BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

茨城県北ロングトレイルが、この春延伸!〜里山文化をつないで歩く旅〜

山好き、旅好きが憧れるロングトレイル。 日帰りでも気軽に歩けるコースでのんびり旅をする。新しくできあがっていく道のおもしろさと、マイペースにつないで気ままに歩くその魅力を体験してきました。

旅をしたのは、中島英摩さん

季節を問わず一年中、山に通うアウトドアライター。とにかく長くたくさんの景色を見るのが好きで、国内だけでなく海外のロングトレイルを旅する。食と酒も欠かせない食いしんぼう。

一気に歩いても、何回かに分けてもていい。
そうやって点と点をつないでいく。

いつからかロングトレイルが大好きになった。その魅力は、旅らしさだと思う。ロングトレイルは登山道や林道、古道などをつなぎ合わせた距離の長い自然歩道のこと。ピークハントもいいけれど、宿泊しながら土地の自然や文化、地域の人とのふれあいを楽しむ「旅感」が好きなのだ。どっち向きに 歩いても良いし、寄り道しても良いし、一気に歩いても一部だけを何回かに分けて歩いたっていい。そうやって点と点をつないでいく。

日本で新しいロングトレイルの計画が進められている。その名も茨城県北ロングトレイル。地図を見てもピンとこない。ほとんど知らないエリアだ。そのなかに「おかめ山」というキュートな山を発見。よし、ここに決めた!日帰りハイキングは、当日電車で向かうと登り始めが遅くなり、焦って歩くことになる。 ましてや初めての場所。そんなときは前泊がいい。車窓から田舎の風景を眺める電車旅も、温泉も、グルメも満喫できる。

温泉で温まりたっぷり寝た朝は早朝出発。長い舗装路をてくてく歩く。なかなかの急勾配で息を切らし、充分すぎるほどのウォーミングアップ。

やっとトレイルに足を踏み入れると、視界が開けたダート道を経ておかめ山の看板を辿っていく。地元では逆側から登る人が多いようで、あまり歩かれていない道は柔らかくふかふかの絨毯のよう。しばらくすると茨城県北ロングトレイルのマーキングテープを発見!テープを見落とさないように地図と照らし合わせつつ導かれるままにトレイルを辿る。その道はまさに「開拓」そのもの。

細い道をトラバースしたり、木の間をすり抜けるように歩いたり。こうやって人の手で整備が行われて登山道ができていくんだなぁ。

「あれ?まさか、ここ?」

大きな岩のほうにテープが付いている。手も使ってよじ登ってみると、一気に視界が開けた。目の前からはるか遠くまで、山、山、山。小さな里山にまさかこんなにも眺めがいいところがあるなんて!

おかめ山に向かう尾根筋はやや切り立っていて、 高度感もある。木々の間からのぞく 眺望があともうひと息、と背中を押してくれた。ふたりほどがようやく座れるくらいの小さな山頂には、かわいい手書きの看板がちょこんとかかっていた。もうすでに達成感たっぷり。

冬は葉が落ち、静かで見晴らしがいい。でももうすぐ春になれば、 きっとこの景色も新緑でいっぱいになるのだろう。すぐ近くにもうひとつピークがあった。なるほど、おかめ山は双耳峰(西峰・東峰)のふたつの山頂があり、それがおかめのぷっくりふくれた頬に例えられたらしい。

再びちょっとスリリングな岩場を抜けて、ズンズンとゴールを目指す。民家の裏庭かなと思うような生活感たっぷりの赤岩集落のトレイル を抜け、最後は赤岩展望台へ寄り道。このあたりの一大名所でありゴール地点の、竜神大吊橋を見下ろすこと のできる秘密のスポットなのだ。

さて、歩き終わったらもちろん待っているのはご褒美タイム。常陸太田駅まで戻って腹ごしらえ。じつは常陸太田は江戸時代から親しまれてきたそば処。昔ながらの手打ちそばは芳醇な香りでのどごしつるし。疲れた体に吸い込まれていくようにペロリとたいらげた。

