BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

妻が、MacBook Proにコーヒーをこぼした

酔った妻が、彼女に譲ったMacBook Pro 15インチ Retinaの上にコーヒーをこぼした

僕と息子(高2)にとって、その瞬間はスローモーションのように起こる出来事がゆっくりと見えた。

とっさに動きたかったが、見ている光景をなんとかしたいという気持ちとは裏腹に、自分の身体の動きはゆっくりと感じた。

夕食後、めずらしく『ほろよい』を飲んで、少し酔っていた妻が、僕が足を投げ出していた椅子を避けて、リビングの隅にある小さなパソコンデスクの椅子に座ろうとして、つまずいた。

そして、僕と息子が一瞬前に頭に描いた通りに、MacBook Proのキートップの上にコーヒーがこぼれた。

現場で打てるだけの手は打ったのだが

僕と息子は、無言でMacBook Proを取り上げ、即座に電源を切り、コーヒーが少しでも浸透していかないように裏返して広げたタオルの上に置いて水分を少しでも出そうとした。何度かそれを繰り返したが、水分はあまり出てこなくなった。

が、キーボードの隙間に水分は見えている。ドライバーや、ピンセットの入ってる工具箱を持ってきたりと、こちらのやりたいことを、無言でサポートしてくれる息子が心強かった。よくわかってる(笑)

電源が入った状態で通電する部分が水分に触れると、ショートしてダメージが大きくなる。パソコンやスマホが水没した際は可能な限り、電源を切った方がいい。可能ならバッテリーを外したい(今どき、無理だが)。

ちょっと失敗だったのが、拭いたり裏返したりしている時に、2度ほど電源が入ってしまったということだ。

妻の使っていたMacBook Proは、私のお古で、2013年のRetina 15インチ。7年前のモデルではあるが、Core i7 2.2GHzのクアッドコア、16GBメモリー、1TB SSDでモリモリのマシンだ。実は僕が今現役で使っているMacBook Pro 13インチ(2016)よりベンチマークのスペックは高い。

ちなみに、ブログを検索してみると、この時に買った製品( http://blog.sideriver.com/flick/2013/11/macbook-pro-15–9786.html )。記事に書いておくと、こういう時に便利。

僕が、3年間仕事に使ったモデルで、海外取材などでも大切に使ってきたマシンだ。死なせるわけにはいかない。しかし、何しろ7年前のモデルだ。当然のことながら、保証もアップルケアもとうに切れている。

最近のMacBook Proは、キーボード側にボディ本体があり、キーボードの中身部分があり、その下にメインのロジックボード(基板)、バッテリーがある。裏側からアクセスしてもバッテリーしか見えず、かなりバラバラになるまで分解しないと、キーボードを取り外すことはできない。ちょっとシロウトである私の手には余る。

キーボードに下に入ってしまったコーヒーを吸い出すために、ティッシュを隙間に差し込んだが、それでも吸い出せなかったので、キートップをコーヒーがこぼれた場所以外は外してみた。

ちなみに、MacBook Proのキートップは手前側か、奥側から持ち上げると外れるのだが、どちらから引き上げると外れるかはモデルによって違って、この世代のモデルは手前から外す。またエンターキーなどの特殊キーについてはこの限りではない。さらに、正しい向きから外してもたまにキー側のプラスチックの突起が折れてしまう。つまりは、よほどのことがないと外さない方がいいということだ。

皮肉にも、シザー式のキーボードの細かい部品がどのようにして組み合わさっていて、固定されているのかもよく分かった。

ともあれ可能な限りの水分を吸い出して、最終的に返して、大量のシリカゲルの入った大型のジップロックの中に収納した(可能な限り水分を取り除くため)。糖分が入っていなかったのがせめてもの救いだ。

ただ、キートップを外したりせずに、ひたすら逆さまにして、置いておく方が良かったかもしれない。でも、じっとしていられなかったのだ。すまん。結果論かもしれない。

ちなみに念のために言っておくが、通常はアップルケアに入っているからそれで直す。その場合は、分解など余計な手出しはしない。分解されていたりすると保証が無効になるからだ。ただ、今回の場合、どのみち7年の前のモデルだったので、アップルケアはとうの昔に切れているから、できる限りの手を打たざるを得なかったのだ。

