BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ソロトレッカーのためのスタッキングサンプル

荷物を軽く、コンパクトにすることはソロハイクの基本。難しいパズルを解くように、たくさんの道具を組み合わせて、自分の最適を見つける。その真骨頂といえるのが、クッカーにストーブ、カトラリーをきっちりと収納するスタッキング。軽さを重視しながら、調理の目的別に、そのサンプルをつくってみたので紹介しよう!きちんと調理派から湯沸かしオンリーまで。

きちんと調理派から湯沸かしオンリーまで。

クッカー内に調理に使うストーブ本体、燃料缶、スプーンやフォーク、レードル等のカトラリーをすっきりと収納することを、「スタッキング」という。
ソロ用クッカーの基本は、深型と呼ばれる縦に長い鍋。フリーズドライ食品やお茶やコーヒーを飲むための湯を沸かし、インスタントラーメンもつくれる。小型缶と呼ばれる、もっとも小さなガス缶をぴったり収められるよう、その直径は11㎝ほど。いっしょに小型の一体型ストーブも収納できる。

鍋の容量は約700㎖。ラーメンに必要な湯量が500㎖、フリーズドライのごはんやスープは約160㎖。つまり1食に必要な湯を一度に沸かせ、小型缶を合わせても約500g以下と軽い!

軽さは二の次、しっかり調理をしたい人は、平べったい浅型クッカーを選ぼう。鍋、フライパン、蓋のセットが基本。作る食事に応じて、自分好みにセットを変えて山に持って行くのもアリだ。浅型クッカーによっては一体型ストーブと小型缶をいっしょに収納できる。しかし今回はクッカーを載せた際の安定感に優れる分離型ストーブを組み合わせて、調理のしやすさを優先してスタッキングした。

食事はフリーズドライ食品やアルファ米中心で、湯沸かしのみの使用ならば、軽さを重視してアルコールストーブとチタン製ULクッカーを組み合わせるのも手だ。
手持ちの道具や山行スタイルに合わせ、ここで紹介した組み合わせをヒントにし、自分好みで美しいスタッキングを見つけてほしい。

スノーピーク/ヤエンストーブ レギ

重量:236g / ゴトク径:φ18cm
収納サイズ:7×12.6×5.9cm
(バーナーユニット)、
2.1×13.6×2.5cm
(器具栓ユニット)
最大出力:2,900kcal/h
問い合わせ先/スノーピーク

分離型ストーブと燃料缶を収納。しっかり料理派はコレに決まり!

トランギア/ツンドラ3ミニブラックバージョン

容量1ℓの鍋がふたつ、フライパン、蓋、鍋つかみ用のハンドルのセット。アルミ製で、鍋、フライパンともに焦付き防止の加工が施される。ソロ用として十分なセットに、分離型ストーブ並の低重心が特徴のスノーピークのレギ、小型缶、カトラリー、レードルも収納。煮る、焼く、蒸す、揚げる、どんな調理もでき、ぜいたくな山の食事に期待が膨らむ。

収納サイズ:φ15×8.7cm
問い合わせ先/イワタニ・プリムス

深型でも大小クッカーセットなら、高さがあるので分離型も収納可能

プリムス/イージークック・ソロセットS

深型クッカーも熱伝導率のよいアルミ製で蓋部分も小鍋となれば、ソロでの食事なら十分に調理ができる。また小鍋はフライパンや食器、カップ等、工夫次第で用途は幅広い。収納時には高さが出るので、一体型ストーブより大きな分離型も収められる。一体型ストーブを使うなら小型缶も入り、スタッキングもアイデア次第。このクッカーはコスパも魅力。

収納サイズ:φ11×12.8cm
問い合わせ先/イワタニ・プリムス

 

プリムス/ウルトラ・スパイダーストーブⅡ

重量:167g
ゴトク径:大φ16.8cm/小11.8cm
収納サイズ:9.3×10×3.5cm
最大出力:3,000kcal/h
問い合わせ先/イワタニ・プリムス

分離型ストーブもすっきり収納。パック内でも収まりがいい角形

ユニフレーム/山クッカー 角型 3

軽量コンパクト分離型ストーブの代表、ウルトラ・スパイダーとカトラリーがぴったり収まる。コンパクトながら、1ℓ、0.6ℓの大小鍋とそれぞれの蓋、焦付き防止加工されたフライパンのセット。四角い袋麺を割らずに煮られる角形クッカーは、パック内での収まりもよく、角を使って湯を注ぐのもラク。大鍋のみなら小型缶と一体型ストーブを収納可能。

重量:449g
収納サイズ:14×14.7×8.8cm
問い合わせ先/新越ワークス

SOTO/レギュレーターストーブST-310

ゴトク径:大φ13cm
収納サイズ:14×7×11cm
最大出力:2500kcal/h
問い合わせ先/新富士バーナー

深さのあるフライパン+蓋は調理万能&収納力も抜群!

