BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

機能性とサステナビリティを両立した ポーラテック“新”パワーシールド.

**********
好評発売中「PEAKS 2024年1月号(No.163)」より、誌面記事の一部をご紹介します!
**********

エコ・エンジニアリングのスローガンのもと、持続可能なモノづくりを推進するポーラテックは植物由来の防水透湿メンブレンを開発し、「パワーシールド」を一新。
この新素材の発表に合わせて、PEAKS×ポーラテックのコラボレーションが実現した。

編集◉PEAKS編集部
文◉伊藤俊明
写真◉熊原美惠(製品)、宇佐美博之(インタビュー)

メンブレンを一新。生まれ変わったポーラテックのパワーシールド

ポーラテックのパワーシールドが生まれ変わった。メンブレンを一新してハードシェルにも対応できるスペックへと大幅に向上した。名前こそ同じだが、まるで別物。今後に注目したい防水透湿メンブレンの新たな選択肢だ。

すでに定評ある素材を改良したのは、サステナビリティを高めるため。新しいメンブレンは48%が植物由来のナイロンでできている。バイオベースのこのナイロンは「バイオロン」と名付けられた。ポーラテックのすべての事業を統括する責任者のエリック・ユンさんはこう説明する。

「私たちは機能と同じようにサステナビリティを重要視しています。旧来のPUメンブレンは機能的には優れていましたが、環境にとってプラスになることはありませんでした。新しいバイオロンはトウゴマからできているのでリソースの上限を意識する必要がありません。さらに通常の66ナイロンと比較して、製造時のCO2排出量を半分に減らすことができました。それでいて、ポーラテックでは初めて2万ミリという耐水圧を実現しています」

 

開発アドバイザーに中島健郎さんを迎えた「KENRO P.S. ANORAK」

注目の新素材をいち早く採用したのは、小誌が立ち上げた「マウンテンギアラボラトリー」だ。製品第一弾はケンロウPSアノラック。PEAKS前編集長の朝比奈耕太がプロデュースした。

「防水透湿性もそうですが、しなやかでストレッチ性が高いところに注目しました。めざしたのは、天気が崩れなければ一着で行動できるミドルレイヤーとアウターの中間のようなウエアです」

開発のアドバイザーにクライマーの中島健郎さんを迎えた。
「ジャージみたいに動きやすいものが欲しいって話したんです。希望どおりのものになりました」

防水の生地だが、着心地が硬くなるのを避けるために縫い目のシーム処理はしていない。タイトだが動きやすく、完全防水ではないがそれなりのプロテクション性も備えるウエア。言葉にするとわかりにくいが、中島さんは好印象をもったようだ。

「薄手ですが風を防いでくれるので意外と保温力があるなと思いました。雨は、ちょっとパラつく程度ならまったく問題なしです。まだトレッキングレベルで歩いただけですが、マルチピッチのクライミングなんかで使ってみたいですね」

これまでのPUメンブレンは多孔膜で通気性をもっていたが、バイオロンで作る新しいメンブレンは無孔膜となる。この違いについて、エスシーティージャパンの藤田さんが補足してくれた。

「新しいメンブレンは無孔膜になったので通気ではなく透湿です。透湿値は2万ミリで、通気しないのでヌケる感じは少ないかもしれませんが、逆に保温性は感じられると思います。もうひとつメリットがあって、ストレッチしますがポリウレタンは使っていないので劣化もしにくいはずです」

欧米ではすでに、この新しいパワーシールドを使ったハードシェルの開発も始まっているらしい。

▲石井スポーツ所属 クライマー・山岳カメラマン/中島健郎 「9月の北アルプスのパラついた雨のなかでも快適でしたね」
▲ミリケン&カンパニー副社長兼ポーラテックマネージング ディレクター/エリック・ユン「ベースレイヤーとこれで 多くのアクティビティに 対応でき、モノが減らせる」
▲PEAKSエグゼクティブプロデューサー/朝比奈耕太「ユーザーと素材メーカーの 繋がりの一助となるよう ギアブランドを立ち上げた」
▲エスシーティージャパン専務取締役/藤田 学「耐水圧性能は従来の倍。 ストレッチ性も高いので 幅広い使い方ができる」

 

シンプルなデザインのなかに細かい工夫を盛り込んだ一着。

[MOUNTAIN GEAR LABORATORY]KENRO P.S. ANORAK

価格 ¥35,200
サイズ XS、S、M、L
カラー ブラック

2023年11月20日12時発売!「KENRO P.S. ANORAK」ご購入はこちら

※11/17~11/20までPEAKSのサブスクリプションサービス「PEAKS Mountain Holic」会員様を含むFUN BOX会員先行販売を行っています。

▲袖にはベルクロを使わず、バインダーですっきり。
▲脇下にはジャージをラ ミネートしたパネル。重ね着や腕を上げるときも動きやすい。
▲ファスナーはご わつかない細い番手のもの。ポケットは胸にひとつ。内側をメッシュにしている。

 

【速報】海外取材中の中島健郎さんからコメントが届きました!

「11月のネパールの日中は日差しが強くて暑いが、曇ったり風が吹いたりすると体感温度は直ぐに10℃近く変わる。晴れていて暑いと思っていたら雪がちらつくなど、急変する天候下でもこのウエアは幅広く対応してくれました。しなやかで動きやすく、丈夫なので長期の山行でも安心して使えました。」

▲Sサイズを着用。※着用は最終サンプルモデル

2023年11月20日12時発売!「KENRO P.S. ANORAK」ご購入はこちら

※11/17~11/20までPEAKSのサブスクリプションサービス「PEAKS Mountain Holic」会員様を含むFUN BOX会員先行販売を行っています。

 

【キャンペーン】ポーラテック素材使用のウエアを特別展開!

石井スポーツ登山本店と、さかいやスポーツウェア館にて、ポーラテック素材採用のウエアを特別に展示・販売する。展示開催期間中、ポーラテック素材採用ウエアの購入者には、同社素材で作られたオリジナルグローブを先着20名にプレゼント!

SHOP Info

石井スポーツ 登山本店

東京都千代田区神田神保町1-6-1
営業時間:10:00 ~ 20:30(年中無休)
TEL.03-3295-0622

さかいやスポーツウェア館

東京都千代田区神保町2-48
営業時間:11:00 ~ 20:00(元旦を除き年中無休)
TEL.03-3626-0432

 

企画協力◉エスシーティージャパン
TEL.03-5436-6380
http://www.challenge-21c.co.jp/

※この記事はPEAKS[2023年11月号 No.162]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

**********

 

Info

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load