BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

よーく見ると秀逸! 使い勝手の良いワンポイントキャップで夏ゴルフ

シンプルな夏の装いに、抜群のアクセントとなるヘッドウエア。主張しすぎず使いやすいワンポイントキャップは、よく見るとフロントのデザインが秀逸。それが大人の奥ゆかしさなのだ。

COOPERSTOWN(クーパーズタウン)

なんでこのセレクト? といいたくなるどこかシュールなアザラシの刺繍キャップ。アメリカにてハンドメイドで作られており、チープな雰囲気に逆にそそられる。6,380円
問:セプティズ(03-5481-8651)

FOOT JOY(フットジョイ)

キャップにシューズの刺繍。違和感に思わず目がいってしまう、計算されたデザイン。機能素材を用いているため、酷暑のラウンドでも安心。2,200円
問:アクシネット ジャパンインク(0120-935-325)

’47(フォーティーセブン)

曲がりの大きいブリムと若干浅めのクラシックスタイルが人気の定番モデル。間違いなく「お酒好きなんですか?」と会話が始まるデザイン。3,850円
問:OSM International(0120-914-978)

Columbia(コロンビア)

洗い加工の風合いがこなれた印象のコットンキャップ。山と月がアウトドアらしいワンポイント。紫外線カットや吸湿速乾など機能性も高い。3,150円
問:コロンビアスポーツウェアジャパン(0120-193-803)

ALMOND(アーモンド)

ウォッシュド加工でヴィンテージ感が漂うコットンキャップ。カリフォルニアのニューポートビーチを拠点とするサーフブランド。サーフボードのフィンの刺繍。5,500円
問:トライオン(03-5820-7785)

CA4LA(カシラ)

キックボーダーをモチーフにした刺繍デザイン。ウォッシャブル仕様で、汗や汚れを気にせずラフに被れる。生地は程よく光沢のあるコットンチノ素材。6,820円
問:CA4LA プレスルーム(03-5773-3161)

Mark Gonzales(マーク・ゴンザレス)

レジェンドスケーター、マーク・ゴンザレスが描いた、オーリーを決めるアンニュイなタッチの絵を刺繍。何も考えずとりあえず被ってみようかなと思える。6,380円
問:ORGY STORE(03-6456-4422)

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load