BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

バートンの最新アイテムで、冬のアウトドア旅の準備を!

澄んだ青い空に、雪化粧をした真っ白な山がくっきりと浮かびあがるようすは、冬ならではの景色。そんな一面“白の世界”の山での雪あそびは、夏山では味わえない、驚きと感動の連続です。スキー、スノーボード、スノーシューなど、降り積もった雪を堪能するための道具はさまざまで、自分のスタイルに合わせて選び、自分のペースで楽しむ。あそび疲れたあとに浸かる温泉が“至福”であることは、言うまでもありません!

“冬を満喫するアウトドア旅”の準備のためランドネスタッフが訪れたのは、原宿のキャットストリート沿いに建つショップ「バートン フラッグシップ東京」。バートンは、1977年にアメリカでスノーボードブランドとして誕生。長年にわたりスノーボーダーから愛され、板やブーツなどのギアが揃うのはもちろん、ウエアやバックパック、小物類のほか、最近ではキャンプブランドとコラボしたテントやチェアをラインナップするなど(ほかにはない個性的なデザインが魅力的!)、アウトドア好きなら知っておきたいブランドです。

1F、2Fの広々としたフロアには、最新ギアやウエア類がずらり。ウーメンズモデルも豊富にラインナップ! ゆっくりと時間をかけて、アイテム選びに没頭できます。
どんなウエアを選んだらいいか、悩むランドネ田中(スノーボード初心者)にアドバイスをしてくれた、スタッフの時光さん(スノーボード好きが高じてバートンに入社。お気に入りのフィールドは、湯沢や沼田エリア)。

(ランドネ田中)「1月末に、福島県の磐梯山にスノーボードをメインにしたアウトドア旅を計画しているのですが、どんなウエアがいいですか?」
(時光さん)「アウトドア旅、素敵ですね!“旅”なら、アウターは滑るときのほかに、移動中などにも着ることができるデザインのものを選ぶと、荷物を減らすこともできていいと思います。バートンのウエアも最近は、“街でも着用できる”ことを意識したデザインや、アースカラーのアイテムが増えてきていますよ」
(ランドネ田中)「せっかく買うなら、たくさん着回したいです!素材はどんなものがありますか?」
(時光さん)「防水透湿性素材のゴアテックスファブリクスを使用したものは、軽くて、ウエア内を快適に保つことができるのでおすすめです。インナーを調整することで、春先まで着ることができますよ。そのほかには、寒がりの方には中綿入りのものを。ご予算に応じたウエアを提案させていただきます!」

早速、ゴアテックス素材を採用したウエアを試着!旅先での町なじみもイメージしながら、一着ずつ吟味。身長154cmの田中には、XS~Sサイズが◎。

【バートンがおすすめするウエア3選】

おすすめウエア①

レトロな雰囲気のグラフィックデザインと、アースカラーの組み合わせが魅力的。お尻まですっぽり隠れるアウターのカッティングはうれしいポイント!伸縮性に優れるスリムフィットのパンツは、長め丈のアウターとの相性もよくすっきりとした印象に。カーゴポケットを搭載。ライナーには、体が温まっているときには吸汗性が加速し、冷えているときには熱を補うLiving Living®機能を採用。

●ウーメンズ バートン ゴアテックス アイリスジャケット
¥39,000
サイズ:XS~L
カラー:3色展開
●ウーメンズ バートン ゴアテックス グロリアパンツ
¥29,000
サイズ:XS~Ⅼ
カラー:5色展開

おすすめウエア②

マウンテンパーカのようなシンプルな印象のアウターと、ストレッチデニムを合わせた、大人女子にも似合うスタイル。町歩きにも着用できる細身デザインのパンツは伸縮性に優れ、ライディング時もストレスフリー。軽量なアウターとともにライナーにはLiving Living®を搭載。

●ウーメンズ バートン ゴアテックス カイロ シェルジャケット
¥32,000
サイズ:XS~L
カラー:4色展開
●ウーメンズ バートン ヴィダ ストレッチ デニムパンツ
¥27,000
サイズ:XS~L
カラー:ライトデニム

