BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フェアウェイウッド 最新ランキング(2020年)&自分に合うクラブの選び方

フェアウェイウッド 最新ニュース

ゴルフメーカーからは、次々と新しいフェアウェイウッドが登場。ここでは、フェアウェイウッドに関する最新ニュースをお届けします。

「ロマロ」のフラッグシップ「Vシリーズ」の最新モデル

アイアンからの流れを意識した高い操作性で強弾道を生む『V1』。調整機能を搭載し、スキルやパワーを問わず、幅広い層に支持されるモデルを目指した『V2』。両モデルとも、構えた瞬間 “イイ球が出る”イメージが湧く美しいフォルムに魅了されます。
▼詳しくはこちら

「ロマロ」のフラッグシップ「Vシリーズ」の最新モデルでベストスコアを狙え!

「ロマロ」のフラッグシップ「Vシリーズ」の最新モデルでベストスコアを狙え!

2020年11月12日

自分に合うフェアウェイウッドの選び方

フェアウェイウッドとユーティリティのどちらを選ぶか悩んでいるゴルファーも多いハズ。その疑問を解決するには、それぞれのクラブの特長を知ることが大切だ。そこで、ここではフェアウェイウッドを徹底解説。「FwとUtどちらを選ぶべきか」という疑問はもちろん、自分にフィットするフェアウェイウッド選びのポイントなど、ギアのスペシャリストでもあるQPこと関雅史プロに解説してもらおう。

関雅史

QPちゃんの愛称でお馴染みのPGA公認ティーチングプロにして、クラブフィッター。東京・駒込で「ゴルフフィールズ」を主宰する。

フェアウェイウッドの特長とは?

【1】重心が深く、球が上がりやすい
【2】ランは出にくい
【3】ライが悪いと打ちにくい
【4】打ち込む軌道だと打てない

フェアウェイウッドは“重心の深さ”で選ぶ

フェアウェイウッドを選ぶ際に重要なのが重心の深さです。重心の深さは重心深度と呼ばれ、フェース面から重心点までの距離の長さを表した数値です。重心点までの距離が短い“浅重心”、反対に距離が長い“深重心”には、それぞれにメリット、デメリットがあり技量や球筋、好みに合わせて、どちらが合うか検討しましょう。基本的にヘッドに奥行きがあるほど重心は深くなります。

重心が浅い

ミスヒットしてもエネルギーのロスが少なく、ボール初速が速くなるため低スピンの強い弾道になりやすいが、出球の方向性には劣る。

重心が深い

慣性モーメントが高く、打点がブレてもヘッドの直進性が高いうえ、打ち出し角度も高くなりやすいが、スピンが増えやすく、ランが伸びにくい。

フェアウェイウッドとユーティリティ、どっちを選ぶべき?

同シリーズの、ほぼ同じロフト角でも、特性はかなり違う。

一般に『ドライバーが得意ならフェアウェイウッド、アイアンが得意ならユーティリティ』といわれますが、ある意味これは正しく、どちらか打って得意な方を使えば良いでしょう。もちろん、それぞれにはメリット、デメリットがあります。構造上重心が深くなるフェアウェイウッドの方が球は上がりやすく、ユーティリティはライへの対応力が高い。それぞれの特性を理解して、自分の力量や好みに合ったベストな方を選びましょう。

編集部が選ぶ2019-2020ベスト フェアウェイウッドは?

それでは恒例となっているゴルフ専門誌『EVEN』が選ぶ年間ベストギア「フェアウェイウッド部門」を発表! 選出方法は、2018年12月から2019年11月に発売された全モデルの中から選定委員の採点、読者からの投稿によりノミネートモデルを選定。さらに有識者4名による意見を踏まえ、最終ランキングを決定した。2019-2020ベストフェアウェイウッドに選ばれたのはどのモデルだろうか?
※こちらに掲載している価格等の情報は2019年12月時点のものです。

【第1位】テーラーメイド M5フェアウェイウッド

チタンヘッドの採用によりボディを軽量化。ソールに配置した、より大きく重いスライディングウェイトで弾道調整範囲が拡大。48,000円+税~
問:テーラーメイド ゴルフ カスタマーサービスコール(0120-558-562)
テーラーメイド公式サイト

有識者コメント

「何といっても飛びます! それも強い球で。構えやすさもあり、打感も最高。無理をして3番ウッドを使わなくても、球が上がりやすい5番ウッドで、十分な飛距離性能だと思います」(ゴルフライター/鶴原弘高)

【第2位】ピンゴルフ G410フェアウェイウッド

ドライバー同様、高慣性モーメントによる直進性の高さとミスヒットに対する強さで、高い評価を得るモデル。安心感のあるヘッド形状も人気の理由の一つ。42,000円+税~
問:ピンゴルフジャパン(048-437-6501)
PING公式サイト

有識者コメント

「フェアウェイウッドは、地面から打つし、飛距離がでるから曲げたくないクラブ。G410シリーズの特徴でもある直進性が活かされていて、遠いグリーンでも狙いたくなるクラブです」(ファッションモデル/肥野竜也)

【第3位】キャロウェイエピック フラッシュ スターフェアウェイウッド

AI生まれのフェースデザインをフェアウェイウッド用に設計したフェースカップと融合。革新的なテクノロジーを搭載し、驚異のボール初速を生み出す。48,000円+税~
問:キャロウェイゴルフ お客様ダイヤル(0120-300-147)
キャロウェイゴルフ公式サイト

有識者コメント

「エピックのドライバーは、アマチュアにはチョット難しすぎるかなぁと思うけど、フェアウェイウッドはあり。ある程度のミスにも寛容性があり、飛距離性能も高いので良いと思います」(クラブコーディネーター/鹿又芳典)

【特別賞】ロマロ レイ α FW

新素材を採用したチタンカップフェースと新構造ステンレスボディによる伝統の2ピース構造に、パーツブランドとしての拘りが凝縮したモデル。64,000円+税
問:ロアジャパン(042-556-5008)
ロマロ公式サイト

有識者コメント

「コストパフォーマンスを考えなければ、高い素材を使って作り続けている優位性はあり、パーツブランドの性能の高さは、評価に値すると思います」(クラブコーディネーター/鹿又芳典)

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load