BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

今年の夏は白馬でワーケーションにチャレンジ! 〜ニューノーマルの新しい働き方〜

はじめてのワーケーション。休みながら仕事する!?  どんな環境が良いかな。アウトドア好きのわたしが旅先に選んだのは白馬。いつものパッキングにパソコンをプラスして、いざ出発!

What’s WARKATION

ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語。観光地やリゾート地などの旅先で、リモートワークをしながら休暇もすごす働き方。リモートワークの普及により注目度が急上昇中

体験したのは

中島 英摩

フリーライター。神出鬼没といわれるほど動き回るの大好き! 旅も大好き! 仕事も遊びも全力で楽しむイケてる大人を目指すぞ!

FRIDAY ワーケーションスペースをチェック!

晴れた日にパソコンに向かいながら、窓の外を眺める。あ~こんな日は山に行きたいのになぁ。いままでは、仕事は仕事、休みは休みと切り替えるほうがいいんじゃないかと思ってきた。だけど、いつまでも画面とにらめっこしていると煮詰まってオーバーヒートしそう どこかへ行こう。思い切って外に飛び出してみることにした。

とにかくリフレッシュがしたい。けど何週間も滞在するのはハードルが高い。ならば土日を絡めてみよう。ノートPCをバックパックに放り込む。朝イチでメールチェックをして北へ向かう。平日だから渋滞もなく、あっという間に目的地に着いた。

山には残雪が残る初夏。グリーンシーズンの白馬に来たのは登山のときくらいでなんだか新鮮。今日はとりあえず、ワーケーション施設探し。どうやら山の上にあるらしい!? 標高 1,289mの岩岳山。そんなところで仕事なんてできるのかな?と半信半疑でゴンドラに乗り込む。

「うわっ!なにここ!」

山頂駅から一歩出ると広々としたゲレンデ。その先にそれはあった。樹々の中に点在するウッドデッキとテーブル。そこでコーヒーやビール片手にパソコンを開いている人たち。まるで夢みたいな森のオフィス。展望デッキからは北アルプスがドーンと見える。

静かな森のなかにテーブル&チェアが点在していて、各デッキに電源とWi-Fiを完備。
山の上なのに予想以上に設備が充実していた! 森林とテクノロジーの組み合わせが新鮮。いい環境だなぁ

疲れたりイライラしても、数秒歩けば絶景が癒やしてくれるなんて。こんな場所で一日中仕事ができたら最高じゃないか。いい場所を見つけて大満足! 夜は近くのゲストハウスにチェックイン。週末はめいっぱい遊ぶぞー!

SATURDAY 国内で3番目にきれいな湖、青木湖でカヤックを満喫!

いつもよりゆっくりな朝。なんなら二度寝したっていい。朝早く起きて眠い目を擦りながら家を出なくたっていい。だってここは山の麓。金曜日入りって最高!今日は前からやってみたかったカヤックに挑戦。向かうは青木湖。暑い夏は水辺のアクティビティで涼んでみたかったのだ。

「その格好でOKですよ!」

短パンTシャツの手ぶらスタイルで参加できるのは嬉しい。ライフジャケットを装着してパドルの使い方を教わったら、Let’s go!

初めてでも大丈夫! ていねいなレクチャーを受けて出発!

ぷかぷかゆらゆら。風で優しく波打つ湖面に揺られながらパドルを漕ぐ。浮遊感が気持ち良くってお昼寝でもしたい気分。

湖なら川や海のような激しい流れがないからパドル使いも難しくなく、ゆらゆら揺れてのんびりしたいときにはぴったり。

「はぁ~最高……」

思わずそんな声が漏れる。始める前はちょっとドキドキしたけど、浮力があるからひっくりかえる心配もなさそう。ゆっくりゆっくり漕ぎすすめて、湖をぐるりと周遊。

水中のパドルが透けるほど美しい青木湖は国内で3番目の透明度らしい。漕ぐたびに湖面がキラキラ光ってキレイ

蒼く美しいだけでなく、透明度が高くて、覗き込むと水中を小魚が泳いでいるのが見えるほど。だんだんとパドリングのコツを掴んできたら、今度はグイグイ漕いで競争だ! 夢中になり、勢い余ってかぶる水しぶきも冷たくて気持ちいい! いっそのこと飛び込んでしまおうかという気持ちは抑えつつ、時間も忘れて非日常感を楽しんだ。

「ヤッホー!」湖の真ん中で叫ぶと見事なやまびこが返ってくる。各々が日頃の鬱憤(?)を晴らすように叫んでスッキリ、リフレッシュ

Evergreen Outdoor center

代表のデイヴィッドさんは30年近く白馬に住み、2000年からガイドツアー業をスタート。長野県内のアウトドア・アドベンチャーツアー、エコツアーなど、1年中アクティビティをサポートしている

  • TEL.0261-72-5150
  • 長野県大町市大字平20780-1 青木湖キャンプ場内
  • 営業期  4月~11月
  • 定休日 不定休
  • www.evergreen-hakuba.com/jp/

SUNDAY スキージャンプ 台から非日常の世界へジャンプ!

