BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

国民的カップ麺の “あの味” を本気で再現! シーフード&チリトマトのアレ、作ってみた

誰もが知っているカップ麺の “あの味” を自作ラーメンで再現! 〆でもうひと盛り上がりを約束するサプライズ麺のつくり方、教えます。

化学調味料を使わずに “あの味” を完全再現!

ホームパーティでゲストを満足させるには、サプライズ感は必要不可欠な要素。そこで提案したいのが、誰もが一度は食べたことがあるであろうカップ麺の味を再現した自作ラーメンだ。カップ麺の味だからと侮ることなかれ、レシピを伝授してくれた『カッパハウス』のラーメンは、化学調味料一切なしで “あの味” を再現している。

「独立の際に、コンビニで見た “40年以上愛されている味” というキャッチコピーにやられました。研究を重ねて、香味油とアサリペーストで化学調味料の旨味が出せたんです(店主・島田氏)」ベースはゲンコツとモミジで炊いた真っ当な白湯スープだが、カップ麺特有のコクとジャンク感は健在だ。是非お試しあれ!

シーフードヌー◯ルのレシピ

材料

アサリペースト……30g

アサリと同量のスープを弱火で20分炊き、粗熱をとりミキサーでペースト状にしたもの

香味油……20ml

干しエビ……適量
ニンニク……適量
鷹の爪……適量
ショウガ……適量

塩ダレ……20ml

水……1L

A
昆布……20g
煮干し……100g
椎茸……10g
白醤油……500ml

B
薄口醤油……100ml
みりん……20ml
酒……20ml

塩……100g

スープ……300ml

水1に対してゲンコツ0.5、モミジ0.5の割合で約8時間炊いたもの

その他具材など

エビ(大)……適量
エビ(小)……適量
アサリ……適量
イカ……適量
キャベツ……適量
もやし……適量
太麺(多加水)……180g
ネギ……適量
ブラックペッパー……適量

作り方

1 アサリペーストを作る。

2 香味油を作る。干しエビ、ニンニク、鷹の爪、ショウガをサラダ油(分量外)で揚げる。

3 塩ダレを作っておく。Aを水1Lに12時間漬け込み具材を取り出し濾して、Bを加えひと煮立ちさせて、火を止めたうえで塩を加える。

4 スープに塩ダレを入れたら魚介と野菜を投入。

5 1を入れてひと煮立ちさせる。

6 丼に2分茹でた麺をセットし、温めたスープと具材を注ぐ。ネギとブラックペッパーをまぶしたら2をかける。

チリトマト◯ードルのレシピ

材料

香味油……20ml

ニンニク(スライス)……適量
鷹の爪……適量

醤油ダレ……20ml

醤油……1L
酒……100ml
みりん……100ml
砂糖……100g
魚粉……適量(少々)

スープ……300ml

上記のシーフード味と同様のスープに、同量のトマトジュースとトマト缶を1対1の割合で混ぜる

トマトソース……50ml
(Aをサラダ油で炒め、トマト缶を同量の水に入れ混ぜ、炒めたAを加え、半量になるまで煮詰めて、Bを加えたもの)

カットトマト缶……1缶
水……カットトマト缶と同量

A
ニンニク(みじん切り)……3片
玉ねぎ(みじん切り)……3玉

B
塩……適量
コショウ……適量
砂糖……適量

その他具材など

細麺(低加水)……150g
煮豚……2枚
キャベツ……適量
もやし……適量
玉ねぎ……適量
ブラックペッパー……適量

作り方

1 香味油を作る。ニンニクと鷹の爪をサラダ油で揚げ、茶色く色付いたら火を止め、濾しておく。

2 醤油ダレの材料を混ぜておく。

3 シーフード味の材料と同じスープに、トマトジュースとトマト缶を足して温める。

4 丼に1の香味油を入れる。

5 丼にさらに3を注ぐ。

6 1分茹でた麺を湯切りし丼へ入れたら、煮豚2枚、一口大にカットして湯通ししたキャベツともやし、トマトソースをトッピング。みじん切りにした玉ねぎを乗せ、ブラックペッパーをかける。

再現してくれた人

カッパハウス 店主 島田拓郎さん

カッパハウス
住所/埼玉県所沢市旭町2-1
TEL/04-2996-5088
営業/要問い合わせ
休み/無休
http://kappajapan.com/

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load