かわいらしい名前につられて目指 したおかめ山は、思いのほか登り応えたっぷり、眺めもばっちりで、「続き」が見たくなった。今回歩いたのは全ルートのうちのほんの少しだけど、道はまだまだ続く。しかも未完成。これから少しずつできあがっていくらしい。それなら、開通したところから少しずつ歩くことができる。超スローペースでも、全線開通するころには全線踏破できちゃっているかもしれない。

旅のお立ち寄りスポット

▲地元の銘菓を行動食に!
行動食もせっかくなら地元の名産品を買って楽しもう。竜神峡にある水府物産センターにはさまざまな土産物が手に入る。食事処やお手洗いもあり、前日の観光にもちょうどいい。

水府物産センター
住所:茨城県常陸太田市天下野町2133-6
電話:0294-87-0375
営業時間:売店8:30〜17:00、レストラン10:00〜14:30
定休日:
無休

▲旅の拠点に、体と心を癒して
宿泊施設を備えた露天風呂やサウナがある大自然のなかの温浴施設。ほっこり気分で過ごせる和室の窓から は山々が見える。常陸太田駅や竜神大吊橋からバスでアクセスできる。

竜っちゃん乃湯
住所:茨城県常陸太田市天下野町1629
電話:0294-87-0543
営業時間:入浴10:00〜20:00(受付19:00まで)、食事10:00〜19:00、宿泊チェックイン15:00・チェックアウト翌日10:00
料金:入浴/大人(中学生以上)¥840(16:00以降は¥520)、宿泊/大人¥10,450 (1泊2食付、2名様以上から)
定休日:水曜

▲常陸太田で人気の手打ちそば
そばファンがわざわざ足を運ぶ常陸太田。SOVA TEA 越路では、越路セットがおすすめ。コシがあって香り豊かなせいろそばや天ぷら、小鉢もおいしい。

SOVA TEA 越路
住所:茨城県常陸太田市稲木町1395-4
電話:0294-72-2333
営業時間:11:00〜15:00
定休日:月・第4火曜(
月曜が祝日の場合、翌日休業)

▲下山後の疲れを癒そう
帰りに汗を流すなら、JR常陸太田駅から徒歩約10分の太田温泉やまぶきの湯。地下 1,351mから湧出する天然水はナトリウムを含んだ塩化物強塩泉。湯上がりは肌がすべすべに。

太田温泉やまぶきの湯
住所:茨城県常陸太田市稲木町33
電話:
0294-72-2111
営業時間:
10:00〜20:00
料金:
大人¥620(17:00以降は¥520)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、
年末年始(12月28日〜1月4日)

今回歩いたのは、尾根歩きと岩場が楽しいおかめ山

コースタイム:約3時間30分

ルート:今回歩いたのは本丸バス停から直接おかめ山を目指すルート。林道割石線分岐をすぎたあたりから茨城県北 ロングトレイルとぶつかる。地図と黄色いテープを確認して歩こう。

アクセス:竜ちゃん乃湯から本丸バス停まで徒歩15分。バス停からロードが長いため、タクシー利用がおすすめ。帰路は竜神大吊橋入口バス停バスから常陸太田駅行き。

茨城県北ロングトレイルってどんなところ?

6つの里山エリアの自然と文化を楽しめる
茨城県北ロングトレイルは、日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町という6つの市町にまたがる里山をめぐる周回コース。それぞれの地元で長年大切にされてきた豊かな自然や里、食、温泉などを満喫しながら各エリアをつなぐように歩くことができる。構想から5年、地元の方々やボランティアの力で少しずつ整備が進められ、現在、部分開通しており日々延伸中。全エリア開通すれば、全長約320kmとなる壮大なプロジェクトだ。

茨城県北ロングトレイル
コースマップはこちらから

いっしょにトレイルを整備してみませんか?

茨城県北ロングトレイルをいっしょに整備してくれる仲間を募集中。 特別な資格は必要なく、自然を愛し守りたい人たちが集まって活動しています!


協力隊の詳細・
募集はこちらから

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load