BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「太郎平小屋」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

北アルプス核心部への玄関口

折立登山口から登った稜線上、北アルプスの深部へと続く分折岐に立つ山小屋。ここに至る登山道はよく整備されていて歩きやすいので、いつもたくさんの登山者で賑わっている。

西には日本海、東には奥深い黒部渓谷、晴れた日には薬師岳や北ノ俣岳から黒部五郎岳へと続く稜線の展望がすばらしく、訪れた登山客たちの目を楽しませる。

小屋が建つ太郎兵衛平は、北アルプスの名峰の数々へと続く玄関口でもあるため、初日はここに一泊してから各方面へと足を延ばす登山者も多い。1泊2日の計画で、小屋に荷物をデポして薬師岳登頂を目指すのが人気のプランだ。

売店や登山相談所などの施設が充実している点も特徴なので、買い忘れや聞き忘れはここで解決しておこう。夏場には山岳警備隊が常駐し、この山域を守る救助基地としても機能する。

また、稜線上にあるにもかかわらず、裏にある太郎山から豊富な湧き水を引いているため、水の豊かな小屋でもある。山、水、設備と山で必要な三拍子がバランスよく揃い、幅広いレベルの登山者を受け入れてくれる懐の深い小屋なのだ。

さあ、ここからどのピークに向かう?

富山側の登山口、折立から入山して北アルプスに向かう登山者にとって、太郎平小屋はすべての山につながる分岐点。一番人気は1泊2日で薬師岳へと向かうルート。東へ行けば、黒部源流や雲ノ平、裏銀座方面への縦走が可能で、南は黒部五郎岳へとつながるルートが稜線上に延びる。行動時間や山行計画に不安があれば、太郎平小屋にある登山相談所に立ち寄るのも手だ。夏場は山岳警備隊も常駐しているので、救助要請など困ったことがあればこちらへ。さて、小屋で腹ごしらえと水の補給を済ませたならば、あなたならどのピークへ向かう?

テント場を経て薬師岳へ

1泊2日で薬師岳へのルートを選ぶ登山者も多い。テント場は薬師岳へと向かう途中にある。

黒部渓谷・雪ノ平方面へ

黒部源流方面では沢登りなどを楽しめる。その先には日本最後の秘境と呼ばれる雲ノ平。登山道はよく整備されていて歩きやすい。

稜線は折立方面、黒部五郎岳方面へも続く。太郎平小屋に設けられている登山相談所で、なんでも相談してみよう。

館内施設

食堂

宿泊者が朝夕の食事をとるのも、立ち寄り客が昼食を食べるのも、この食堂スペース。ムードあふれるランプシェードが時代を感じさせる。

コタツでヌクヌク

6月や10月など肌寒い時期は食堂脇にコタツが置かれ、体を温めてくれる。

乾燥室

十分なスペースがあって利用しやすい乾燥室。数台のストーブを完備しているので、濡れたものもしっかりと乾かせる。

談話スペース

テーブルとイスが備えられた談話室。雑誌から漫画、小説まで蔵書も豊富。

お昼も充実

昼食にも立ち寄りたい。特製ラーメンは行者ニンニクを使ったスタミナ食。

食事

朝食

品数の多さに驚かされる。メインは焼き鮭、冷奴、卵焼きに野菜数種、デザートはリンゴだ。トロロとノリもつくのでご飯が進む。

夕食

夕食は揚げ餃子に豚の角煮と肉系メニューに加えて、鮭の笹寿司、パスタ、野菜類。品数とボリュームの多さにお腹も舌も大満足。

お土産・売店

お土産、飲み物の品揃えが魅力。シンプルな手ぬぐいやマグカップ、Tシャツが人気商品。お菓子やツマミも豊富で、お酒も生ビールを始め、ウイスキー、日本酒、焼酎に酎ハイとなんでも揃う。電池やガス缶など、ちょっとした忘れ物もここに来れば手に入るので安心。

部屋

宿泊できる部屋のタイプは、個室、大部屋、カイコ部屋の3種類となっている。最盛期は7月末からお盆のころまでだそう。もっとも混み合う時期で2枚の布団に3人で寝る程度の混雑具合。

洗面所・トイレ

稜線上ではあるが、裏の太郎山に湧く水を引いているため、水は豊富。水道の水も飲用OKで、小屋の横には水場もあり。トイレは汲み取り式だ。

テント場

水場とトイレも完備。小屋からは20分ほど離れているので、先に受付を済ませておくといい。

DATA
設営数:100張
利用料:1,000円/人
水場:あり。トイレも併設
小屋からの時間:徒歩20分

「太郎平小屋(たろうだいらごや)」の基本情報

設備

テン場:あり
水場:あり
個室:あり
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

6月1日〜10月下旬

電話・電波

ドコモ:良好
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

150人

標高

2,330m

宿泊料金

1泊2食:¥9,500
素泊まり:¥5,500
お弁当:¥1,000

連絡先

080-1951-3030
http://ltaro.com

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load