僕の場合、修理をどう判断するかフローを書いてみた

翌々日、祈るような気持ちで、電源をボタンを押してみたが、電源は入らなかった。拭いてる途中には電源が入ったから、たぶん大丈夫だろうと思っていたが甘かった。

ここで、トラブルが起こった時に、取るべき手段を整理しておこう。

一般的には、メディアとしては『アップルケアに入りましょう』『正規修理店に行きましょう』としか言いようがないのだが、とはいえ古いモデルを使っているとその先がある。僕の場合、書いてみるとこんな感じ。

とにかく、現役で使っているモデルは、アップルケアに入れておく。

ただし、これにもいろいろ考え方はある。アップルケアはシリーズごとに定額。たとえばiPadのアップルケアは8400円(税別)。一番安い3万4800円(税別)のiPadでも8400円(税別)で、一番高価なiPad Air 8万6800円(税別)でも8400円だ。高価なモデルなら入った方がいいし、めったに壊さないタイプの人は安いモデルの場合は壊れたら買い替えるつもりでアップルケアには入らないという手もある。

……という判断もあるが、基本的にはどのモデルでも入った方が安心だと思う。ちなみに、アップル製品の修理は定額制になっており、修理の種類によっては割高に感じることもあるので、本当にアップルケアに入れる間は入っていた方がいい。

まずは、正規の修理方法について検討してみる

アップルケアに入っている場合の修理は、Apple Storeに行く手もあるし、近くの正規修理店(ビックカメラとか、カメラのキタムラとか)に行く手もあるし、配送でも受け付けてくれる。筆者は可能な限りApple Storeに行くようにしている。詳しい説明も聞けるし、細かい部分で『気を効かせてくれる』場合も多いように思う。また、アップルケアが切れていても、一番の相談先はApple Storeだ。ただし、アップルのサイト( https://www.apple.com/jp/retail/ )から予約してから行くこと。

ただし、ご存じのように、現在コロナで閉店中だ。

というわけで、次なる手段は、正規修理店。ビックカメラに行ってみたが、予想していた通り、すでに7年前にMacBook Proはサポートの期限も終わっており、ロジックボードなどの部品も提供されていないので、修理はできないということだった。

まぁ、そうだろう。これもまぁ予想どおり。しょうがないよね。

非正規修理店は自己責任でのチャレンジ

というわけで、次なる手段。最後の手段だ。非正規の修理店に行ってみる。

iPhoneなどの修理の場合も、筆者は基本的には非正規の修理店には行かない。

非正規の修理店には、バッテリーやディスプレイなどの部品も正規のものが入ってるとは限らず、コピー品で修理されることも多い。バッテリーなどの部品は、非正規のものでは、本来の性能が出せず、持ちが悪いことが多い。

また、タッチパネルも、正規の修理店だと、数百万円もするデジタイザーの調整機械などが入っており、タッチパネルを取り付けてから微細な調整や確認をしたりするが、非正規店だとそれも行われない場合が多い。

また、最新のT2セキュリティチップが入った最近のMacだと、ストレージなどの部品も交換できない(はずだ)。新しいモデルほど非正規修理店にとっては状況は厳しいはず。

しかし、今回のように、リスクとメリットを量りにかけてでも、修理したいこともある。

というわけで、ネットで検索して見つけた、修理専門店『愛MAC』( https://aimac.biz/ )へ。

筆者もネットで見つけただけなので、読者のみなさんに保証してお勧めできるわけではないが、少なくとも、今回修理にうかがった時の対応は非常に良かったし、修理も素晴しかった。個人的な1回の体験ではあるが。

