BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「ビギナーパーク セッション 」でパークデビューをサポート!

国内有数の規模のゲレンデが広がるスキー場『星野リゾート アルツ磐梯』は、2020年3月8日(日)までの期間、パークデビューをサポートする「ビギナーパークセッション」を開催している。パークとは、キッカーと呼ばれるジャンプ台など様々な障害物が設置されたコースの総称。ジャンプした時の浮遊感やスリル感などを感じながら、さらに楽しく滑ることができる。セッションでは「まずは一度パークを滑ってみること」を目標に、スタッフから基本的なルールやコツを教わりながらパークを滑る。 期間中は毎日、無料で開催するため、中斜面をターンできるスキーヤー・スノーボーダーであれば、誰でも気軽に参加可能。

初めての方が、アルツ磐梯のパークをもっと気軽に楽しむために

アルツ磐梯では、「日本オープン」や「アジアオープン」などの世界大会のパークを造成した実績を持つ、国内トップレベルの技術を活かし、これまで初心者から上級者まで楽しめる多様なパークを提供してきた。2018年平昌五輪に出場した星野リゾート所属のプロスノーボーダー鬼塚雅(おにつか みやび)選手の練習拠点になるなど、今では多くのスノーボーダー・スキーヤーがパークに集まる。ジャンプのスリルや浮遊感、仲間と同じアイテムを滑る一体感など、パークを滑ることで、スキー・スノーボードの楽しみが広がる。パークは、基本的なルールやコツをつかめば、中斜面をターンできる方なら、誰でも滑走できる。しかし、「自分の滑走レベルで入っていいのか分からない」、「どうやって滑ればいいか分からず不安」など、ハードルを感じている方の声も寄せられていた。今までパークに入ったことがない人でも、より気軽にパークを楽しめるよう、当セッションを開催する。

雪しぶきを上げたりジャンプしたりと、パークの楽しみ方知る

パークに入る時、なにか技を決めないといけないと思っている人も多いが、決まった遊び方はない。板のエッジをつかって雪しぶきを上げたり、ジャンプしたりと、それぞれのスタイルで自由に遊ぶことができる。しかし、いきなり自由にと言われても、どう遊んでいいかわからないもの。当セッションでは、アルツ磐梯のパークを知り尽くしたスタッフが、「まずはパークを滑ってみること」を目標に、パークを滑る時の基本的なルールやコツをレクチャーする。

2つのパークで段階を踏み、恐怖心なくレベルアップ

ビギナーパークセッションは、スキー場内にある2つのパーク「流せるパーク」と「ステップアップパーク」で実施。ビギナーパークセッションでは、まず初めに流せるパークで、バンクやウェーブなど起伏のある地形を滑りながら、パークそのものの楽しみ方を知るところからスタート。次に、ステップアップパークで飛距離1メートルの小さなキッカーでのジャンプに挑戦する。恐怖感なくレベルアップできるよう、1~2メートル刻みで設置されるため、ジャンプの基礎を学んだ後は、自分で徐々に大きなジャンプ台に挑戦し、レベルアップすることが可能だ。

【DATA】
●ビギナーパークセッション
期間:開催中~2020年3月8日(日)
時間:13:00~13:40
料金:無料
対象:中斜面をスムーズにターンできるスキーヤー、スノーボーダー
備考:別途当日有効なリフト券が必要。気象状況により内容を変更する場合あり。

豊富な積雪量で上級者から初心者まで楽しめる!

【DATA】
●星野リゾート アルツ磐梯
磐梯山の麓、猪苗代湖をみおろす絶好のロケーションに位置するスキー場。国内有数の広さのゲレンデを有し、スキー・スノーボード、様々なスノーアクティビティを楽しむことができる。
営業期間:2020年3月29日(日)まで
駐車場台:3,000台
リフト・ゴンドラ数:8基
リフト料金:1日券…大人4,900円、小学生2,100円(税込)
アクセス:東北自動車道郡山JCT経由磐越道「磐梯河東IC」より車で20分
URL:https://www.alts.co.jp/

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load