BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

年4回のプログラム!自然の楽しみ方を見つめ直す「Garden School」をタイニーガーデン蓼科が開催

八ヶ岳のふもと、標高1,250mに位置する宿泊施設「タイニーガーデン 蓼科」を舞台に、自然との向き合い方を学ぶプログラム「Garden School 2022」が開催されます。

開催されるプログラムは年4回。おもな内容は、10年、20年先の景観を一緒につくる樹木管理クラス、この土地で育ち働く人々の現場を訪ねるフィールドワーク、焚き火を囲んで学びや思いをシェアする時間、の3つ。

山を歩いていたり、キャンプを楽しんでいるときのさまざまな場面で、ふと、自分の行動は自然に対して正しいものだろうか、と考えることがありませんか?

山や自然が好きだという気持ちを、いつまでも大切にしていきたいと思うならば、同時に、それらを楽しむフィールドをどう守っていくべきかを、考えることも大切になります。自分一人の行動は小さなものでも、そこから広がる新しいアイデアや、だれかの行動が、大きな一歩になることもあります。このプログラムに参加することは、そんな自然と人との関係を見つめ直す、きっかけになるものです。

今回のプログラムが誕生したきっかけや、登場する講師の方たちの紹介はこちらから↓
https://media.urban-research.jp/article/lifestyle-beauty/344903/

タイニーガーデン蓼科のキャンプサイトを取り囲む美しい白樺の木。白樺の皮は着火剤として利用できることが知られています。しかし、皮が剥がされることで木はダメージを受け、場合によっては枯れてしまう原因になることも。自然をフィールドにアウトドアを楽しむ一人ひとりが、正しい自然との関わり方を知り、持続可能なものにしていかなければなりません。

地域の自然を相手に引き継がれ、生み出された生きる知恵に触れながら、参加者ごとの自然との向き合い方を一緒に考えていきます。

宿泊するタイニーガーデン 蓼科では、地元食材をたっぷりと使った食事を。その土地ならではのさまざまな魅力に触れることで、「またここに来て、豊かな自然を楽しみたい」と思うことができます。

その気持ちがめぐり、自然のこと、アウトドアを楽しむことについて、考え、学びたいと思い続けることができる。気になる方はぜひ、参加してみてください!

Garden School 2022
期間:2022年6月~2023年1月(年4回/各回1泊2日)
春:6月10日(金)~11日(土)/夏:7月22日(金)~23日(土)/秋:9月30日(金)~10月1日(土)/冬1月27日(金)~28日(土)

メイン会場:タイニーガーデン 蓼科
https://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden/

定員:12名(最少催行人数6名)
年間参加費:14万円(単日参加4万円)
※料金に含まれるもの/タイニーガーデン 蓼科 宿泊費(キャビンコンフォート予定)、昼食代、夕食代、お弁当代(2日目)、温泉入浴代、各種体験代、保険代など

年間参加特典:1泊2日無料ペア宿泊券プレゼント
※繁忙日除外設定あり

申し込みはこちらから>>>

 

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load