BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

かんたん山ごはん #08 「韓国風みそ玉」で作るライスバーガー

持ち運びラクラクで、保存できる「みそ玉」は山ごはんにぴったり!今回は、「みそ玉」を具材として作る、絶品ライスバーガーの紹介です。主役になる「韓国風みそ玉」は、牛肉とゴボウが入ったピリ辛味!みそとなじませておくことで、肉も柔らかく仕上がります。生の肉が入っているので、持ち運ぶ際は高温を避け、みそ汁にするときは湯で溶くだけでなく、しっかりと煮て火を入れてくださいね。

「韓国風みそ玉」1個分の作り方

牛薄切り肉60g、ゴボウ(ささがき)10g、みそ小さじ1、コチュジャン小さじ1/2、砂糖小さじ1/2、煎りごま(白)適量をよく混ぜ、団子状にしてラップで包んで冷蔵保存する。

1みそは、日本人が昔から食べてきた発酵食品。女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」が豊富です。韓国のみそ“コチュジャン”もプラスしており、辛味成分・カプサイシンも含まれるので、脂肪燃焼、冷え防止などの効果がありますよ。

「韓国風みそ玉」で作る!ライスバーガー

材料(1人分)
韓国風みそ玉(上記)…1個
おにぎり(塩むすび)…2個
醤油…適量

●山歩きの前に
1.市販のおにぎり(塩むすび)を準備する。
2山へ向かう途中のコンビニでも入手できて便利です。

▲山で
2.塩むすびを丸く伸ばす。
3フライパンに塩むすび1個を出し、指やスプーンで押えて形を整えながら、丸く伸ばしてライスバーガーを作ります。

3.こんがりとしたら裏返す。
4フライパンには油を引かずにそのまま焼いてOKです。

4.醤油をひと回しかける。
5醤油をひと回しかけ、ライスバーガーのでき上がり!もうひとつも同様に焼く。

5.ライスバーガーで炒めたみそ玉をはさむ。
6みそ玉は肉に火が通るまで炒め、ライスバーガーではさみます。

できあがり!

7

とっても便利な「みそ玉」。冷蔵で3日、冷凍で1週間くらいもつため、常備しておくと重宝しますよ。前回、ご紹介した「エスニック風みそ玉」で作る鶏肉のフォー(写真左)も、ぜひチェックしてみてくださいね。

※本コーナーで紹介しているレシピは、「ランドネ 2017年7月号 No.89」P115で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

写真◎猪俣慎吾(KIPPIS)
文◎長嶺李砂
料理◎カノウヒナタ(KIPPIS)

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load