BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【2021年総括】ゴルフギア・オブ・ザ・イヤー ユーティリティ部門ベスト3!

ゴルフギアに一家言持つ識者3名にゴルフ専門誌『EVEN』代表のイケメンゴルファーを加えた4名が、2021年発売のゴルフギアから、個人的に打って良かった“推しギア”を選定、各カテゴリー別にベストバイを決めるべく徹底討論します。今回はユーティリティ部門です。

2021-2022ユーティリティベスト3

とにかく球が上がりやすいとタイトリストが1位を獲得。3モデルが用意され、好みに応じて選びやすい!

選定及び採点方法

2020年12月1日~2021年11月末発売の全モデルの中から、選定委員の採点によりノミネートモデルを選定。採点ルールは各部門ごとに持ち点25点とし、最大で10点まで、推しのモデルに点数を配分。同点の場合は審査員4名の多数決で順位を決定した。

【第1位】タイトリスト「TSi1/TSi2/TSi3ユーティリティメタル」

初速アップが共通のコンセプト。『TSi1』はヘッドの低・深重心化とウルトラライトウェイト設計で、『TSi2』と『TSi3』はカーペンター455鍛造フェースでタイトリストのユーティリティ史上最も高い初速性能を発揮。41,800円~(問:アクシネット ジャパン インク/0120-935-325)

【RECOMMENDED】
顔が綺麗で構えやすい
『TSi1』はフェアウェイウッドのような高い球が打ちやすい。プロにも人気のタイトのユーティリティは、どのモデルも顔が綺麗でターゲットに対して構えやすいです。(鹿又)

【第2位】PRGR「キャリーズQ」

池越え、バンカー越え、ラフに傾斜地とプレッシャーのかかる場面でもやさしく打てるお助けクラブ。大FP+低重心で高打ち出しを約束。とにかく上がってキャリーが出しやすい。38,500円(問:プロギアお客様相談室/0120-81-5600)

【RECOMMENDED】
振り切ったお助けクラブ
こんな人に使って欲しいと、ゴルファーの顔が見えているかのような、良い意味で振り切れたクラブ。苦手なライでも、今まで以上にやさしく飛ばすことができるでしょう。(マーク金井)

【第3位】キャロウェイ「エイペックスプロユーティリティ」

番手別にAIが設計した「FLASHフェースSS21」とカーペンター455スチールのカップ構造で、フェースの高初速エリアが拡大した。37,400円(問:キャロウェイゴルフお客様ダイヤル/01120-300-147)

【RECOMMENDED】
アイアン感覚で構えやすい
ユーティリティはアイアン型などシャープなものでないとどう打ってよいかわからないのですがこれは顔がシャープでアイアン感覚で振れて、やさしく、球も上がる。(肥野)

「ボテっとしたヘッドは苦手。シャープな良い顔が前提」

肥野:さて、ユーティリティについて話をしていきましょう。
鹿又:フェアウェイウッド同様にタイトのTSiシリーズは球が上がりやすく、やさしく打てる。特に『T Si1』はユーティリティじゃなくてフェアウェイウッドと言ってもいいくらいの高さが出ます。「ユーティリティ使いたいけどヘッドスピードが遅い」、「球が上がらない」などの悩みを抱えるゴルファーには打ってつけだと思う。
鶴原:シャープなアイアン型ですが、『T200』も驚くほど球が上がり、ミスヒットに強い印象でした。
肥野:自分もポテっとしたヘッドが苦手で、ミズノの『FLiHi』が好きなので、顔の印象が良かった。
マーク:PRGR贔屓じゃないけど『キャリーズQ』には触れて欲しい。
鹿又:コンセプトがわかりやすくて、バンカーやラフからでも距離が稼げる。本当のお助けクラブという感じ。
マーク:そうなのよ。わかりやすくて良いクラブなんだけど、一つ注文を出すなら、短くて打ちやすくしたなら、その分重さを出して欲しかった。もっと多くのゴルファーをカバーできるスチールバージョンがあれば、満点を付けたかった。
鹿又:ただ、これからアイアンが進化するとユーティリティは立ち位置が難しくなるかもしれませんね。もはやアイアンで賄えちゃうから。
鶴原:アイアン型だけど球が上がって、ウッド型の役割をするヘッドが増えている気がしますね。中空のタイトリストもそうです。
マーク:過渡期なわけだ。中途半端だけどそれがユーティリティ(笑)。

審査委員会メンバー

(左から)
鶴原弘高(ゴルフライター)

ゴルフ雑誌やWEB、YouTube動画で活躍するゴルフライター。プライベートで弾道計測器を所有し、スイングの研鑽に励む理論派。
鹿又芳典(クラブコーディネーター)
ゴルフショップ「マジック」ではクラフトマンとしての顔をもつ、パーツブランドの伝道師。本企画では審査委員長を務める。
マーク金井(クラブアナリスト)
自称ゴルフ芸人。ゴルフライター、YouTuber、クラブデザイナーなど、マルチに活躍する業界のご意見番。
肥野竜也(ファッションモデル)
本業のモデルの他、ゴルフ関連メディアで幅広く活躍するゴルフが好き過ぎるモデル。競技ゴルフにも熱心なガチ系アスリート。

SHARE

PROFILE

EVEN 編集部

EVEN 編集部

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

スタイリッシュでアスリートなゴルファーのためにつくられたマガジン。最旬のゴルフファッション、ギア、レッスン、海外ゴルフトリップまで、独自目線でゴルフの魅力をお届け。

EVEN 編集部の記事一覧

No more pages to load

x