BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ドライバー 2019-2020 ランキング

ゴルフ専門誌『EVEN』が選ぶ年間ベストギア「ドライバー部門」を発表! 選出方法は、2018年12月から2019年11月に発売された全モデルの中から選定委員の採点、読者からの投稿によりノミネートモデルを選定。さらに有識者4名による意見を踏まえ、最終ランキングを決定した。2019-2020ベストドライバーに選ばれたのはどのモデルだろうか?
※こちらに掲載している価格等の情報は2019年12月時点のものです。

【第1位】ピンゴルフ 1G410プラスドライバー

高慣性モーメントというトレンドの先駆者。弾道調整機能搭載で、プロからアマチュアまで幅広いゴルファーがバッグに入れた一本。シブコ効果も後押し。69,000円+税~
問:ピンゴルフジャパン(048-437-6501)
PING公式サイト

有識者コメント

「G410ドライバーは、慣性モーメントが巨大なのにも拘らず、つかまりも程良い。純正シャフト「ALTA JCB RED」はヘッドとの相性が非常にイイので、リシャフト不要」(クラブアナリスト/マーク金井)

【第2位】テーラーメイド M5/M6ドライバー

弾道のバラつきを低減する新フェースで、飛距離と直進性を高めたM5、M6ともに高い評価。M5/78,000円+税~、M6/72,000円+税~
問:テーラーメイド ゴルフ カスタマーサービスコール(0120-558-562)
テーラーメイド ゴルフ公式サイト

有識者コメント

M6/「特徴的なソールのグラファイト・コンポジットにより、低深重心な設計。比較的ミスにも強く球も上がりやすいので、やさしさを感じるクラブ」(クラブコーディネーター/鹿又芳典)
M5/「ソールの「リバースTトラック・システム」で、大きく重心位置を動かせるので、M6と大差なく幅広いゴルファーが使えるクラブ。見た目の好みでM5とM6を選んでみては」(ゴルフライター/鶴原弘高)

【第3位】ブリヂストンゴルフ ツアーB JGRドライバー

フェース面の反発をコントロールするSP-COR(サスペンションコア)を搭載し、高初速エリアを大幅に拡大。やさしく飛ばせるドライバー。68,000円+税~
問:ブリヂストンスポーツお客様コールセンター(0120-116613)
ブリヂストンゴルフ公式サイト

有識者コメント

「身体を正面に向けておいてリストターンするスイングに適したクラブ。G410と対極に位置する、フェースターンを使うタイプのゴルファーはコレだね」(クラブアナリスト/マーク金井)

【第4位】プロギア NEW egg 5500ドライバー

他にはない大きな重心角で、ヘッドが自然にターン。加えて高慣性モーメントがヘッドのブレを抑え、やさしくつかまえて飛距離を落とさない。75,000円+税
問:プロギアお客様サービスセンター(0120-81-5600)
プロギア公式サイト

有識者コメント

「深低重心、高慣性モーメントのトレンドに向き合いつつ、多くのゴルファーが求めるつかまりという両方のベクトルを押さえたところは、一つの新しいカテゴリーになる可能性も」(クラブコーディネーター/鹿又芳典)

【第5位】タイトリスト TS1

ヘッドの高い反発性能に加え、極限まで軽量化することにより、ヘッド初速だけでなくクラブスピードも最大化。想像を超える飛距離性能を実現。72,000円+税
問:アクシネット ジャパン インク(0120-935-325)
タイトリスト公式サイト

有識者コメント

「ワールドモデルでクラブ重量を280g以下に設定したという方向性が、今後どうなるのか、非常に気になります。とても斬新な一歩だと思います」(クラブコーディネーター/鹿又芳典)

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load