BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

アウトドア派のための信州松本街歩き・山歩きガイドvol.4【山歩き 上高地乗鞍高原編】

北アルプスの山々の登山口である上高地。北アルプスの南端にする乗鞍高原。松本市内にあるこのふたつの山岳リゾートを、松本発着で遊ぶ方法をお届けします。

 

▼他3本の記事はこちら▼
アウトドア派のための信州松本街歩き・山歩きガイドvol.1【街歩き 前編】
アウトドア派のための信州松本街歩き・山歩きガイドvol.2【街歩き 後編】
アウトドア派のための信州松本街歩き・山歩きガイドvol.3【山歩き 美ヶ原高原編】

※料金等は2020年3月31日現在のものとなります。
※新型コロナウイルスの影響で、休業・休館している可能性もありますので、ご利用前には店舗や施設へご確認いただきますようお願いいたします。

北アルプスの玄関口・上高地の楽しみ方は無限大

上高地周辺は、道が整備されていて勾配もほとんどないため歩きやすく、気軽にハイキングが楽しめます。透き通った水が流れる梓川、梓川沿いの神秘的な池や湿原、周囲にそびえる穂高連峰や焼岳など、絶景のオンパレード。公共交通機関でのアクセスに優れ、快適な宿泊施設や食事処も充実。アウトドアのデビューを飾るには、最適なフィールドなのです。

 

上高地へのアクセス

公共交通機関の場合・・・松本駅から上高地までは、アルピコ交通上高地線に乗って新島々駅まで行き、シャトルバスかタクシー(開通期間4 月中旬~ 11 月中旬)に乗り換えて上高地へ向かう方法が一般的。松本駅から新島々駅まで乗車時間は約30 分、新島々から上高地バスターミナルまで乗車時間は約1 時間かかる。本数限定だが、松本バスターミナルからの直通バスも便利。問:0263-92-2511(アルピコ交通 新島々営業所)

車の場合・・・上高地は通年で交通規制がかかっているため、沢渡地区の駐車場からアルピコ交通のシャトルバスかタクシー(開通期間4月中旬~ 11月中旬)に乗り換える必要がある。松本ICから沢渡までの距離は47㎞(約1時間)。沢渡からシャトルバスに乗る場合、上高地バスターミナルまで乗車時間は約25分かかる。ピーク時は駐車場が混雑するので、早めの到着を心がけよう。問:0263-92-2511(アルピコ交通 新島々営業所)

上高地発着の3つの山歩きプラン

▲プラン①池めぐりハイキング

9:37 大正池
松本駅を8時、新島々駅を8時30分に出発するアルピコ交通のシャトルバスに乗って大正池へ。バスを降りたらすぐ、美しい池が眼前に広がる。
10:00 田代池
大正池から20分ほど歩けば、田代池へ到着。透明度が高く、水中の植物を眺めることができる。水面に映り込む山々の景色も楽しんで。
10:20 河童橋
シャトルバスの終点からすぐ近く、梓川に架かる河童橋は上高地を象徴するスポット。ここでひと休憩。上高地スイーツで小腹を満たそう。
12:00 明神池
河童橋から梓川左岸道経由で約1時間10分。穂高神社奥宮の境内にあるふたつの池。一の池には桟橋があり、より深く自然に近づける。

13:30 上高地バスターミナル

 

上高地の歴史を感じるスポット

明治時代、上高地は英国人宣教師ウォルター・ウェストン氏とその山案内人の上條嘉門次氏によって広く知られるようになりました。今なお残っている嘉門次小屋(写真上)やウェストン碑(写真下)を訪ねて、ふたりの開拓者に思いを馳せてみては。

▲プラン②涸沢でキャンプ

とくに秋の紅葉シーズンには多くの登山客が訪れている、涸沢のキャンプ場。上高地から涸沢までは、往路6時間30分、復路5時間30分。涸沢カールの朝焼けなど、一泊しなければ出会えない絶景を見に、テントを背負って出かけましょう。

スケジュール
(1日目)
8 : 20 上高地バスターミナル
11 : 30 横尾山荘( 昼食)
15 : 00  涸沢キャンプ場( 宿泊)
(2日目)
7 : 00 涸沢キャンプ場
11 : 30 嘉門次小屋( 昼食)
13 : 10 上高地バスターミナル

▲プラン③槍ヶ岳登山

松本の街中からその尖った山頂が見える槍ヶ岳は、誰もが憧れる北アルプスの名峰。おすすめの歩き方は、上高地発着で槍沢ロッヂ、槍ヶ岳山荘で各1泊する2泊3日。山小屋に荷物を置いて山頂を目指しましょう。

