BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

真鯛〈マダイ〉|料理を愛する人のための魚図鑑

めでたい魚・マダイは日本の魚食文化を象徴する存在

言わずと知れた高級魚だが、味は当然天然物が良く、身が締まっていて食感も抜群。ただし、4〜6月の産卵期を終えた、通称「麦わら鯛」は身が締まってないので注意が必要。この時期のマダイだと、煮付けをすれば身が崩れてしまい、刺身もイマイチ。逆に、マダイと近似しているチダイはこの頃に味をグンと高めるので、ヘタなマダイを購入するくらいなら、天然物のチダイを使うのも良い。

おすすめの料理

刺身、塩焼き、潮汁、鯛めしなど

主なタイの種類

マダイ

日本各地に生息。古くから高級魚として親しまれてきた。タイと言えば普通このマダイを指し、縁起ものにも。

クロダイ

日本沿岸に広く生息し、チヌなど地域によって呼び方が違う。味はマダイに劣るが、洋風料理などに用いる。

チダイ

日本海域に広く分布し、姿も味もマダイに似ている。特に春になると味が良い。ハナダイとも呼ばれる。

DATA

分類

スズキ目 タイ科

学名

Pagrus major

英名

Red Seabream

産地

茨城、九州など。有名なところでは玄界灘。他に、兵庫県産のものは特に「明石のタイ」として名が知られる。

旬は3・4月。夏以降の産卵後になると、身の締まりが圧倒的に悪くなるので注意が必要。特に養殖物はそれが顕著に現れる。

目利きのポイント

  • 目の上が青く眉毛みたいに見えるものなら鮮度が良い。
  • 軽く触って身が引き締まっているものがいい。メスは赤く、オスは黒っぽい。
  • 養殖物はヒレがこすれて汚いので、ヒレの美しい天然物を選びたい。

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load