関東から日帰りで行けるオススメ山&温泉旅

山に登った後に浸かる温泉は、また格別の喜び。これが楽しみでまた山に登りたい、という人もいるほどだ。紅葉の季節も到来し、いよいよ山登りをするのにいい時期になってきた。ということで、山に詳しい女性の皆さんに、関東から日帰りで行けるオススメ山&温泉を聞いてみた。タオルを携えていざ!

湖畔の景色も楽しめる 多峯主山(とうのすやま)・天覧山(てんらんざん)

アウトドアライター・山畑理絵さんおすすめは、埼玉県飯能市にあるのどかな里山と緑たっぷりの遊歩道を歩きながら、閑静な宮沢湖温泉へとつなぐルート。ふたつの山は標高200m前後ながらも見晴らしがよく、晴れていれば富士山やスカイツリーの姿も眺めることができる。現在、宮沢湖周辺は工事につき通行止めのため、ゴルフ場に沿った遊歩道を宮沢湖方面に歩き、温泉をめざす。
20161020_01_2
山頂には休憩ベンチがいくつかあり、ランチをするのにちょうどいい。奥武蔵、奥多摩方面の美しい山並みが見渡せる。

20161020_01_1
標高:271m(多峯主山)、197m(天覧山)
歩行時間:約3時間40分

【温泉DATA】宮沢湖温泉 喜楽里別邸
宮沢湖の湖畔沿いにある閑静な温泉施設。岩盤浴や仮眠室、展望デッキなどがある。浴衣の貸し出しもあり、リゾート気分でリラックスできる。
住所:埼玉県飯能市大字宮沢27-49
TEL:042-983-4126
営業時間:9:00~ 24:00(最終受付23:00)
入浴料:シンプルコース(平日)1000円、ゆったりコース(平日)1340円、他
http://www.yurakirari.com/kirari-net/miyazawako_top.html

子連れファミリーにも優しい 尾瀬ヶ原

好日山荘おとな女子登山部なっちゃんのおすすめは、尾瀬の魅力を一度に感じられるコース。「夏は多くの花々が咲き乱れ、秋は草紅葉と、いつ訪れても美しいです。とくに風がない日は湿原に映る“逆さ燧ヶ岳”の姿は圧巻で、一度は見てほしい風景。もし余裕があれば、見晴のカフェを訪れても」。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
風のない日にしか見られない、湿原に姿を現わす“逆さ燧ヶ岳”。その幻想的な風景と出合うことができたらラッキー。じっくりと堪能しよう。

20161020_01_3
標高:1400m
歩行時間:約5時間30分

【温泉DATA】花咲の湯
とてもきれいな施設でアメニティもあり、女性におすすめの温泉。お土産や地元野菜の販売があるのもうれしいポイント。
住所:群馬県利根郡片品村花咲1113
TEL:0278-20-7111
営業時間:10:00~21:00(冬季11~3月は、~20:00)
入浴料:5時間まで650円、5時間以上850円
定休日:第2・第4水曜(祝日の場合は営業)
http://www.hanasakunoyu.com

気軽さが魅力の高尾山

老若男女が気軽に登れる山として人気の高尾山。エディター兼ライターとして活躍する渡部恵さんのおすすめは、稲荷山を経て1号路で下るコース。「豊かな自然林の木立を、ゆったりと時間をかけて歩くと心身ともに満たされます。薬王院で御朱印を、そして高尾山駅前の茶屋でところてんをいただいたりと、のんびりする至福の時間。天気がよければ大好きなリフトで一気に下山することも」。
20161020_01_6
自然林が広く残るため、植物や動物、野鳥、昆虫も多く生息している。木漏れ日が心地よい登山道。

20161020_01_5
標高:599m
歩行時間:約3時間15分

【温泉DATA】京王高尾山温泉 / 極楽湯
高尾山口駅すぐだから気軽に立ち寄れる。檜風呂や炭酸風呂などユニークな湯がたくさん。食事処やうたた寝処もあり、至れり尽せり。
住所:東京都八王子市高尾町2229-7
TEL:042-663-4126
営業時間:8:00~23:00(最終入館受付22:00)
入浴料:1000円(シーズン料金1200円)
定休日:年中無休(臨時休館あり)
http://www.takaosan-onsen.jp

足湯なら丸原高原も◎

日光白根山ロープウェイ山頂駅にある「天空の足湯」は、標高2000m からの眺めが最高! 山頂駅を起点に登山をするなら、ぜひ帰りに立ち寄ってみて。
20161020_01_7
【温泉DATA】丸原高原 天空の足湯
住所:群馬県利根郡片品村東小川4658-58
TEL:0278-58-2211(丸原高原総合案内)
営業時間:9:00~16:00
休業期間:11月8日~5月下旬 ※天候などの理由による臨時休業あり
料金:無料(ロープウェイ運賃は必要)※タオルは売店で購入できる
http://www.marunuma.jp

(編集 M)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

ランドネ TOPへ

No more pages to load