スケジュール
(1日目)
8: 20 上高地バスターミナル
11 : 30 横尾山荘( 昼食)
13 : 40 槍沢ロッヂ( 宿泊)
(2日目)
6 : 30 槍沢ロッヂ
2 : 00 槍ヶ岳山荘( 昼食)
13 : 00 槍ヶ岳山頂
13 : 30 槍ヶ岳山荘( 宿泊)
(3日目)
6 : 00 槍ヶ岳山荘
12 : 00 徳澤園( 昼食)
14 : 30 上高地バスターミナル

上高地スイーツ・リスト

個性豊かなスイーツが集まっている上高地。最高のロケーションのなか、甘い時間を味わって。

信州完熟りんごのパイ【トワサンク(THEPARKLODGE上高地内)】
1ホールに信州産完熟ふじりんご6玉を使ったアップルパイ。りんご本来の甘みを活かした味わい。1 カット¥490。お土産用ホールアップルパイ¥2,380。

電話番号:0263-95-2221
営業期間:4月中旬~11月中旬
営業時間:8:00~16:00 ※季節により時間変更あり
https://troiscinq.jp

ジャンボモンブラン【ラ・ベルフォーレ テラス(上高地ホテル白樺荘内)】
店内やテラスから見える穂高連峰をモチーフに作られた、直径12㎝のビッグサイズのモンブラン。優しい甘みとなめらかな口当たりが特徴。¥1,680。

電話番号:0263-95-2131
営業期間:4月中旬~11月上旬
営業時間:9:30~15:00(ランチ11:00~14:00)
www.shirakabaso.com/restaurant/terrace

ソフトクリーム【みちくさ食堂(徳沢園内)】
上高地バスターミナルから約2時間のところにある山小屋、徳澤園の名物。ひと口で疲れを癒す、濃厚な味わいが特徴。テラス席でいただける。¥450。

電話番号:0263-95-2508
営業期間:4月下旬~11月上旬
営業時間:7:00~19:30
www.tokusawaen.com/dining.html

春夏秋冬、さまざまな外遊びができる乗鞍高原

乗鞍岳の中腹に広がる標高1,600mの乗鞍高原には、夏は避暑、冬はスノースポーツを目的に多くの人が訪れます。グリーンシーズンの目玉は、乗鞍高原周辺のハイキングや乗鞍岳のトレッキング。さらに、乗鞍BASEなどを利用すれば、キャンプやマウンテンバイクなど、この地を活かしたアクティビティを快適に楽しむことができます。

乗鞍高原へのアクセス
公共交通機関の場合・・・松本駅から乗鞍高原までは、アルピコ交通上高地線に乗って新島々駅まで行き、シャトルバスに乗り換えて乗鞍高原へ向かう方法が一般的。松本駅から新島々駅まで乗車時間は約30 分、新島々から乗鞍高原観光センターまで、乗車時間は約50 分かかる。白骨温泉までも、乗鞍高原観光センターからバスでアクセス可能。問:0263-92-2511(アルピコ交通 新島々営業所)

車の場合・・・乗鞍エコーラインの三本滝~乗鞍山頂間は、通年で交通規制がかかっている。山頂を目指す場合、乗鞍高原観光センターなどの駐車場からアルピコ交通のシャトルバスまたはタクシー(開通期間7~10月)に乗り換える必要がある。松本IC から乗鞍高原観光センターまでの距離は52㎞(約1 時間10 分)。乗鞍高原観光センターからシャトルバスに乗る場合、乗鞍山頂まで乗車時間は約50分かかる。問:0263-92-2511(アルピコ交通 新島々営業所)

▲プラン①星空キャンプ

夏、天気の良い日に乗鞍高原から見える天の川。山の稜線がシルエットになる
芝生のオートキャンプサイト。乗鞍岳を一望できる、開放的な空間が広がる

レンタルやサービスが充実したアウトドア施設「乗鞍BASE いがやレクリエーションランド」では、キャンプやマウンテンバイク、アスレチックなどのアウトドアアクティビティを気軽に楽しむことができます。

おすすめは、芝生のキャンプサイトでテント泊をする星空キャンプ。焚火・焼き台・網・鉄板がレンタルできて薪が使い放題の「焚火&グリルパック」を利用してBBQを存分に楽しんだあと、日が暮れたら星の展望台へ足を伸ばし、標高1600mの星空観察を満喫しましょう。

地元産の食材で外ごはんを楽しもう
乗鞍BASE では、焚火台、薪、グリルなどすべてレンタル可能

キャンプ+αで楽しもう!

