BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

今、コロナ状況下で、Macを買うべきか悩んでいる人への、3つのアドバイス

今、Mac購入の相談が増えている

最近、「Macを買おうと思ってるんだけど……」という相談を受けることが急に増えた。

コロナで在宅勤務が増えた、子供の自宅学習の機会が増えた、ビデオ会議の機会が増えて今使ってるパソコンのパソコンのパフォーマンスを不満に感じた……など、理由は様々だが、コロナ禍の状況で、生活様式が変わったことが根底にありそうだ。

パソコンに詳しい方はご自分の都合、ご自分の必要性に応じて購入されればいいと思うが、パソコンに詳しくない人が落とし穴にハマりそうだなぁ……と不安に感じることが多いので、注意すべきポイントをまとめておきたい。

1.従来より、はるかにハイスペックなマシンが必要

動画編集をしたり、3Dオブジェクトを多用したりするような、負荷のかかる作業をする人は、自分でハイスペックなマシンを選び、「私、パソコンに詳しくないんです」というような人は、ウェブブラウジングやドキュメント作業中心なので、ロースペックなマシンで事足りていた。従来は。

しかし、今や多くの人が、書類を加工し、メッセージのやりとりをしながら、ビデオ会議をする必要が発生している。

従来の「最低ラインのスペックのマシン」では、このビデオ会議が結構厳しいのだ。

「去年、勧められた最新のMacBook Airを買ったのに、Zoomのバーチャル背景が使えない!」とは実際に筆者に寄せられた苦情だが、たしかに、i3を買ってしまうとバーチャル背景は使えない(Zoom バーチャル背景設定)。

去年までなら、一般的な仕事をするには十分なスペックだったのだが、こうも動画会議が日常的になると、『日常使用OK』の敷居を1段上げざるを得ない。リアルタイムで写真を切り抜く必要があるバーチャル背景はかなり負荷のかかる作業なのだが、日常的になってしまったため、そうは思わないだろう)。mmhmmのようなツールを使って会議をするにはさらに負荷がかかるし、以前より多くの人がコミュニケーションのために動画編集をする機会が増えているようにおもう。

正直、MacBookでこれらのタスクを不満なくこなそうとすると、MacBook Proしかも、4ポートモデル以上のスペックが必要なのではないかと思う(つまり20万円弱が最低ライン)。

価格を抑えて日常使用に耐えるマシンを手に入れようとしている人にとっては、難しい問題だ。

2.メモリーは16GB、ストレージは512GBが最低ライン

同様にメモリーとストレージへの要求も厳しくなっている。

多くのモデルには、まだ8GBメモリーが標準のラインナップが残っているが、これは製品の最低価格を下げるために用意されてるようなもので、ビデオ会議が日常となった世界では8GBメモリーでは作業に差し障りが出る。

ストレージは、これまで蓄積してきたデータの量や使い方にもよるが、やはり256GBでは少ないように思う。なにしろ、iPhoneの最小スペックでも64GBという世の中だ。iPhoneのバックアップや、日々撮影する写真を安全に保存することを考えると、512GBは欲しいように思う。

ただ、もしあなたが上手にクラウドサービスを使って、ローカルにデータを置かずに使うことができるのなら256GBでもやりくりできるかもしれない。

マシン性能への要求が増えて、かつ在宅勤務時間が増えているということを考えると、iMacなどの据置型を使うというのも手だ。

ただし、この際iMacの21.5インチモデルはお勧めしない。本機だけは、T2チップを積んでおらず、CPUも第8世代のインテルCore iプロセッサーを積んでいるという旧世代アーキテクチャのモデルだ。安価ではあるが、現行ラインナップの中で、一番最初に最新のOSにアップデートできなくなるモデルだと思う。

1台のマシンを買ってできるだけ長く、コストパフォーマンス良く使いたいなら、こういう旧世代アーキテクチャのマシンは避けた方がいい。その方が本当の意味での節約になると思う。

発売時期などを考えて、今筆者が安心してお勧めできるMacは、iMac 27インチ、MacBook Pro 16インチ、MacBook Pro 13インチの4ポートモデル、Mac miniのi5 6コア以上のモデル……というラインだと思う(Mac ProやiMac Proは、常に購入される方のニーズ次第だし、このあたりを買う人は自分で判断されると思う)。

3.Apple Silicon導入をどう考えるか?

今、Macを買うのは非常に微妙なタイミングだ。

6月のWWDCでAppleがインテルCPUをやめて、自社製CPU、つまりApple Siliconへの移行を発表したからだ。

2年以内に移行を完了するとAppleは発表したので、インテルCPUを搭載した現行のラインナップは急速に旧型のモデルになることが運命づけられている。

一方、Apple SiliconがインテルCPUをしのぐ性能を発揮できるかどうかはわからない。

もしかして、Apple Siliconがすごく低価格、高性能で、すべてのインテルCPUモデルがあっという間に陳腐化するかもしれない。逆に移行は大失敗して、いつまで経ってもインテルCPUの速度を超えられない……なんていう事態が起こる可能性だってある。

筆者は、仕事柄新製品を使ってレポートを書く必要があるので、Apple Siliconの第一陣モデルを買うつもりだが、トラブルが起こったり、動かないアプリが発生する可能性は少なくない。

だから、新しいモノ好きの人にはApple Silicon搭載のMac、安定を好む人、Adobeアプリなど業務上絶対に安定して動作しないといけないアプリがある人は現行のインテルMacを買った方がいいと思う。

いずれにしろ、過渡期なので、可能なら最初のApple Silicon搭載Macが、性能的にどのぐらい成功を収めるかどうかを見てから購入するのが良いと思う。

(村上タクタ)

 

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load