渋谷のマンションの一室。ドアにMacBook Proの上ブタが貼り付けてある。

なんか、不安にはなったが、とにかく、事情を説明して修理を依頼してきた。

なお、以下の見積り価格などは別に定価などがあるわけではないと思うし、中古部品の流通は時価だと思うので、あくまで私の場合の一例としてご覧いただきたい。

見積りをいただきながらの試行錯誤。ロジックボードって修理できるんだ!?(汗)

最初にいただいたメールには、ロジックボードの故障と、キーボードの故障、バッテリーの膨張のトラブルがあると書いてあった。

そうそう。裏ブタを開けた時にバッテリーも膨らんでいたから、修理を頼もうと思っていたのだった。見積りはこんな感じ。

初期検証料:        0円
作業料:          8,000円
キーボード:        20,000円
バッテリー:        12,000円
ロジックボード修理:    28,000円
———————————————-
合計:            68,000円(税別)

……想像していたより安い。

最新のMacBook Airや、MacBook Pro 13(2ポート)が10万円強で買えることは分かっているが、15インチのディスプレイが使えて、クアッドコアのCPU、メモリー16GB、1TBのストレージがあって、さらに自宅の23インチのCinema Displayが繋げることを考えると10万円ぐらいまでなら出そうと思っていたので、これはOK。

しかし、ロジックボードって修理できるものなのか(笑)知らなかった。

そのあたりメールで質問してみると、ショートしているチップなどのハンダを外して交換したりすることができるのだという。すごい。どれが異常かなども分かるのか。ビックリ。

しかし、次にメールが来て、修復が不可能だったという連絡があった。

次の提案は中古品のロジックボードとの交換。

①: CPU(Core i7 2.0GHz) メモリ( 8GB)  4万4000円
②: CPU(Core i7 2.0GHz) メモリ(16GB)  5万4000円
③: CPU(Core i7 2.3GHz) メモリ(16GB)  6万4000円

いずれも、多分時価だと思うので、他の方がアクセスして、同じ値段の商品があるかはどうかは分からない。たぶん、ジャンク品のMacから外したり、中国から輸入したりするのだろうけど、中古品でもこの値段で買えるのなら、僕的にはアリだ(笑)(このあたりの判断はひとそれぞれだと思います。中古品だとそれなりのリスクがあると思うので、それを許容できる人向きです。念のため)。

しかも、なんかセット料金みたいで、前述よりキーボードとバッテリーの修理料金を値下げしてくれた。

メモリーは16GBにしたいが、今さらCPUスピードを元の通りのスピードにする必要はないので、2番目のにした。というわけで、最終的な見積りはこんな感じ。

作業料:           8,000円
キーボードとバッテリー:   25,000円
ロジックボード:       54,000円
——————————————————
消費税:          8,700円
合計:           95,700円

人によって、意見はいろいろだと思うが、10万円以内で修理できるのならこれはアリだった。たしか30万円ぐらいで買ったマシンのはずだし、僕的には思い入れもあるし。

というわけで、修理が仕上がったので、取りに行ってきた。

壊れたのが3月中旬で、受け取りに行ったのがいろいろあって4月の中旬だったのだが、受け取りに行った時にはお店の入り口にはアルコール消毒のボトルもあり、店員さんもマスク姿だった。

(ちなみに、この写真は名刺も出して、「記事に使ってもいいですか?」と聞いてから撮った)

というわけで、ジャーン! ちゃんと動くようになったよ〜! うれしい。

引き続き、妻の仕事や、PTAの役員のお仕事、息子のZoomミーティングや、動画の編集などに役立ってくれることでしょう。直ってうれしい。

しかし、こんな古いMacを直してくれるのなら、昔のマシンが動かなくなっても、なんとかしてれくるかもなぁ。うれしいなぁ。

「ワイヤレスマウス MX Master 3 MX2200sGR」をAmazon.co.jpで見る

flick! digital (フリック!デジタル) 2020年5月号 Vol.103の購読はこちら

『フリック!読み放題プラン』なら月額300円(税別)で、過去のフリック!と関連ムック150冊以上が読み放題! 2週に1度の有料記事も読めるので、お得なこのプランへの加入もぜひ!

flick!読み放題プラン

(村上タクタ)

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load