BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

道なき道を切り開く! 「冬の八甲田 大自然迷路」が新登場

奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』では、道なき道を切り開くアクティビティ「冬の八甲田 大自然迷路」が新登場。ホテルが位置する十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園は特別豪雪地帯に指定されていて、冬になると足跡ひとつない見渡す限りの銀世界が広がる。その世界で自分だけのトレイルを刻み、ゴールを目指そう。

迷路の舞台は「十和田八幡平国立公園」

ホテルが位置する国立公園内の十和田・八甲田エリアは、積雪量において日本で有数の場所(※)。また、全国各地にある険しい山々に比べ全体的に緩やかな傾斜のため、広大でありながら体力的に負担が少なく、冬のアクティビティを実施するには最適なエリア。林立する樹木や道が雪で覆い尽くされ、木々が壁の代わりとなった、右も左もわからない広大で静かなフィールドを楽しむことができる。
※気象庁「最深積雪データ」歴代全国ランキング

大自然がつくりだす自然の迷路

アクティビティでは、ガイドが右も左もわからない森の中にある、迷路のスタート地点へゲストを案内。スタート地点からはどこへ行くもゲスト次第で、大自然迷路の始まり。林立するブナの木がまるで迷路のような森を抜けると、ゴールである美しい景色が待っている。コースは当日の天候に合わせてガイドが決めるので、どんな景色が待っているかは当日のお楽しみ。実施場所のひとつである「蔦の森」は、八甲田山の裾野に立地し、冬に八甲田山から吹き付ける寒冷な北西風「八甲田おろし」によって、道も足跡も消えてしまう。春夏秋とたくさんの観光客が訪れるこの場所も、人の気配を感じることができない、あたり一面の銀世界が広がる。

安心安全の3つのサポート

専属ガイドのフルサポートがあるため、思う存分自然を満喫することができる。
【1】手ぶらで来ても安心!
スノーブーツやコートなど、必要な防寒着はすべて貸し出し。
【2】いざという時には“ヘルプカード”」で安心!
途中どうしても「わからない」「お腹が減った」という時のために、事前に「ヘルプカード」を配布。カードを提示すると、ガイドが迷路のヒントを渡したり、飲み物やお菓子を提供したりとサポートする。
【3】学びながら楽しめるツアー前後のサポート
ツアー前には、地図の読み方やコンパスの使い方などの迷路研修を実施。当日は、研修で得た知識のもと、頼れるものは地図とコンパスと勘という環境下で、自分だけの道を開拓し、ゴールを目指す。ゴール後には、辿ったルートをガイドがフィードバックシートにまとめ、迷路達成書とともにプレゼントされる。

【DATA】
●冬の八甲田 大自然迷路
期間:開催中~2020年2月28日(金)
時間:8:00~12:00
定員:1組限定最大8名まで(最小1名~)
料金:1名1万2000円(+税)
場所:八甲田エリア(天候によって実施場所は異なる)
予約:催行の1週間前までにホームページにて予約
含まれるもの:ホテルから実施場所までの往復送迎、ツアー中のヘルプカード、地図・コンパスの貸出、スノーブーツ、アウトドアウェアレンタル

奥入瀬渓流の魅力を体感できる、くつろぎの宿

外観 【DATA】
●星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や、岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なラウンジは癒しの空間。「渓流スローライフ」をコンセプトに、心から満たされる滞在を演出する。
住所:〒034‐0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
電話:0570‐073‐022(星野リゾート予約センター)
アクセス:JR八戸駅・青森駅から車で約90分(無料送迎バスあり・要予約)
客室数:187室
チェックイン:15:00~/チェックアウト:~12:00
宿泊料金:1泊2万円~(2名1室利用時1名あたり、税別、夕朝食付)
URL:https://www.oirase-keiryuu.jp/

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load