BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

沖に出るための必須科目、ドルフィン・スルーを詳しく解説|サーフィンの基本

華麗なるドルフィン・スルーでスープを抜けて楽々沖へ出よう

正しいパドリングをマスターして、いざ沖へゲッティング・アウト!でもちょっと待って。目の前にうねりやスープが迫ってきたらどのように対処すれば?そんな時はボードとともに体を波の下にくぐらせるドルフィン・スルーが有効的だ。この技術ができないとスープに押し戻されてしまい、永遠に沖に出ることができなくなる。

ドルフィン・スルーができないと、ここでサーフィンを挫折する人も少なくはないのだが、コツとタイミングさえ覚えてしまえばそんなに難しい技術ではないのでご安心を。

ドルフィン・スルーのコツはノーズに近いレールを持って、体重を掛けて沈めること!

簡単に言うと大きな発泡スチロールを水に沈めるシーンをイメージしてほしい。発泡スチロールをサーフボードに見立ててゆっくりと、そして重力をボードに掛けていけば沈んでいく。ただ、ボードを沈めることができたとしてもタイミングを間違えてしまったらまともに喰らってしまって、進むこともままならない。闇雲に早く沈めるのではなく、うねりやスープがどのくらいの時間でやってくるかを計算した上での、早めの準備が不可欠。そう、ゲッティング・アウト中に前方の波の動きを見極めることも重要なのだ。

ちなみに浮力のあるボードの場合は沈めるのにより時間と力を要するので、さらに余裕を持ってドルフィン・スルーに臨みたい。

ドルフィン・スルーの手順

前方をよく見てうねりやスープが迫る時間を計算

パドリングのスピードをロスすることなくゲッティング・アウト中は前方をしっかり見て、波の状況を把握しておく。

上半身を反らせて徐々に全体重をボードに乗せる

ボードには浮力があるので上半身を反らせて両手で徐々に体重を乗せて沈め、片足をテールに掛けて沈める。

片足を掛けて蹴ってさらに深く沈めたらほぼ成功

片足を蹴るようにボードも体も沈めて波の下にくぐれたらほとんど成功。片足が上がっているのは深く沈んだ証拠。

水上へ浮き上がったらドルフィン・スルー完了

深く沈んだらボードの 浮力でノーズから浮き上がる。パドリングする時の位置に体を戻し てさらに沖を目指す。

水中の状態を完全図解

ヒジを伸ばしてノーズを沈める

腕立て伏せの要領でヒジを伸ばしてノーズを沈める。さらに片ヒザでテールに体重を乗せ て沈める。瞬時には沈まないので段階的に沈めよう。

沈んだらボードに密着する

体もボードも沈んだら体をボードに密着させてさらに沈める。 このタイミングで利き足である右足でテールを蹴ると今度はボードが浮き上がる。

ボードに体を預けて浮く

右足でテールを蹴ったことで体もボードも浮かび上がり始めたら、水面に顔を浮かび上がらせる。体を反らせて脱力すれば元の体勢に戻る。

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load