乗鞍BASEでは、キャンプの空き時間に体験できる外遊びが充実。無料で遊べるアスレチック「キッズアドベンチャー」など、子ども連れのファミリーにうれしい遊具も。山の上で、時間を忘れて自然と戯れよう。

レンタルマウンテンバイク。ガイド付きのツアーもある
森の木々に設置されたアドベンチャーパーク

住所:松本市安曇3994-21
電話番号:0263-88-0300(9:00~17:00)
営業期間:4月中旬~11月上旬(受付9:00~16:00)
定休日:火曜(繁忙期は無休)
https://norikurabase.com

▲プラン②滝めぐりハイキング

冬に雪がたっぷりと降り、豊富な水を含む乗鞍高原。乗鞍高原観光センターを起点に、車やシャトルバスを活用しながら、周辺に点在する滝や池を鑑賞することができます。ゆっくり歩いても、約3時間ほどでまわることが可能。最後は温泉に入って汗を流しましょう。

8:52 乗鞍高原観光センター
乗鞍高原の拠点。食堂では地元グルメがいただける。2019年7月ジェラート&カフェ開店。

9:30 三本滝
バスに乗って約15分。水源が異なる3つの沢が流れ落ちる、ダイナミックな滝スポット。

11:00 善五郎の滝
子りすの径など森の中の遊歩道を繋いで歩き、落差21.5m、幅8m ある迫力満点の滝へ。

12:00 休暇村バスターミナル

▲プラン③乗鞍岳登山

国内にある3,000m峰のなかでも、乗鞍岳は登りやすい山のひとつ。シャトルバスで標高2,702m の畳平までアクセスでき、そこから標高3,026mの山頂の剣ヶ峰まで約1時間30分歩けばたどり着けます。ここでは、往路だけバスを利用し、復路は登山道を歩いて下るプランを紹介。山頂から、北アルプスの山々が見渡せます。

スケジュール
7 : 0 0  乗鞍高原観光センター
7 : 5 0  乗鞍山頂( 畳平)
8 : 4 0  摩利支天岳
9 : 5 0  剣ヶ峰
1 1 : 4 0  位ヶ原山荘( 昼食)
1 4 : 2 0  三本滝バスターミナル

乗鞍周辺の温泉宿・温泉施設

便利な日帰り温泉から快適な温泉宿まで。乗鞍エリアにある温泉スポットを紹介します。

湯けむり館(乗鞍温泉)

乗鞍高原内にある日帰り温泉施設。内湯と露天風呂がある。乳白色の単純硫黄温泉で、体の芯から温まる。休憩室には休憩室や売店もあり、風呂上がりもゆっくり滞在できる。

住所:松本市安曇乗鞍高原
電話番号:0263-93-2589
営業時間:9:30~21:00(受付20:00)
休館日:第3火曜または第4火曜
※12月上旬に休館日あり
利用料金:¥730(3歳~小学生¥310)
www.norikura.co.jp/yukemuri

せせらぎの湯(竜島温泉)

梓川のほとりに佇む日帰り温泉施設。内湯と露天風呂がある。筋肉痛や疲労回復に効果があり、お肌ツルツルになるアルカリ単純温泉。上高地と新島々の間にあるため、登山客も多い。

住所:松本市波田竜島3452
電話番号:0263-94-1126
営業時間:10:00~22:00(受付21:00)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
利用料金:¥520(小中学生¥260)
https://ryushima-onsen.jp

泡の湯(白骨温泉)

毎分1,730ℓという豊富な湯量が自慢の温泉旅館。混浴の大露天風呂が有名。そのほか、男女別の内湯と野天風呂がある。炭酸分が多く含まれた泉質。日帰り入浴利用も可能。

住所:松本市安曇4181
電話番号:0263-93-2101
営業時間: 10:30~13:30( 14:00退館)
休館日:不定休
宿泊料金:平日¥26,400~(1室2名利用、夕朝食付、1名)
利用料金(日帰り入浴):¥1,000(3歳~小学生¥500)
www.awanoyu-ryokan.com

白骨温泉公共野天風呂(白骨温泉)

白濁した弱酸性の泉質が特徴である「白骨温泉」の日帰り温泉施設。露天風呂のみ。温泉は源泉かけ流しで、湯に浸かりながら森林浴を楽しめるというロケーションの良さが魅力。

住所:松本市安曇4181
電話番号:0263-93-3251
開館期間:4月下旬~11月下旬
営業時間:10:00~16:00
休館日:なし
利用料金:¥520(子ども¥310)
www.shirahone.org

 

上高地、乗鞍高原の楽しみ方や周辺の観光スポットを紹介しました。他の記事で紹介しているスポットとも組み合わせて、松本をベースとした、充実した休日のプランを計画してみてくださいね。

 

▼他3本の記事はこちら▼
アウトドア派のための信州松本街歩き・山歩きガイドvol.1【街歩き 前編】
アウトドア派のための信州松本街歩き・山歩きガイドvol.2【街歩き 後編】
アウトドア派のための信州松本街歩き・山歩きガイドvol.3【山歩き 美ヶ原高原編】

 

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load