いつもの一杯をアレンジ!“ちょいたし”で、さらにコーヒーが美味しくなる!

肌寒くなってきたこの頃、飲みたくなるのは暖かくて美味しいコーヒー。毎日二杯以上飲むという人も少なくないはず。そんなヘビードリンカーにもぴったりのアレンジ方法を伝授!リキュールやスパイス、フルーツやナッツなどを使ってさっとお手軽に作れるアレンジテクニックを紹介する。

1.マシュマロ・コーヒー

少し時間を置き、マシュマロが解け始めたときが飲み頃。砂糖を入れず、マシュマロの素朴な甘味を味わおう。

%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9e%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc【材料】

コーヒー……120cc

マシュマロ……数個

【作り方】

1 深煎りの豆でコーヒーを淹れる。

2 コーヒーにマシュマロを浮かべる。

2.カフェ・ド・ポム

コーヒーとブランデーの組み合わせでは「カフェ・ロワイヤル」が有名。さらにリンゴを加えることで、贅沢なフルーツコーヒーに。

%e3%83%9d%e3%83%a0

【材料】

コーヒー……120cc

ブランデー……5cc

リンゴ果実……少々

リンゴの薄切り……数枚

【作り方】

1 コーヒーをアメリカンで淹れる。

2 ブランデーとリンゴ果実を加える。

3 リンゴの薄切りを加える。

3.カフェ・マンダリーナ

寒い冬にはうってつけ。ビタミンCも豊富なオレンジと、身体を温める喉にもいいとされるシナモンは、風邪予防にも効果的。

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8a

【材料】

コーヒー……120cc

オレンジの皮……少々

シナモンスティック……1本

ホイップクリーム……30g

【作り方】

1 コーヒーとオレンジの皮、シナモンスティックを鍋入れて火にかける。

2 ひと煮立ちしたら、カップに注ぎ、ホイップクリームを添える。

まだまだ続く、新発想で美味しいアレンジコーヒー

4.コーヒー・アマレット

アーモンドのお酒とホワイトラムを使ったコーヒーカクテル。コーヒー、ラム、アーモンドの香りの波状攻撃がユニーク!

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

【材料】

コーヒー……120cc

ホワイトラム……10cc

アーモンドリキュール……10cc

アーモンドクラッシュ……少々

【作り方】

1 コーヒーにホワイトラムとアーモンドリキュールを入れ、かき混ぜる。

2 アーモンドクラッシュを振りかける。

5.カフェ・バレンシア

柑橘系の産地として知られる、スペインのバレンシア地域にちなんだアレンジコーヒー

%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2

【材料】

コーヒー・牛乳……各60cc

レモンピール……少々

オレンジリキュール……20cc

シナモンパウダー……少々

【作り方】

1 温めた牛乳に濃い目のコーヒー加える。

2 レモンピールを浸して香りをつけたオレンジリキュールを加える。

3 シナモンパウダーを振りかける。

6.カフェ・ウォルナット

まずはそのままで、その後、溶けはじめたホイップクリームとともに、最後はかき混ぜてクルミの風味を堪能し、味の変化を楽しめる。

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%8a

【材料】

コーヒー・牛乳……各60cc

シェリー酒……10cc

ホイップクリーム……30g

クルミ……少々

【作り方】

1  コーヒーに温めたミルクを注ぎ、シェリー酒を加える。

2 ホイップクリームとクルミを添える。

いかがだっただろうか。ひとりの時間に楽しむのもよし、来客や大切な人に入れてあげるのも喜ばれる。この冬は、一味ちがった美味しいコーヒーを堪能しよう。

(出典: FOOD DICTIONARY コーヒー

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

buono TOPへ

No more pages to load