BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

お花見トレイルラン|桜が咲いたら、山へ走りに行こう!

四季折々の風景を楽しめるのが、日本の山の魅力。春の代名詞、桜だって山で満喫できる。4月、お花見ランに向かうは、伊豆の山々――。

文◎編集部 Text by Field Life  
写真◎小関信平 Photo by Shimpei Koseki
出典◎フィールドライフ No.55 2017 春号

今日のスタートは桜トレイルから

「ふたりとも、最近ロードを走ってるんです。トレランにも興味があるんですけど、どうやって始めたらいいかわからなくて……。今度いっしょに走ってくれませんか?」

キリッとした表情で、とあるランナーに向かってそう切り出すのは、最近トレイルランに興味津々だという田中さん。おやつユニットOnakaとして活動するほか、カフェ店主でもあり、元アルペンスキーヤーという超アクティブな女子だ。

登山との一番の違いがバックパックのサイズ。でも必要な行動食やライトなどはしっかりと携行。

対するOnakaのパートナー、小澤さんは〝ゆるふわ〞という形容詞がぴったりな、穏やかな笑顔が印象的な女性。見た目に反して小澤さんも最近ランにハマっているそうで、トレイルランもぜひ体験してみたいという。「いいね〜、大歓迎! じゃあ、春らしいところに行こう!」

と嬉しそうに答えるのは、某シンガーのような濃い顔が特徴の舘下さん。舘下さんは国内外の数多くのレースに出場しているバリバリのトレイルランナーだ。女子ふたりにお願いされ、ここは乗らないわけがない。

雲が多めな朝の空。でもその雲の先には雪を纏った富士山の姿が。

3人が向かったのは、桜が満開を迎える伊豆半島の達磨山。このあたりはマメザクラの名所として有名な場所であり、「伊豆トレイルジャーニー」というトレランレースのコースにもなっている。道がよく整備されていて、初心者にもぴったりの場所だ。

アクセスがよく整備もしっかりされている伊豆のトレイル。

「お、田中さんのそのピンクのジャケット、桜の花みたいだね。似合ってるよ〜」。テンションを上げてもらうためか、それとも別の含みがあるのか、舘下さんは朝から口が滑らか。コンディションはばっちりのようだ。

余ったヒモは先の方に引っ掛けておくといいよ」と舘下さん。

「ちょっと緊張しますね。でも思ったより暖かくて、気持ちいいな〜」。そう笑顔で話す小澤さん。いつもにこにこしている小澤さんは、初めてのトレランで気分が上がってきたのか、それともただの平常運転なのか、傍目からはわかりにくい。だが、これからの時間を楽しみにしているのは間違いなさそう。

トレイルランの経験豊富な舘下さんの号令の下、みんなでしっかりと準備運動。

準備運動をしたあと、3人はパックを背負うが、ここでリーダーからストップが。「あー、小澤さんパックのフィッティングがゆるそうだね。ここを絞ると体にフィットすると思うよ」

なれた手つきでパックのストラップを調整するリーダー。的確なアドバイスだが、なぜかやっぱり含みがあるように見えるのは気のせい?

靴ヒモを結べば自然と気持ちも引き締まる。

歩き出した3人の目の前には、樹高が低く、手が届くくらいの高さに渋いピンク色の花をつけているマメザクラが。大ぶりの花を咲かせるソメイヨシノより控えめだが、その可憐な姿にOnakaのふたりはすっかり心奪われたようす。

このあたりに咲くのはマメザクラ。伊豆や箱根、富士山周辺に多い品種。

気がつけば濃い顔リーダーも桜を見上げてさわやかな笑顔を浮かべている。もうこれだけでも満足という表情だ。

モザイク模様のように美しい山肌。

「じゃあ、ゆっくり行きましょう!」。リーダーの掛け声で、田中さんを先頭に、小澤さん、リーダーが続く。歩き出したと思ったら、3人は自然と駆け足に。

木漏れ日の森を抜ける。

Onakaのふたりにとってトレイルランは今回は初めて。でも街を走っているのと、山登りの経験はあるからか、山を駆けていく姿はごく自然。トレイルランをしている、というよりは、子どもがはしゃいで野山を駆けている、そんな姿にすら思えてくる。

金冠山山頂で駿河湾を見下ろす3人。田中さんは背伸びまでして、もっと広い景色を見ようとしている。なんと好奇心旺盛な!

すぐに今日のひとつ目のピークである金冠山の山頂に到着。「桜を抜けて海が見えてくるなんて素敵ですね! 景色を見ながら休憩にしましょうか?」

勢い良く水を飛ばす舘下さん。水分補給というよりは、水を浴びたかっただけ? もしくは男らしさをふたりにアピール?

田中さんの仕切りで、リーダーがパックからガサゴソと取り出したのは、ぎんなんとビーフジャーキー。まるで酒のつまみのようだが。こう見えて健康オタクであり、グルテンフリーを実践するリーダーはこれがいいのだそう。

グルテンフリー主義のリーダーの行動食、揚げぎんなんとビーフジャーキー。

対して小澤さんが取り出したのは、手作りの黒ごまきな粉クッキー。さすがはおやつのプロ。さっぱりしてそうな見た目で、ラン中でもバクバク食べられそう。いつもはグルテンフリーのリーダーもこのときばかりは特製おやつを堪能。

Onaka謹製のクッキー。

「今日はこれだけでも十分満足だけど、せっかくだから達磨山まで走りましょう」

ふたりは〝待ってました〞とばかりに、またゆっくり走り出す。登りは歩いて、平坦なところと下りはするすると駆ける。トレイルランっていうと険しい表情で〝ガツガツ〞走るイメージばかりが思い浮かぶが、3人はいたって穏やかな顔つき。

体も温まってきて、登りすらも駆けていく。

歩くのともまた違って、全身で風を感じているような気持ちの良さが表情から、動きから伝わってくる。「あっという間に達磨山ですね! 走り足りないくらいですけど、はじめてですし、これくらいでちょうどいいかもしれないです」

髪に付いた花びらを取ってもらう鼻の下が伸び気味の男子。

そう話す田中さん。小澤さんの表情も満足気。リーダーも同じ表情、のように見えるけれど瞳の奥はちょっと淋しげ? 本当はもう少し3人の時間を楽しみたかった?

達磨山山頂で記念撮影。その笑顔はまるでアイドルのように清々しい。トレイルランニングは人の心を浄化する?

今年ももうすぐマメザクラの季節がやってくる。もしかしたら、いまごろリーダーの誘いをふたりは待っているかもしれない。また3人でゆるっとした時間を楽しみに行っちゃう?

下山後は沼津で海鮮丼をいただく。ゆるいトレイル、おいしいご飯が揃う伊豆は、初心者にこそおすすめ。

出典

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load