知名度は織田信長にも負けない!? 岐阜県の愛されキャラ「ミナモ」って何モノだ?

栄枯盛衰が激しいゆるキャラ界において、地道な活動で着々と知名度を上げているご当地キャラがいる。それが、岐阜県の公式キャラクター「ミナモ」だ。2008年6月に「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会」(2012年開催)の大会キャラクターとして誕生。キラキラした川の水面(みなも)に住む妖精だから、名前は「ミナモ」。その後、岐阜県の公式キャラクターに就任(昇格!)し、今ではイベントや小学校・幼稚園訪問、メディア出演やPRキャラバンなど、活動スケジュールがほぼ毎日埋まるほどの超多忙な日々を送っている。

岐阜ゆかりの武将・信長公にも負けない(!?)

驚くべきは岐阜県内での知名度の高さ。調査によるとなんと98%(!)と、岐阜県ゆかりの戦国武将でもある織田信長と比べても、決してひけをとらないくらいの知名度を誇る。街を歩けば「ミナモ~」と声を掛けられ、一緒に記念写真をパシャリ。道行く人と笑顔でハイタッチを交わすのは恒例のようだ。愛らしい見た目と、キュートな仕草にミナモのまわりは自然と笑顔が生まれてくる。この光景を見れば、県民にとても愛されているキャラクターだということがよく分かる。

ミナモ|知名度は織田信長にも負けない!? 岐阜県の愛されキャラ「ミナモ」って何モノだ?

いろんなことにチャレンジ! ミナモが愛される理由

そしてミナモはとにかく好奇心が旺盛で、いろいろなことにチャレンジしている。その様子は動画サイトyoutubeで公開されているので、ぜひ一度のぞいてみてほしい。例えば、ご当地キャラで初(!?)となる標高3020mの飛騨乗越の登頂に挑戦したり、岐阜県内全42市町村を訪ねる旅に出たり、子どもたちに大人気のミナモダンスをキレッキレで踊ったり、とにかく活動的で見ていて面白い。

↓ご当地キャラ初(!?)飛騨乗越に挑戦

↓岐阜県内42市町村を制覇!

↓岐阜っ子ならみんな踊れるミナモダンス

↓水の妖精 ミナモの水あそび!

↓激流を下るラフティングにも挑戦

↓お笑いコンビ流れ星ともステージ共演

あのサブカルの聖地へ? 関ヶ原で天下分け目の合戦に? ミナモの活躍は続く

ミナモ|知名度は織田信長にも負けない!? 岐阜県の愛されキャラ「ミナモ」って何モノだ?
これだけいろいろチャレンジしているのに、まだまだミナモの挑戦は続くという。その一部をご紹介すると……

・ミナモの新曲プロジェクト進行中!
・東京のあのサブカルチャーの街にミナモと「清流の国ぎふ」が出現!?
・岐阜のPRに一生懸命すぎるミナモ。二次元の異世界へ?!
・天下分け目の合戦の地「関ケ原」は岐阜県にあり! 関連イベントにはレアな甲冑姿のミナモが登場!!

これだけでも、チャレンジャーだな……と感心してしまうのだが、他にも続々と計画が進行中だとか。岐阜県の愛されご当地キャラ・ミナモの今後の活躍に注目してほしい。

ミナモが活躍する様子は「ミナモTV」でチェック!

ミナモオフィシャルサイト「ミナモTV」|知名度は織田信長にも負けない!? 岐阜県の愛されキャラ「ミナモ」って何モノだ?

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ランドネ TOPへ

No more pages to load