エバニュー/アルミフライパンラウンド #18・アルミフライパン蓋 #18

OD缶にくらべてコスパのよいカセットガスを燃料としたST-310。低重心で寒さにも強く便利なストーブなのだけれど、収納サイズが大きい。右上のツンドラ3ミニにも収まるが、アイデア、経験を駆使すればいろいろな調理ができるのが深型フライパンのおもしろさと考えスタッキングした。別売りの皿にもなる蓋でワンプレートご飯を完成させよう!

サイズ:フライパン内径18×深さ6cm/蓋19.5×1.5cm
問い合わせ先/エバニュー

EPI/REVO-3700ストーブ

ゴトク径:大φ15.2cm
収納サイズ:8.9×5.2×5.4cm
最大出力:4,200kcal/h
問い合わせ先/ユニバーサルトレーディング

シンプルさを求めるハイカーにボトルにもなるチタン製ポット

バーゴ/チタニウムボット700

湯沸かしするポットと水筒としても使えるボトル機能を併せ持つことから商品名は「ボット」。チタン製のUL系アイテムで超軽量。アルコールストーブと使うのが定番だが、小型缶と一体型ストーブを収納できる容量0.7ℓの絶妙な収納性を活かしたい。高火力、耐風性にすぐれたREVO-3700 と合わせた総重量は、燃料缶も含めて421g。

サイズ:10.5×12.2cm
問い合わせ先/ケンコー社

コンパクトでカップ付きスタッキングのお悩み無用!

MSR/トレイルミニソロクックセット

自分好みのスタッキングを探すのもよいが、メーカーが工夫を凝らしたクッカーセットを使うのだって問題はない。このアルミ製深型クッカーは、上部に断熱グリップ、下部にポリプロピレン製カップを装備し、小型缶、一体型ストーブを収納可能。0.75ℓの容量で、クッカーを持ってラーメンを食べ、付属のカップでお茶も楽しめる。

重量:182g
収納サイズ:φ12×11cm
問い合わせ先/モチヅキ

バーゴ/チタニウムコンバーターストーブ、ヘキサゴンウッドストーブ

ゴトク径:φ10.7cm
収納サイズ:φ6.1×2.2cm(コンバーターストーブ部)、5×6.1cm(ゴトク)、φ14.5×0.7cm(ウッドストーブ)
問い合わせ先/ケンコー社

フリーズドライやリフィル麺ならケトル&アルコールストーブで

GSI/ハルライト ケトリスト

ロングトレイルハイカーのリクエストに応じてできたというケトルとポリプロピレン製マグ、断熱フォーム付きマグ、蓋、柄が伸縮する先割れスプーンのセット。一体型ストーブ、または小型缶のどちらかをマグ類といっしょに収納可能。しかしここではネイチャーストーブを風防にしたアルコール&固形燃料ストーブと合わせて、ワイルドさを狙ってみた。

収納サイズ:φ15.3×8.5cm
問い合わせ先/エイアンドエフ

インスタント麺にぴったりの容量。カップと皿をプラスしても118g

エバニュー/Ti570Cup・チタンカップ400 FDRED・マルチディッシュ

インスタントラーメンをぴったり作れる570㎖容量のチタン製カップに、 別売の400㎖のカップ、その蓋にも皿にもなるマルチディッシュをスタッキング。UL系の定番カップで、アルファ米しか食べないならチタンカップ400 のみでもOK ! Ti570 カップ用の蓋も別売りでラインナップ。ともに小型缶は入らないが、一体型ストーブのみ収納は可能だ。

収納サイズ:12×6.1cm
問い合わせ先/エバニュー

カトラリーは折り畳めるとスタッキングしやすい!

クッカーを問わず、スタッキングに重宝するのが折り畳み式のカトラリー。カラカトは先端が樹脂製でコーティングにやさしい。レードルはひとり鍋に◎。

ユニフレーム/カラカト

重量:1本13g

 

ユニフレーム/トレイル レードルTi

問い合わせ先/新越ワークス ユニフレーム事業部

あると便利な保温袋は燃料缶の収納ケースに

深型クッカー、フリーズドライ食品の袋を包み保温する断熱ポーチ。クッカーのハンドルを出せるスリットも備わる。収納時にはクッカーや燃料缶の保護ケースに使える便利アイテムだ。

オプティマス/ヒートポーチ

問い合わせ先/スター商事

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load