おすすめウエア③

より過酷な環境での使用を考え作られたバートンの中の【ak】シリーズ(アラスカの山にも耐えられるという意味!)。アウター全体に60gのプリマロフト(インサレーション)を配し、軽量かつ、温かくドライな着心地を提供。女性らしいカラーリングも魅力的!パンツは動きやすさを考慮したゴアテックスのストレッチ素材で、アウターとともに立体裁断フィットを採用。こまめな温度調整が可能なベンチレーションも完備。

●ウーメンズ バートン【ak】ゴアテックス2L エンバークジャケット
¥54,000
サイズ:XS~L
カラー:7色展開
●ウーメンズ バートン【ak】ゴアテックス サミットパンツ
¥40,000
サイズ:XS~L
カラー:7色展開

内側に、雪の侵入を防ぐためのウエストゲイターが完備しているのも、雪山に対応しているアウターの特徴。パンツとつなぐためのコード付き。
お尻まで隠れるコート丈のアウターは、日常着との相性もばっちり!
ベースレイヤー、ソックス、ネックウォーマー、ニット帽、グローブ、ゴーグルなどの小物類も揃えて、準備はOK!

(ランドネ田中)「時光さん、ありがとうございます!」
(時光さん)「田中さんは、スノーボードに初めてチャレンジするということで、もうひとつ紹介したいものがあるんです。スノーボードは、平地を移動するときや、リフトに乗るときに片足をバインディング(板にブーツを装着するための道具)から外しておくのですが、その着脱が慣れないうちはとても面倒で。それを解消できるのが、Step On®機能を搭載したバインディングです!」

(ランドネ田中)「ほかのバインディングとどう違うのですか?」
(時光さん)「一般的なバインディングは、ブーツを固定するためにストラップを締めます。そのストラップを締める作業に慣れていない初心者の人たちは、一度雪面に腰を下ろして装着をします。しっかりと固定ができたら立ち上がり、ようやく滑り出す。両足を固定したまま立ち上がるのも、最初のうちは難しかったりするんですよね。その手間がなく、立ったまま3ステップで簡単に装着できるのがStep On®です!」
(ランドネ田中)「ストラップが付いてない!でも、滑っているときに外れたりしないですか……?」
(時光さん)「大丈夫です!Step On®専用のブーツとバインディングを、カカト、つま先の両サイドの3点で固定することで、ストラップ付きのバインディングと変わらない機能と安全性を発揮してくれます」

【Step On®の装着方法】

①ウエアの裾が巻き込まれないよう、ブーツのヒール部分のクリップにはさみます

②バインディングのヒールカップに付いているリリースレバーが下がっていることを確認します。

▲ヒールクリート
▲ヒールバックル

③ ブーツのヒールクリートを、バインディングのヒールバックルに合わせてカカトを踏み込み、カチッと音がすれば固定OK。もう一度カカトを踏み込むと、再度カチッと音がします(2段階ロック)。2段階ロックをするとより安心です。

▲トウクリート
▲トウフック

④ ヒールがロックされたら、つま先を踏み込み、両サイドのトウクリートをトウフックに固定します。カチッと音がすればOK!装着完了です。バインディングからブーツを外す場合は、リリースレバーを上に引き、カカト、つま先の順番で取り外します。

日々進化をしながら、より快適なアウトドアライフを支えてくれるウエアや道具。自分に合ったアイテムを選ぶことも楽しみながら、この冬、雪を満喫するアウトドア旅へ出かけてみてはいかがでしょうか?

・バートン フラッグシップ東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-17-4 神宮前トーラスビル1F/2F
時間:11:00~20:00/不定休

・BURTON
電話:050 3196 5300
www.burton.com

2020年1月26日(日)、星野リゾート アルツ磐梯で冬を満喫するイベント、ランドネ山大学を開催します!スノーボードが初めて、という方も大歓迎です^^
詳細、申し込みはコチラから

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load