BRAND

  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

コンビニおにぎり早変わりレシピ|小雀陣二の山グルメ

山の気温が下がってくると、食事は美味しく、でもささっと済ませてしまいたいところ。おにぎりを食材として考えれば、調理の手間が一気に短縮されます。

文◉小雀陣二 Text by Junji Kosuzume
写真◉亀田正人 Photo by Masato Kameda
出典◉PEAKS 2020年1月号 No.122

ご飯+食材と考えよう

そのまま食べても十分美味しいが、ここではおにぎりを「食材」として捉えてみよう。すでに炊き上がったご飯+味付き具材と考えれば、かなり便利な食材であることがわかるはずだ。ご飯を炊く手間はないし、各種調味料を用意する必要もない。しかも、24時間いつでもコンビニで手に入るのだ。今回は鮭を使ったが、明太子や鶏そぼろなど、具材次第でアレンジは何倍にも広がる。ひとり暮らしの方は、まず自宅でも試してみてほしい。

鮭とトウモロコシのご飯【初級】

鮭の塩味とトウモロコシの甘みが絶妙なバランスを生む混ぜご飯。

調理時間:13分

使用する水の量:30ml

食材の重さ:240g

材料(1人分)

・鮭オニギリ……2個
・スイートコーン……1袋
・乾燥ワケギ……1袋
・塩……好みで
・白コショウ……好みで

作り方

【1】おにぎりの海苔を剥がし、具の鮭を取り出す。

【2】具を鍋に入れて崩し、トウモロコシと水を加えて、弱火で2分ほど温める。

【3】ご飯も加え、ほぐしながら混ぜる。乾燥ワケギも入れて、かき混ぜ、味見をして必要なら塩、コショウを振る。

POINT:ご飯と具材は別々に調理する

チャーハンや混ぜご飯を作るのならば、まずはおにぎりの具だけを先に取り出し、温めるように炒めるのがポイント。ご飯は具材に火が通ってから加えて仕上げる、この手順を踏めば鍋に焦げ付く心配が少なく、調理後の手入れも簡単になる。

ふわふわ卵鮭雑炊【初級】

とっても簡単でごめんなさい! 卵がおにぎりを味変させる引き立て役です。

調理時間:10分

使用する水の量:150ml

食材の重さ:140g

材料(1人分)

・鮭オニギリ……1個
・卵……1個
・シメジ……5g
・長ネギ……5cm
・カツオ出汁顆粒……適量

作り方

【1】長ネギを刻み、シメジを小分けにする。

【2】おにぎりの海苔を剥がし、具の鮭を取り出す。具を鍋に入れて崩し、野菜、ご飯、水を入れて中火で煮込む。味見をしながら、カツオ出汁を少しずつ入れて味を決める。

【3】いったん火を止めて、溶いた卵を流し入れる。弱火にかけ、卵だけをゆっくりかき混ぜてほどよく仕上げる。

POINT:卵は火を止めてから調理する

具材とご飯を煮込んで溶いた卵を入れるだけでも、雑炊はおいしい。けれど、今回は、いったん火を止め、ご飯と具材を脇に寄せ、溶いた卵を脇に流し入れてみた。こうすることによって、より卵を感じられ、お好みで全体に絡ませながら食べられるのだ。

鮭のガパオライス【中級】

食材と調味料の組み合わせ次第であっという間にアジアンな仕上がりに。

調理時間:10分

使用する水の量:50ml

食材の重さ:280g

材料(1人分)

・鮭オニギリ……2個
・タマネギ……1/4個
・シシトウ……2本
・鷹の爪……1本
・オイスターソース……5ml
・ナンプラー……5ml
・砂糖……小さじ1

作り方

【1】おにぎりの海苔を剥がし、具の鮭を取り出す。タマネギを刻む。

【2】具を鍋に入れて崩し、刻んだタマネギ、水、鷹の爪を加え、中火で2分ほど煮込む。

【3】オイスターソースとナンプラー、砂糖を加え、1分ほどさらに煮て、最後に刻んだシシトウを加える。器に入れたご飯にかけて出来上がり。

POINT:使う分だけ出発前に混ぜておく

オイスターソースとナンプラーはあらかじめ混ぜてひとつの容器に入れていくと便利。しかし、細かな味の調整ができなくなるデメリットもある。より料理を楽しみなたいなら、それぞれ小分けで持つのがおすすめ。目玉焼きを足すとさらに本格的な味になる。

小雀陣二(こすずめじゅんじ)

アウトドアコーディネーター。野外での料理が楽しくなる簡単で美味しいレシピを考案し、キャンプを快適にするための道具作りにも関わる。『キャンプ料理の王様』(エイ出版社刊)が好評発売中!

Info

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load