BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

あの名店のあの人が選ぶ!今月のいいmono Vol.5

個性あふれる商品セレクトと、地元に密着した情報を提供してくれることから多くの山好きに愛される名店。そのお店の人がおすすめするアイテムを紹介する連載です。

今回は、山形と東京に店をかまえる「ディッセンバー」。店主の菊地大二郎さんにおすすめアイテムを紹介してもらいました。

あの:OUTDOOR SHOP DECEMBER

▲ディッセンバーはオリジナルブランド商品を中心に、少し変わったセレクトでほかにないアイテムを揃えるアウトドア専門店。

 

あの:菊地大二郎さん

▲ディッセンバー山形店主。キャンプ、カヌー、フィッシング、ハンティングなど東北地方を中心に遊びつくす。オリジナル商品のデザインなども菊地さんが行なう。

 

今月のいいmono1:ダイス ユーティリティー
キッチンロールケース

¥5,500 カラー:4色展開

アイデアに満ちたキッチンアイテムの新定番

内側の丸棒部分にキッチンペーパーを取り付けることができる、斬新なアイデアが人気のアイテム。ロウ引きの帆布、牛革、天然の木など、自然素材で作られているので、ナチュラルな雰囲気でキャンプキッチンをコーディネートできます。収納力も高いので、本格的な調理道具もしっかり収まります。また、カラーは4 色展開で、好みの色から選べます。使い込むうちに味わいを増していくのも魅力なので、経年変化を楽しんでみてください。

道具を入れたままクルクル巻いて収納できるので、そのまま持ち運べて便利。キャンプ場についたら、サッと広げるだけでキッチンアイテムのセットが完了!

今月のいいmono2:くるみのカッティングボード

¥3,200

木の形を生かしたシンプルなカッティングボード

シンプルな形が魅力的なカッティングボードは、山形の木工作家、芦野さんの作品。刃あたりのいいクルミの木から作られた、木肌の部分を生かしたデザインで、一枚一枚、形や大きさ、表情が異なります。縦約25㎝×横約16㎝と手軽に使えるコンパクトサイズでありながら、しっかりと2 ㎝ほどの厚みがあるので料理好きにも満足の一品。もちろん、自宅での普段使いにも活躍してくれます。丁寧な手仕事で仕上げられた、自分だけの一枚をどうぞ。

今月のいいmono3:ユーコキャンドルランタン
ディセンバーオリジナル「シグナル」

¥7,900

“灯す”を楽しむカスタムランタン

キャンプで定番のユーコキャンドルランタンのグローブをレッドカラーに加工した、ディッセンバーのカスタムモデル。本体は、無塗装のアルミをセレクトして道具らしさを感じる雰囲気に。キャンドルランタンはもともと光量が少なく実用という点ではあまり優秀とはいえませんが、キャンプの夜を楽しむアイテムとしての雰囲気は最高です。「シグナル」の名のとおり、キャンプサイトでの目印として使うのもおすすめです。

ロゴはDYMOのアルミ製パンチングテープで刻印したもの。プロ用のアイテムを用いたことでいっそう、道具らしさを感じられる一台に。クラシックなイメージでレトロ感も◎

今月のいいmono4:キャリー ザ サン
ウォームライト ミディアム

¥3,800

優しい光の軽量LEDランタン

紙風船のように膨らませて使うことで、柔らかな光が広がるLED ランタン。明るさ重視のLED ランタンが多いなかで、このランタンの優しさは特別です。作業をするときには明るいランタンがありがたいですが、ベッドサイドなどではその明るさが気になるときも。テント内を心地よく照らしたいというときにおすすめです。さらに、太陽の光で充電できるうえに、軽量でぺちゃんこに畳めるという点もとてもハイテク。

黒い部分がソーラーパネル。日なたに置けば充電ができる。明るさは弱・中・強の3 段階。耐水性もあるので雨の日も使用OK。電池がいらないので非常用としても便利

今月のいいmono5:エムエスアール
ウインドバーナー パーソナルストーブシステム

¥26,000

圧倒的に風に強い!画期的なバーナーシステム

アウトドアで一番シンプルな調理はお湯を沸かすこと。そんな湯沸かしを効率よく行なうために開発されたこのシステム。これまでポット一体型のバーナーはありましたが、このシステムの最大の特徴は風に強い点。燃焼部分は閉じられた空間内にあり、風の影響を受けることがありません。かなりの強風でも確実に機能してくれます。道具としての確実性を優先し、自動点火装置があえて付いてないところもトラブル回避につながります。

今月のいいmono6:サーマレスト
ホンチョポンチョ

¥13,000 カラー:5色展開

一年を通して使えるあったかポンチョ

ポンチョほどさまざまなシーンに対応する衣類はないかもしれません。シンプルな構造ゆえの高い汎用性は、アウトドアで重宝します。軽量な中綿を使い防寒着として優れた保温性を与えてくれるほか、ボタンを外せば寝具としても使用可能。気温が急に低下して寒さを感じるようなときは、このポンチョをさっと被るだけで、暖かさを得られます。フリーサイズで体の大きさを選ばないのもいいところ。一度使ったら手放せなくなるアイテムです。

フロントポケットが収納袋になるので、無駄がなくコンパクト。ときには真夏でも寒さを感じるのがアウトドア。備えは万全にしておくと安心。防災用としてもおすすめ

 

OUTDOOR SHOP DECEMBER

OUTDOOR SHOP DECEMBER
住所:山形県山形市飯田2-2-2
TEL:023-623-9671
MAIL.outdoorshop_december@ybb.ne.jp
営業時間:13:00~18:00
定休日:毎週水・木曜

 

出典

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load