今日はエクストリームな体験を求めてパラグライダーへ! 空、飛んでみたかったんだ! 風が弱い朝のうちが良いと聞いて、早起きして白馬八方ゴンドラに乗り込み、兎平へ。スキーや登山の起点として何度も来ているけど、改めて麓を見下ろすと、高い! なにせそこは標高1,402m。ここから飛び立つのか……。ドキドキ。

プロのパイロットの方とのタンデム飛行。道具を付けてもらって、離陸の練習。なんだかうまくできるのか不安だけど、あとは“いい風”を待つのみ。「さぁ、行きますよ!」合図とともに前に駆け出す。アワアワしているうちに体がふわっと浮いてあっという間に上空へ! 上昇気流に乗ってぐんぐん高度を上げていく私たち。

目の前には空から見るダイナミックな北アルプスの山並み。見下ろせば麓の田園風景。“風に乗る”感覚がわかってくると、まるで大空を羽ばたく鳥の気分。ターンをすればGがかかり、上下すると無重力のような感覚で不思議! ラストの着地も無事に成功。非日常感がちっぽけな悩みもふっ飛ばす、大満足なフライトだった。

離陸後はまず高度を上げてから、風を読みながら行きたいところに帆を操作するのだそう。気が付けばスキージャンプ台の真上。この高度感! 残雪の稜線が美しい、最高の眺め。
飛行時間は15分ほど。決められた地点に正確に着陸

午後は岩岳の山の上をのんびり散策。わざわざ登山をしなくても気軽に山散歩ができるって嬉しい。ねずこの森の遊歩道で巨木からパワーをたっぷり頂戴して充電完了!

スカイブルー八方尾根 パラグライダースクール

高度差650mのロングフライトで空をひとり占め! プロのパイロットの操縦で白馬の景色を鳥と同じ目線で堪能できる。同時に3人までフライト可。自分のカメラやスマホでの撮影もOK

  • TEL.0261-72-7013
  • 長野県北安曇郡白馬村北城3901 白馬八方尾根スキー&スノーボードスクール内
  • 営業期  4月~11月
  • 定休日 シーズン中無休
  • https://hakubapara.com

午後は山頂を散策

白馬岩岳にある「HAKUBA MOUNTAIN RESORT」の芝生広場にはタープとチェアがあり、景色を見ながらゴロゴロできる。いくらでものんびりすごせる居心地の良さ。ちょっと動きたくなったら遊歩道へ。一周すれば、気分転換にちょうどいい距離のプチハイキングを楽しめる

MONDAY 午前中は仕事をして午後はゆっくり帰宅

週末の旅行は、たいてい帰りに渋滞して、夜家に着くころにはクタクタだったりする。そこで今回はもう一泊して午前中はこちらで仕事をして、昼すぎに帰ることにした。

再び「HAKUBA MOUNTAIN RESORT」へ。 朝は森のオフィスの奥にある大展望のオシャレカフェ「CITY BAKERY」のパンとコーヒー。

いつもならまだ週末気分で頭が回らない朝も、緑に囲まれているとシャキッとする。 聞こえるのは鳥の声や葉がそよぐ音。静かな森のなかで思った以上に仕事がはかどった。

いろんなワーケーション施設があれど、こんなロケーションってなかなかない。アウトドア好きなわたしにぴったり。煮詰まったときには、また来よう。

気分転換にハイジに出てくるような ブランコでリフレッシュ。周りのテーブルとの距離もあり、集中できる環境がありがたい。森の癒やしのBGMが心地いい。お腹が空いたらカフェやレストランもある

白馬岩岳マウンテンリゾート

ブナの森のなかにある「森のオフィス」、雨でも安心な山頂レストラン、Wi-Fi や電源が完備され、絶景を見ながらテレワークが可。気軽に気分転換ができるアトラクションも多数あり飽きない

白馬でおすすめのワーケーション施設

Activity

白馬パラトピア 五竜パラグライダースクール

1985年開校の実績を持つパラグライダー専門のスクール。インストラクターとふたりでフライトするタンデムコースのほか、ひとりで乗車できるライセンス取得コースも用意されている

  • TEL.0261-75-3210
  • 長野県北安曇郡白馬村御成22184-1
  • 営業期  4月~10月
  • 定休日 不定休
  • www.paratopia.jp

白馬ライオンアドベンチャー

青木湖でのカヌーやSUP、熱気球乗車体験がワンちゃんといっしょに体験可。ラフティングやMTBファンライド、湖上ホタルツアー、ナイトレイククルージングなどメニューが豊富

Telework

白馬ノルウェービレッジ

北欧ログ風の建物が立ち並んでいて、イベントスペースとして使えるホールや複数人での会議に最適なレンタルオフィスも備える。テレワークスペースにカフェも併設

  • TEL.0261-85-2340
  • 長野県北安曇郡白馬村北城3476
  • 営業期  通年
  • 定休日 不定休
  • https://hnv.jp

Stay

HOPETREE白馬

白馬の五竜エリアにある一棟貸の宿泊施設。各棟リビングルーム、キッチン、洗濯機、専用バスルームを備え、管理棟にはレストランがある。白馬五竜スキー場近く、白馬駅から9分の好立地

  • TEL.0261-85-2416
  • 長野県北安曇郡白馬村神城22257-5
  • 営業期  通年
  • 定休日 不定休
  • http://hopetree.co.jp

旅籠丸八

江戸時代から続く古民家をクラブハウスに、離れがあるスタイル。全室、キッチン、洗濯機、冷蔵庫、アメニティ完備。タイムシェアキッチン、ワインラウンジなどお楽しみ施設も充実

SHARE

PROFILE

フィールドライフ 編集部

フィールドライフ 編集部

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

フィールドライフ 編集部の記事一覧

No more pages to load