鎌倉アルプス 登山ルート「古都鎌倉の都を囲むように大平山を縦走」

鎌倉は観光客だけでなく登山客にてっても人気のスポットです。都心からのアクセスもよく、登山を終えたら鎌倉観光やグルメも楽しめる魅力的なスポット。今回は北鎌倉駅からスタートして鎌倉駅へ向かうルートを紹介します。

北鎌倉駅→建長寺入口→勝上献展望台→大平山→天園→鎌倉宮→鎌倉駅
[歩行時間]2時間50分
[技術]★☆☆☆☆
[体力]★☆☆☆☆
[レベル]初級

ルートプランと所要時間目安

歩行時間:2時間50分
歩行距離:10km
登山口:北鎌倉駅
下山口:鎌倉駅
高低差:150m

歩行時間が短いので、下山したら鎌倉を散策したり江ノ島電鉄で江ノ島へ行ってみたりするのも良さそう。その場合は江ノ島からは小田急電鉄の特急で新宿駅に戻れます。古都鎌倉の自然と歴史、外国人も多く訪れる観光地を存分に楽しみましょう。

鎌倉アルプスの縦走路は住宅街の一段上に延びています。そのため、その住宅街に下りる分岐がいくつもありますが、東側に下りると鎌倉駅方面に行くのに時間がかかります。本書で紹介したルートをがんばって歩いてみましょう。

北鎌倉駅
↓15分
建長寺入口
↓40分
勝上献展望台
↓40分
大平山
↓35分
民家脇の登山口
↓10分
鎌倉宮
↓30分
鎌倉駅

鎌倉アルプス 登山ルートの詳細ガイド

観光客に混ざって建長寺へいく

北鎌倉駅で降りたら、建長寺方面へ向う横須賀線の線路沿いを歩きます。左右どちらの道からアプローチしてもいいのですが、鎌倉駅方面に向かって右側の道だと、途中でコンビニが利用できます。

横須賀線の線路から離れると観光客といっしょに建長寺を目指すことに。車の通行量が多い道なので、必ず歩道を歩きましょう。北鎌倉駅から15分ほどで、建長寺に到着です。

建長寺入口の総門。ここで拝観料を納めて境内に入ります。門の前が駐車場。駐車料金は高いですが、マイカーで訪れるならこの駐車場を利用するのもあり。でも、車で訪れる観光客も多いので、できるだけ電車で訪れたいところです。

拝観料を納めて、歴史と伝統、気品を感じる総門をくぐると、すぐに山門を抜けて、広い境内を進みます。仏殿、法堂の脇を抜けると、荘厳な造りに目を奪われてしまう本院の前に出ます。半僧坊、天園ハイキングコースの看板は唐門と本院の前あたりにあり、唐門の前には東屋が建っています。

道標に導かれるようにして、小さな流れ沿いに歩きます。曲がり角には天園ハイキングコースの看板が設置されていて、途中で民家が並ぶ通りを歩きます。直線的に延びる参道のような道を進み、鳥居をくぐります。

何本か階段を登ったところが半僧坊大権現。いくつもの天狗像が祀られた場所です。ここに富士見台という展望台があります。名称どおり、森の上に富士山が顔を出します。祈祷受付所の横から階段を登り、さらに長い階段を登った場所が勝上献展望台です。

富士見台から眺める雪に覆われた富士山。2月の晴天日に撮影した写真ですが、この時期がもっとも鮮明に見ることができます。

勝上献展望台から山道を歩く

勝上献展望台までくると、建長寺の境内を抜けたことになります。多少スペースがあるので、ひと休みしたら、山道に入りましょう。大きくカーブを描くようにして進みます。苔むした岩が登山道にありますが、これには乗らないようにしましょう。

途中、岩の上を歩くような箇所が存在しますが危険はありません。登山道は穏やかで歩きやすい道が続きます。

うっそうとした樹林帯に入ります。昼でもやや暗いイメージですが、好天だと明暗のコントラストがきれい。階段状の道を登り、しばらく進むと小さな岩の上に出ます。ここを下りますが、岩にステップが造られているので大丈夫。それでも危なければロープが垂らされているので、それを利用しましょう。

