークルおおいたレーシングチームの選手たちを先頭にスタートが切られると、序盤から織田 聖(EFエデュケーション・NIPPOディベロップメントチーム)や宇都宮ブリッツェンの選手らが積極的にアタックを仕掛けるものの、マトリックスパワータグやキナンレーシングチーム勢が集団をコントロールし、逃げを容認しない展開が続く。

今度は10周目に設定された中間スプリント賞を狙って留目夕陽(EFエデュケーション・NIPPO ディベロップメントチーム)が仕掛けて中間スプリント賞を獲得するも、この動きも容認されずにすぐに集団がキャッチする。

その後も沢田 時(宇都宮ブリッツェン)やベンジャミン・ダイボール(ヴィクトワール広島)らがアタックを仕掛けるも、マトリックスパワータグとキナンレーシングチーム、愛三工業レーシングチームらがハイペースで集団をコントロールし続け、逃げらしい逃げができないままレースは後半を迎える。

20周回目に設定された中間スプリントは、草場啓吾(愛三工業レーシングチーム)が集団をコントロールしたまま先頭でフィニッシュラインを通過する形で獲得し、その後も決定的な動きが生まれないまま30周目に設定された中間スプリントを迎える。

EFエデュケーション・NIPPOディベロップメントチーム勢が飛び出し、ライアン・カバナ(キナンレーシングチーム)やフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)らが追う形でメイン集団は少し中切れが起きるなど不安定な動きが生まれるものの、スプリントに持ち込みたいチームがペースを上げる形で集団は一つに。

残り10周回を切り、キナンレーシングチームとマトリックスパワータグが集団先頭でコントロールする中、そのすぐ後ろには愛三工業レーシングチームや宇都宮ブリッツェンが続く。さらに、昨年このレースを制したスパークルおおいたレーシングチームも徐々にメンバーをまとめ始めると、残り5周を切って徐々に集団前方へと番手を上げていく。

残り2周あたりでチームブリヂストンサイクリング勢も番手を上げ、最終周回に入るタイミングで愛三工業レーシングチームとチームブリヂストンサイクリングが前方に選手を固める形に。

最終コーナーをスパークルおおいたレーシングチームの2名が先頭で抜けると、そのままスプリントを開始。
ラインが交錯する場面も見られる中、黒枝咲哉(スパークルおおいたレーシングチーム)が発射すると、さらに黒枝の番手から仕掛けた岡本 隼(愛三工業レーシングチーム)がフィニッシュライン手前で黒枝を差し切り、岡本がおおいたいこいの道クリテリウムを制す形となった。岡本は2月に開催されたJプロツアー開幕2連戦以来となる今シーズン3勝目を挙げ、2位には地元スパークルおおいたレーシングチームの黒枝咲哉が、3位にはチームブリヂストンサイクリングの河野翔輝が入る形となった。

速報リザルト

1位:岡本 隼(愛三工業レーシングチーム)
2位:黒枝咲哉(スパークルおおいたレーシングチーム)
3位:河野翔輝(チームブリヂストンサイクリング)

公式サイトはこちら

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load