BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

白銀のゲレンデで会津のおやつタイム「雪原の飴よばれ会」を楽しもう!

磐梯山(ばんだいさん)の麓に位置するリゾートホテル『星野リゾート 磐梯山温泉ホテル』では、2020年3月28日(土)までの期間、白銀のゲレンデで楽しむ会津のおやつタイム「雪原の飴よばれ会」を開催。会津には、冬になると、もち米と麦芽を使った“たぐり飴”を各家庭で作り、作った飴を“飴よばれ”と呼ばれる会で友人にふるまい、おしゃべりを楽しむという文化がある。雪原の飴よばれ会では、ホテル目の前のスキー場に設置したテラスで、会津の冬の風物詩「絵ろうそく」が灯る中、雪の上で飴を固めて作る「たぐり飴タフィ」を食べながらおやつタイムを楽しむことができる。

会津の冬のおやつ“たぐり飴”

雪が深い会津の村々では、冬のおやつとして長期間保存できる飴が親しまれてきた。冬になると多くの家庭で、もち米と麦芽を発酵させて煮詰めた“たぐり飴”と呼ばれる飴を作り、“飴よばれ”と呼ばれる会を開いて 、友人にふるまう。厳しい冬に、友人とのおしゃべりと、どこか懐かしい飴を楽しむこの文化は、今も継承されている。

雪の上で飴を固めてつくるおやつ「たぐり飴タフィ」

雪原の飴よばれ会は、ホテル屋外に設けたテラスで開催。テラスでは、雪の冷たさを活かしたスイーツ「たぐり飴タフィ」を提供する。雪の上にシロップ状になるまで温めた飴を垂らし、冷えて練り飴状になったところ を棒にころころと巻き付ける。仕上げに、塩やきな粉などをまぶし、お好みの味つけをして完成!

会津の冬の風物詩「絵ろうそく」が灯る会場

「絵ろうそく」は会津の伝統工芸品で、冬の花の無い時期に、草花を描いたろうそくを花の代わりにしていたと言われている。会場には、絵ろうそくと共に、ゲストがその場で思い思いの花を描いて作ったキャンドルを雪の壁に灯す「絵ろうそくウォール」を設置。夕暮れになるにつれてどんどん灯りが増え、幻想的な空間が広がる。

ゲレンデでの思い出をみんなで共有する野外スクリーン

テラスの目の前には、国内有数の規模を誇るスキー場『星野リゾート アルツ磐梯』が広がる。スキーの後に立ち寄ってさらに話が弾むよう、その日のゲレンデの思い出をシェアするスクリーンを会場内に設置。ゲストがその場で、指定のハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、写真がスクリーンに映し出されてみんなで思い出を 共有することができる。

【DATA】
●雪原の飴よばれ会
期間:開催中~2020年3月28日(土)
料金:無料
対象:宿泊者限定
時間:15:00~17:00
場所:磐梯山温泉ホテル
備考:悪天候の際は中止になる場合あり。積雪状況により内容が一部、変更になる場合あり。仕入状況により内容が一部、変更になる場合あり。

スキー場隣接のリゾートホテルでアクティブに過ごそう!

9 【DATA】
●星野リゾート 磐梯山温泉ホテル
磐梯山の麓、猪苗代湖を見おろす絶好のロケーションに建つマウンテンリゾート。春夏秋冬で刻々と変化する景色と、会津の食や文化の魅力を堪能することができる。
住所:〒969‐3396 福島県耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838‐68
電話:0570‐073‐022(星野リゾート予約センター)
アクセス:東北自動車道郡山JCT経由磐越道「磐梯河東IC」より車で15分
部屋数:149室
チェックイン:16:00~/チェックアウト:~13:00
宿泊料金:1泊2食付き2名1室利用時…1万4500円~(税・サ込)
URL:https://www.bandaisan.co.jp/

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load