アウトドアでヘルメットは必要? 必要じゃない?

クライミングは必須だとは思うけれど、トレッキングくらいならヘルメットは必要ないんじゃない? ……そんな声も聞こえてきそうです。

1200_CO_581

たしかにキャンプやトレッキングくらいのアクティビティなら、身の危険を感じるほどのことは、よほどでない限り、起きることはなさそう。でも、少し足をすべらせてしまったり、木や岩に頭をぶつけてしまったり。そんな小さなアクシデントと楽しさは、常に自然というフィールドにはセットなのです。

1200_CO_688

事実、滑落した人の3割ほどが、頭への衝撃によって命を落としているといいます。自己責任ではあるけれど、クライマーなどプロではない私たちは、しっかり自分の身は自分で守る、という心構えも必要では、と、山岳ガイドの池尻裕美さんは話します。

1200_CO_299

持つことで、フィールドもアクティビティも広がる

1200_CO_096

ヘルメットはまだアウトドアで遊ぶための「義務」ではありません。ただ、持っていれば「万が一」の確率を下げることはできる。それと、もうひとつ、「遊びの幅を広げることができる」という前向きな側面もあります。たとえばロープクライミングのようなハードなアクティビティでは、ヘルメットは必須。しっかりと安全基準をクリアした、登山用ヘルメットをつければ、チャレンジできるアクティビティの種類は増えていくのです。

1200_CO_136

恐怖心からではなく、安心して遊ぶために

ヘルメットは、ひとつの安全対策として持っておくということ。ひとつ持っていれば、あなたのアウトドアの世界はそれだけ、ぐんと広がります。

1200_CO_817

もっと広いフィールドへ、もっと知らない遊びを、もっと自分らしくアクティブに。
女性向けアウトドアブランド『ravina』が作るのは、ただのヘルメットではなく、そんな女性たちを応援する新しい提案。
山好きの女性が自分らしくいるためのヘルメット「FLUQUE(フルーク)」が女性たちをしなやかにサポートしてくれます。

1200_CO_669

【ravina担当から耳より情報】
商品はWEBから購入可能。いまなら、購入して使用した後でも180日間以内なら無償で返品できるキャンペーンを実施中とのこと。山で実際に使ってみて、その使い勝手を確かめられるから安心です!

【ravina公式サイト】
http://ravina.bz/
bnr500_600

(ヨシザワ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ランドネ TOPへ

No more pages to load