左上方に送電線が見えてくると、その先で覚園寺(かくおんじ)に下る道が右に分岐しています。直進して林のなかを進みます。歩きやすい遊歩道といった感覚の道です。

岩場につけられた階段状の階段を登るようになりますが、問題なく通過できます。その後は軽い登りが続きます。

軽い登りを繰り返して大平山へ

ふたつ目の送電線が見えてきたら、少しだけ上り勾配がきつくなります。すぐに天園まで1kmの道標が現れます。樹林帯を進んでいくと、正面に大きな岩が見えてきます。この大岩には階段状にステップが刻まれていいて、そこを忠実にトレースすれば、意外にすんなりと登ることができます。

しばらく水平歩行で進みます。先行する人たちのちょっと苦しそうな姿が見えてくると、ダラダラとした上り勾配に。たいして時間はかかりません。正面が明るくなれば、そこが大平山山頂です。

大平山の山頂は小さな頂で、横浜方面の展望がいい感じです。山頂の下にはゴルフ場が広がっています。休憩は山頂下の広場で。草地や砂地ですが平坦で広いのです。休憩を楽しんだら、天園から瑞泉寺(ずいせんじ)方向に進みます。

大平山山頂と直下の広場。休憩するにはこの広場がおすすめ。とくに晴天日なら、日当たりが良好です。

天園から瑞泉寺に向かう

山頂下の広場を出発するとゴルフ場のフェンス沿いを歩きます。まるで公園を歩いているような気分に。途中にトイレがあるので利用していきましょう。

ここをすぎると樹林帯に延びる広い登山道になります。とても歩きやすい道です。苦労することなく天園に到着。左が天園の広場でその右が登山道です。

以前あった天園の茶店は、現在ありません。ただ、天園下の茶店は健在。ここで休憩するのもよさそう。天園の広場から下ってもいけますし、天園の右に延びる登山道からでもOK。

鎌倉アルプスのオアシス。天園下の茶店、天園休憩所。早朝からにぎわう人気のお店です。鎌倉アルプス縦走の目的がこの茶店という人も。

天園の右から登山道を下ると十字路に出ます。ここを左にいけば天園下の茶店。下山道は直進です。緑濃い森のなかを行きます。平坦で歩きやすい道なので、森林浴気分で歩けます。瑞泉寺への道標に従って下りましょう。

少しだけ下り勾配のきつい道になります。丸太を埋めて土が流失するのを防いでいるようです。これを階段代わりに利用しましょう。その後、左側が切れた細い道を軽く下りながら行きます。正面が明るくなってきたら、そこで道は左右に分かれます。

瑞泉寺方面は右へ。すぐの分岐を右へ行きます。細い道から、階段を下るようになれば民家脇の登山口に下り立てます。

ここが民家脇の登山口。瑞泉寺はすぐそこです。

時間があれば瑞泉寺に寄るのもいいかも。鎌倉宮は道なりに進めば大丈夫。ここから鎌倉駅までバスを利用してもいいのですが、鶴岡八幡宮まで歩き、若宮大路か小町通りを散歩して鎌倉駅まで行ってみるのも一興。若宮大路にも小町通りにも、鎌倉らしいショップや食事処、土産物店が並んでいます。

鎌倉アルプス 登山カレンダー(該当月の1日)

鎌倉アルプス データ

山名と標高:大平山(おおひらやま)159m
登山適期:3月〜7月中旬、9月中旬〜1月中旬
営業小屋:なし(天園に茶店、不定休)
避難小屋:なし
テントサイト:なし
水場:なし
トイレ:建長寺、天園手前、鎌倉宮
ビューポイント:大平山

登山を楽しむ皆さんへ

岩肌が露出していたり、土がかぶっているだけだったりする箇所が多数あります。とくに危険な場所はありませんが、雨上がりには滑りやすくなるので注意しましょう。スニーカーではなく軽登山靴を履くようにしたいところです。靴以外は特別に購入する必要はありません。休日の北鎌倉駅や鎌倉駅周辺は観光客で混雑しますし、建長寺も混雑します。休日に鎌倉アルプスを歩くときは、できるだけ早い時間に北鎌倉駅に着いているようにしましょう。

鎌倉エリアのコンビニエンスストアは、鎌倉市の条例により通常よりも目立たない色合いにしなければなりません。どこも落ち着いた色で興味深いのです。

登山をするにあたって

標高がそれほど高くない山だからといって油断していると、とんでもないしっぺ返しを食らうこともしばしば……。ここに記載している所要時間はあくまでも目安なので余裕をもって計画は立てましょう。また、天候や自分の体調によっては、中止することも検討してください。山はいつまでもそこで待っていてくれます。どんなにその山が低くても、謙虚に向き合うことで、山はあなたを優しく迎え入れてくれるでしょう。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load